あ~しんど・・

外仕事も終り、家の中で過ごすことが多くなったから・・・ってことでもないが、

第二の片付け期に入ったような毎日、ヒマさえあればあちこちに散らばった不用品の処分にかかり、

大きな粗大ごみの収集を役所にお願いし、棚の奥で埃を被ってた衣類の分別をしたりと・・

慣れないことをするもんだから、目と肩に疲労がドーーンとのしかかり、気持ちが悪くなった・・


なんて体力のない・・と、自分でも情けない気がするが、持って生まれた体質なのか、

ダラダラとしてるのが性に合ってるようだ。


ずっと聴いてなかったCDを整理して・・さて、これらの処分をどうしよう??

まるで聴かなくなったものは捨てるとして、この先もしかしたら聴くかも??っていうのも有って、

判断に迷うところです。


MDの生産も中止になったというし、世の中はMDウォークマンの時代ではないのだそう・・

手元に有るMDウォークマンが壊れたらもう在庫は無く、中古で買うか誰かのを貰うかで、

いつの間にか・・ハイスピードで時代は変わって行くようです。


そうこうしてる間にもダビングしたDVDの類は増える一方で、いつ見るのか知らないけど・・苦笑。


そんなこんなでせっかく空いたスペースもすぐに別の何かが占拠してしまい・・

片付いてるんだか??なんにも変ってないのでは??って空しくなる。


ま・・どーせ暇なんだしね、右の物を左に移動するだけでも気分は違うのかな??

無駄働きだって??むぅぅぅ。。

スポンサーサイト

コメント

何事にも体力が・・・

tamaさん、片づけしたいときに体力なし!!ですよね。
掃除にしても、お片付けにしても、手を動かさないといけないことって、本当に大変です。
腕力に自信があるときに、片づけはしないとダメ。
物を動かすには、チカラが必要。
だから、我が家は徐々に散らかっていっております。

tamaさんと同じに考えてはいけないけど、片付かないときくと嬉しい。
娘が使っていたベッドの下は、物入れになっていて実はそこは昔の斉藤和義の雑誌でいっぱいです。昔は今みたいに露出してなかったので音楽雑誌に少しでも記事が載ると買っていたので馬鹿みたいに増えていたのです。
VHSのビデオもいっぱい、カセットテープもMDも・・・どうするか、悩ましいですね~

片づけしていると、ないと思ってあきらめていたものが、思いがけず出てきたりしませんか?

2013/11/29 (Fri) 03:49 | yumiko #a.S0qIAE | URL | 編集
少しずつ?

片づけは、骨が折れますね~!
途中で手が止まったり・・。
年末に、夫の実家の片づけに行くことになりました。
義父が他界し、初夏に夫の姉が亡くなり、
そして、義母も施設に入り、実家に戻り生活はできない様で
親戚から、いざとなった時のために準備しとく様、促されています。

殆ど、不要品だと思いますが、義母不在のままで、処分するのも気が引けます。
他人からは無価値でも、どんな思い入れの品物かわかりませんよね?
将来、夫は、実家で暮らすつもりのようですが、その頃、村人何人生活していることやら・・・?
なんせ、限界集落ですから・・・。

2013/11/29 (Fri) 22:58 | inadan #L9s05DP. | URL | 編集
yumikoさん

無いと思って諦めてたものはきれいさっぱり忘れてるようで、出てきてもわかりませんって・・i-202


それにしても雑誌を丸ごと保存してある人は結構居るんですね~、

私の知ってる人も何人かのミュージシャンの記事を集めて雑誌を買って積んでくうちに床が抜けそうになったそうですから・・お気をつけてですよ~!

ビデオは早いとこDVDにお引越しさせましょう、体力のあるうちに?って、余計なお世話ですねーi-201

2013/11/30 (Sat) 12:52 | tama #m8jBxAUk | URL | 編集
inadanさん

限界集落という言葉もどこか冷たい響きがありますね、見放されたような・・

かえって身内の居ない方が処分等はしやすいのでは?

何かの本で実母の死亡後に整理に入った娘が写真ひとつ残さないで処分したというのを読んだことがありますが・・それもまた極端かしらね、

2013/11/30 (Sat) 13:00 | tama #m8jBxAUk | URL | 編集

たまさん
写真も残さない娘、きっと、親からの愛を
感じていなかったのでしょうか?

最近、孤独死の後始末を業者に任せる、映画やTV番組を
よく見ます。
子どもも、親戚や血縁者がいればいい方だとか・・?
私も、故人の後始末に度々、携わって
人が生きるって、これだけの物がいるのか?と
その都度、思います。
他人事ではないです。

限界集落・・。
子ども達に教育を!と親は頑張って、大学に行かし、
結局、子ども達は殆ど故郷に戻りません。
市町村合併やらで、予算も下りにくくなり
過疎の集落は、増々過疎化してますね~。
結婚当初3件あった、小さな食料品店も今は
無くなっています。
私は、生まれ育った○○という場所がないので、
土地に執着がないと思います。
夫は農業も出来ないので、定年後から、先祖から受け継いだ
田畑をどうするのか? 考えています。
娘2人なので、今の姓も消えますね・・。
「財産分与で田舎の土地を貰っても困る!」と娘達・・。

2013/12/03 (Tue) 20:03 | inadan #L9s05DP. | URL | 編集
人それぞれ・・

若い人には土地に対する思い入れはないでしょう、

田舎暮らしの不便さを利用して商売にする人も居るようです、

物に関する考えも変わってくるかと・・

持つこと持たない事への認識もね。

2013/12/04 (Wed) 17:13 | tama #m8jBxAUk | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する