露の玉垣

直木賞や山本周五郎賞など数々の賞をとってる乙川優三郎さんの作品、

タイトルに惹かれて借りてきたけど、内容は重たくて暗い話が多いような・・


露の玉垣露の玉垣
(2007/06)
乙川 優三郎

商品詳細を見る



越後の新発田藩の貧しい暮らし方や自然との闘いなどが執拗なほど凄惨に描かれていて、息の詰まる思いで先を読み急いでしまうが・・先には何も良いことはなく、ただ家族の歴史がしぶとく根気強く生きた歴史が書かれている。

特に思うのは武士とは名ばかりでまるで百姓のような生活を強いられる中での精神の在り方・・

藩としての没落を避けるための役職には名誉もなくただ金策に走り回る日々が待ってる、

小さな藩と大きな藩との駆け引きに命を落とす無念さとか・・貧しさに立ち向かう術の断たれた哀しさが満ち溢れてる。

暗いけど、こういう時代の生き方は今よりも清々しい気がする、


読んでる方としては時代が後先になり、名前も〇◎衛門というのが多くて少しこんがらがってしまうのだが、ひとつひとつのエピソードがどれも胸に残って離れない。

名前のとおり、優しい文章を書く人だなぁーと思う。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する