カラーでよみがえる映像

NHKスペシャル、「カラーでよみがえる東京」見ましたか?

録画しなかったのを終わった直後に後悔したけど、再放送があると聞いてほっとしたー(*^^*)


本日深夜帯ですが・・、ぜひ見てくださいね。

再放送NHK総合TV午前00:40~

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/1019/index.html


語り手が良かった・・松平定知さん、元NHKアナでしたね。

スタジオゲストが居なくて良かった・・あの窓から顔を出す類だったらどうしようかと・・^^;

当時の人たちが感じてたことが記録としてナレーションで流れたのも良かった、

作家の言葉が重く残ってます、とにかくもう一度見たいと思ったのです。


それにしても日本人は古いものをどうしてあんな簡単に捨て去ることができるのか?

外国の人にその価値を認められて初めて気が付く・・そういうのが多いなぁーとつくづく思った。

あの日本橋のみっともない姿はオリンピックの成功の陰になって誰もなんとも思わないのかな。

あの時に立ち直った人たちの思いは今に引き継がれていない気がする・・。


もうひとつ・・

これは再放送についてはわからないけど、多分また放送されるでしょうね。

http://www4.nhk.or.jp/P3301/

小椋桂さんの生前葬コンサートをたまたま見てましたが・・

どれも良い曲ばかり・・4公演で100曲を歌うんだそうです。

その中で小椋さんがぽつりと言った一言・・いや二言三言、


自分の中で弱点になってること、それは群れることができないということで、

どうしても克服できないコンプレックスになってるとの発言でした。


これね、実はわたしもそうなんです、

集団での行動とかが苦手、どうしても群れから離れて一人になることが多かった、

それが弱点だと知ったのはつい最近のことですが・・誰でもそういう点があると思ってたしね、

ずっと昔からグループアイドルとかなんとか娘とかが苦手・・いや、嫌いでしたから、

その理由に思い立ったのは本当に最近のこと・・どーでも良いことなんだけどね。('ω')


小椋さんがそれを抱えて生きてきたと思うと、彼の書いた詩の内容もまた違って見えるかも・・。

「潮騒」が大好きです。





スポンサーサイト

コメント

見ましたよ

白黒だと、過去の出来事は通り過ぎた出来事だと感じてしまい、カラー映像だと、突然、歴史が身近に感じられ、その過去は現在の日本に繋がっているんだという認識が生まれます。

ひとつ納得できなかったことがあるのです。白黒フィルムにはカラーのデータが無い。それをどうやって取り出したのか。想像力や保存された他のデータを参考にしたのか?

----カメラ撮影の折に、気を付けていること。白とび、つまり露出オーバーだと、対象の撮影データを決して取り出すことはできない。
露出がアンダーだと、画像処理ソフトでいくらでもデータを数値として救い上げて変更できるということを。くれぐれも飛ばさないように。

2014/10/23 (Thu) 11:54 | Yama #iUC/sSCs | URL | 編集
予告編では・・

建物の資料や撮った方の証言を基にしてできるだけ忠実に再現したと言ってましたが、着物の柄とかは昔は今ほど種類は多くなかったのかな?
カラーにすると火事のシーンがあんな間近で、逃げ場を失った人たとのことを想像してしまいました。

カメラのことは詳しくないです、先日の写真専門誌に何年も撮影してれば技術が身につくわけではなく、たった一言の助言で身に付くことがある・・との記述があり、まさに私がそれだな・・と思った。

2014/10/24 (Fri) 17:19 | tama #m8jBxAUk | URL | 編集
弱点

番組は、2つとも見そびれました。
気になっていたのですが。
実は私も、群れることが好きではないな〜と最近、特に強く感じていたところです。

2014/10/25 (Sat) 06:56 | yumiko #BcSfkFw6 | URL | 編集
yumikoさん、

それは残念でしたねー、また再放送があると思うし、yumikoさんならオンデマンドでも見られるのでは?
また再放送の情報をキャッチしたらメールしますわ、v-5
でも・・意外な弱点を知って少し親近感を覚えました。

2014/10/25 (Sat) 16:52 | tama #m8jBxAUk | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する