東京の空~♪

ラストステージです・・という火野さんの衝撃的な言葉でスタートした秋の旅ですが、

本当に「こころ旅」は終わってしまうのかなーと、未だに半信半疑でいます。


多分、きっとこの番組を楽しんでる視聴者の皆さんは同じ思いで見てるのではないかと・・

それでも火野さんの年齢や体力、それに俳優としての貴重な時間の浪費?を思うと、

番組のファンとしては複雑な思いに駆られるのです。


今回の東京編を見ていても感じることですが、

病気になったり連れ合いを亡くしたりして寂しい思いをしてる人たちの生きがいになっていて、

他にも・・テレビがつまらなくて何を見ていいのかわからない時にこの番組を知って夢中になってる人とか・・

そんな人たちはこの番組が終わったら抜け殻のようになってしまうのでは・・と、

要らぬ心配もしたりするこの頃です。


お手紙の内容も圧倒的に多いなぁーって思うのが病気との闘いに救いを求めるような・・

受け取った方も全部の人の望みを叶えてあげたいだろうと思うような切実な内容が多い。


特に今回は番組のブログにもコメントが多かったのがこの手紙、

癌で闘病中の母親が何度も手紙を書いてたのを見てた娘さんが、

亡くなった母親の代りに手紙を書いて・・母親の言葉や文章をそのまま書いて送ったものでした。

番組を楽しみにしてた様子があちこちにあって・・

病院から一時帰宅した時に体調が悪いにもかかわらず、番組の録画予約をしてたそうで、

亡くなってからそのことに気づいて大変驚いたのだそう・・そんな気力も無いはずなのにと。


そんなお手紙が今回の東京編では他にもあって特に目立った気がする・・

それは何方かも言ってたけど、地方から東京に出てきて頑張って働いてきた世代だからなのでは・・と、


東京といえば大きなビルとスクランブル交差点がお馴染みの映像として浮かんでくるけど、

一歩郊外に出るとそこには誰も知らない・・お手紙の主にしか気づかないこころの風景があるようです。

そんなことを気づかせてくれた今回の東京編は意外にも素敵な良い所ばかりでした・・


今年は今週の神奈川編で放送は終わり、来年はいつから始まるのかな・・

ずっと続いて欲しいと思う気持ちとそろそろ自由にしてあげたい気持ちと混じって、

なんだか今週の放送をとても特別に感じてしまうのでした。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する