マンガ大賞

いい年こいてまだ漫画を買って読んでます。

海街diary(うみまちダイアリー)5 群青 (flowers コミックス)海街diary(うみまちダイアリー)5 群青 (flowers コミックス)
(2012/12/10)
吉田 秋生

商品詳細を見る



先日、某所のニュースで見て驚いたのですが、今年のマンガ大賞をとったそうで・・意外な選考でした。


http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20130321/E1363846403005.html



この「海街ダイアリー」と「3月のライオン」、そして「きのう何食べた?」、「とりぱん」は新刊が出たら必ずと言って良いほど買って読んでる。


少し前までは古書店で買ってたが、最近は古書店にも置いてない事が多いので仕方なく?買ってる。


主にアマゾンでのまとめ買いが多いのは、うちからは店が遠くて不便なのと、田舎なので全ての本が入荷することのないのもその理由のひとつでしょうか・・


たまに本屋さんに行ってみると月刊誌や雑誌の入れ替わりが激しくて、見たこともないようなタイトルのコミック雑誌があったり、消えてしまった雑誌も多くて、他人事ながら出版社の行く末を心配してしまう。


やはりネット時代の影響、弊害ってここまで来てるんだなー。

でも・・いくら時代が変わっても本は紙に書いた文字で読みたいです。


「海街ダイアリー」シリーズはここでも感想を書いてるのでご存知とは思うけど、

母親ちがいの姉妹が一緒に暮らすことになって、歳の離れた妹との新しい生活で起きるいろんな出来事がユーモア混じりのタッチで描かれるのだが、


今回のは特にエピソードのどれもが感動もので、ただのお涙ちょうだいではないのが良い・・

どこかで繋がってる人と人との縁みたいなものが、あーいいなぁ~って思わされるのか、なぜか人恋しくなるのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する