数値目標

っていうと放射能かなにかの嫌な数値が思い浮かぶけど・・

この場合はカッチの血糖値の数値でして・・これがなかなか目的の範囲まで下がらなくて、

ずっと小幅なながらも上昇気味なのでして・・なんとも歯がゆい日々なのです。


食欲は有り過ぎるくらいあるので良いのかと思ったら、体重が増えると薬の効果も減るのだそう、

一時は3キロ台まで減った体重を元に戻そうと食べさせることに重心をおいてたのが裏目に出た感じ。

昨日の検査日に計った体重はなんと5キロ!!

ついに5キロ台まで回復したかーと喜んだのは飼い主だけだったよう・・

もっと食事制限を徹底することを求められたが、さて・・どうやったものか?


夜中の1時~3時頃にカッチに催促されて食事を与えてたのも悪かったようで、ちっとも考えなしの行為だったようだ、

カッチの催促はそれはそれはしつこくて借金の取り立て並みの執拗な催促・・

ぐっすりと眠ってしまえばそれも無視してしまえるのだが・・

なんせこの年齢の常として眠りが浅いし、ちょっとした物音で目が覚める体質なのでね、

夜中に何度も起こされるのはもう慣れたし、その分昼寝をすれば良いのだからと思ってたけど、


根本的に考えを変えないといけないようだ。


血糖値の数値が高いままなので注射でインスリンの量を増やすことになり、

朝に3目盛り、夜に2目盛りという指令がでました。

さて・これで数値が下がると良いのだけど・・と、言う前に食事を何とかせねばだなー。


そんなことも知らず今も飼い主の膝の上で眠るカッチくん、

5キロの体重が重く膝にのっかかってきて・・足が・・

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する