その後・・

ソフィーの選択 (1) (新潮・現代世界の文学)ソフィーの選択 (1) (新潮・現代世界の文学)
(1983/10)
W・スタイロン

商品詳細を見る


図書館に行って借りてきました、もう古いので書庫に保管されてたのを出してもらいましたが、

そういえば・・何年か前にこの本を書棚で見かけたような気がして・・こういう装丁ではなかったけど・・


内容的には映画には出てこなかった部分がたくさんあって、それはなるほど映画的にはカットしても構わないようなことだったと思う、

それで気になってた子供のことですが、男の子の行方は結局はわからず終いだったような、

あの収容所でも会うことは敵わなくて・・ソフィー一人が生きのびてきたようです。

映画を観てから原作を読むか?原作を読んでから映画を観るか・・

この場合は映画を観て本を読んだ方がわかりやすいかと、それに冒頭の編集者としての感想がダラダラと続くシーンは小説としても要らないんじゃ??なんてとっても生意気なことを思ったものです。



もう一作品は先日のレビューでとても良かったと書いた金原ひとみさんのデビュー作、

蛇にピアス蛇にピアス
(2004/01/05)
金原 ひとみ

商品詳細を見る



映画にもなっていて、私は観たことないけど・・あまり評判は良くなかったようで、

監督さんが舞台で有名な蜷川幸雄さんだったからかなっていう意見もあり・・

原作を読んだ限りでは舌にピアスを実際に開けたのかってことが最初に気になって、

あと・・刺青をしたシーンとかがね、興味本位ですかね。


蛇にピアス [DVD]蛇にピアス [DVD]
(2009/01/23)
吉高由里子、高良健吾 他

商品詳細を見る



私はこういうスピード感のある書き方が好きなんですが、レビューをチラッと見た限りではあまり良いことは書いてなくて、文章が稚拙だとか取材がなってないとかの批判が鋭い!!

若い作家さんへの中傷はどことなく嫉妬じみてるようで・・気になったものです。

ただ、本屋さんで他の本をパラパラと捲ってみたら、内容が同じようなテーマみたいで、その辺が物足りないと思われる所以かなと??


芥川賞という重荷を背負ってるという風には思えないけどなー。

今後も注目して行きたいです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する