遺作

遺作ということは続きが読めないのですが、最後の終わり方が先を期待させるようで、

当人もそのつもりだったのが果たせずに終わってしまったのか・・

この主人公がとても好感がもてる正義感に溢れた若者なので、このまま成長したらどんな男になって登場するのかってね・・それは心惹かれる最終章でした。


追っかけ屋 愛蔵追っかけ屋 愛蔵
(2009/10/17)
海老沢 泰久

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する