冬来たりなば・・

読書三昧に編み物三昧・・そしてまた熱いコーヒーがんまい!!

お茶うけに栗饅頭なんかあった日にゃ・・何杯でも飲めるよわたしゃ・・はっつあんクマさんの世界ですな。


さて相変わらずの時代劇ブームな中で珍しく手に取ったのがこれ、

加藤元さんの「十号室」です。


物語の概要は以下の通り・・

家族の愛憎と消えた幼児の謎を追う、著者初のミステリアスな世界!

枇杷の木が茂る鉄筋アパートには八世帯が暮らす。
二十数年前に起こった幼児失踪事件に、住人達は誰もが口を閉ざす。
苦しみを抱えひっそりとこの世を去った女は、どんな風に生きてきたのだろうか。
注目の作家が描く、ざわめく新しい世界!


51-+ZMXeX5L__SX335_BO1,204,203,200_


いやぁなかなか面白かったですよ、初めて知った名前だし作風も知らないのでね、

こういうのがたまにあると読書好きにはたまらないです。


そしてやはり時代物も外せないってことで大御所のこの方、

藤沢周平さんの「風の果て」文庫版上下巻です。

以下はアマゾンよりコピペしました。

首席家老・桑山又左衛門の許に、ある日果し状が届く。恥知る気あらば決闘に応じよ、と。かつて同じ部屋住みで、同門・片貝道場の友であり、今は厄介叔父と呼ばれる市之丞からであった。
策謀と収賄。権力に近づいて腐り果てるのがおぬしの望みか―面罵する市之丞に、又左衛門はどう応えるのか…?運命の非情な饗宴をくまなく描いた、武家小説の傑作。
新装版の文庫解説は直木賞作家・葉室麟氏。



41ydM1ZIIcL__AA160_.jpg


私の読んだ文庫本はこの上記の写真とは装丁が違い、解説者のお名前も皆川博子さんになってました。

多分この写真の方が新しいのでは・・?


なんかやはり貫録というか王道というか、すべての時代小説はここから始めるって気がして・・

今まであまり名前の知れた作家さんは読まないで来たことを反省しましたわー、


さてね・・とはいってもこれからは雪道のドライブが不可な私なので図書館通いも縁遠くなりそうです。

なんせ小さな田舎町なので除雪費用も削られてるのか、先日のどか雪が残る道を歩くのは大変なんすよー、

でも好きな読書の為に・・がんばるわ~!! 



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する