魔の金曜日?!

糖尿病というのは怖い病気ですねー、

と言っても、人間のではなくうちの猫のカッチくんなんですが・・

猫の場合は甘いものを食べてないのに糖尿病になるんだそうで、なんだか間尺に合わない気がするんですがー

しかも原因はこれといって不明なんだそうで、体質としか言いようがないって・・ふっ。。


そんなカッチくんはこれまでのところインシュリンを投与して治療に当たってるのですが、

病院で毎日注射するわけにもいかず、飼い主が自ら注射してるのですよ・・

んなわけで検査して数値を調べながらの投与ではないので、血糖値が上がってるのか下がってるのかはわからないまま毎日注射してます。


そんなこんなで先週のこと・・

猫用のベッドで寝てたカッチくんがいきなりべろっと吐いてしまい、慌てたんですが・・寝たまま吐くなんて今までにないことなのでね、

その日が金曜日だったので次の日から休みになることもあり、念のために病院に行って検査したら血糖値が下がってとっても良い状態と言われたんです・・

でも・・毎日カッチを見てる飼い主としてはどうも元気がないし、寝てばっかりで遊びもしないのが気になってね、

ま・・病院の先生が良いというんだから大丈夫かな??ってな感じで不安を抱きつつ帰ってきて・・


そうしたらこないだの金曜日にはカッチが変な行動を起こし始めて、

動物園の檻の中をぐるぐる回る熊のように同じ場所を回り始めて止まらない!

こりゃ大変!!ってな感じでまたまた病院へ行ったら、案の定?血糖値が下がり過ぎて神経がおかしくなってたらしい、

私やてっきり病気が脳みそに転移したかと思ったくらい驚いたわ!


んで・・病院での血糖値の上げ方がふるっていて・・

注射で上げると急激すぎて危ないかも??ってことで甘いものを食べさすってことに・・

それから甘いものを探してあーでもないこーでもないとすったもんだして・・

どら焼きのアンコに決定!!

アンコを指先にとって上あごにくっつけるとネコは仕方なく飲み込むんだそう・・

そうだよねー、うちでは甘いものなんか猫や犬には絶対禁止だもの・・


それを病院の獣医さんが無理やり食べさすっていう・・前代未聞の治療法でしたー


んで・・今後の事で話し合って、注射は当分ストップして様子を見てみることにして帰ってきたら、

その後はまるでウソのように元気になったカッチくんです、


ご飯の催促も鳴いてするし麦やトメとも走り回って遊ぶしねー、

これだよ!!この姿がカッチ本来の姿なんだよーと、ホッと胸を撫で下ろした飼い主でしたぁー


あと2日のお休み期間中、何事も起きませんようにと祈る飼い主と、

何事も無かったかのように寛ぐカッチくんです。(ちったぁ知ってくれい、



しかし・・爆弾を抱えてるような気分ですが、私が何をしたって言うんだろうね??
  (誰に文句を言って良いやら・・??

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する