カッチくん、入院顛末記。

2月は逃げるっていうけど・・節分も過ぎてもう半月、朝晩はまだ寒いけど日中の日差しは強くなってきた。

屋根に積もった雪も少しずつ融けてだいぶ嵩は減ったけどねー、まだ日陰部分は凍り着いたまま・・これが解けるのはかなり遅くなりそう。

1月にの肛門腺が炎症を起こして毎週のように病院に行ってたけど、なかなか完治しなくて・・いまだに投薬と塗り薬を続けている。

すっかり病院通いも身について?麦のお尻にばかり気が向いてる間にネコのことは後回しに・・ってなこともないんだけど、気が付いたらカッチがヨレヨレになってた。

前の日までご飯も食べてたし、ちょっと元気がないかな?くらいにしか思ってなかったが、

次の日のお昼ご飯に来なくて寝てばかり・・あれ??カッチがご飯を食べない??

そういえば、この頃トメキチくんと追いかけっこもしないし、ミューにちょっかいを出すこともしない、なんか変かも??

そしてその日は金曜日、明日から3連休になるっていう前の日、

病院に行くのは今しかない!!ってなわけで病院に行ったのが午後3時、

そして血液検査をした結果、血糖値が高いとのことでもう一度詳しい検査をすることになって・・

どうやら糖尿病らしいという検査結果に驚いたのだった・・


ネコが糖尿病?!ってな感じで、聞いたこともなかったしねー、なんでうちのカッチが??ってなもんです。

ネコの糖尿は原因がハッキリしないので食事療法もできず、インシュリンやブドウ糖で数値を上げ下げするしかないんだそう、

でもやっぱり普通のネコ缶やカリカリは良くないらしく、糖尿病の管理食として低炭水化物のドライフードがあるんだそう・・

それを食べてくれたら治療は少しはしやすいので、その場で食べてみさせると、その時はパクパクと美味しそうに食べてた、

あとで考えるとその時に食べないでくれたほうがそのまま入院して治療も始められたんだが・・

そこで食べたので家に帰ってよろしい・・ということになり帰ったら、その夜も次の日の朝も食べなくて・・焦る飼い主、

何かあったら電話をしてと先生に言われてたので朝の開院時間を待って電話をして、どうしたら良いかと相談したが、

実は先生の病院は北見が本院でこちらの病院は分院なので土曜日はお休みなのだが、本院は土日も開いてるのでそういうことができたのだ・・

隣町の北見まで車で30分くらいで行けるのに飼い主は運転がダメ、恐怖の冬道経験が災いして未だに近場の運転しかできない。

そんなことを考慮してくれて先生の方からこちらの病院まで出向いてくださることになり、ホッと胸をなでおろしたものでした・・情けない飼い主です。

こちらに来て診察をしていただいて、食事もしないし体温も下がってきたので預かっていきますと言われ、これまた感謝の言葉もない私でした。

連れて帰ってからも何度も電話をもらい、その都度経過を教えてもらい、一喜一憂の一晩でしたが・・

連休が本当に恨めしかった・・

その連休があけて火曜日には晴れてのご対面・・カッチくんは少ぉーしご飯も食べてオシッコもして、文句をぶーたれてたけど元気そうでした。

うちに帰った方がご飯も食べるだろうってことで、それからは検査の為に通院してインシュリンを打ってもらい、午後にまた検査をするという繰り返しの日々・・

そのうちに数値が落ち着いたらインシュリンは自宅で打って検査にだけ通うようにするらしいけど、さて、どうなるやら??


それでね、病院から帰ったカッチくんは消毒液や薬の匂いがするらしく、ももちゃんもミューも威嚇攻撃の歓迎ぶりって・・ホント、気の毒にね。

そんななか、ひとりトメキチくんは遊び相手が帰ってきたとばかりに、さっそく首筋にタックルしてたけど・・いつものカッチではないと感じたのか、 張り合いがなさそうで・・ふっ。


これから春が来るっていうのに・・我が家の春はまだまだ遠いようです。

スポンサーサイト

コメント

日記の更新が無いから---

心配していました。雪に埋もれてしまったのかと。かっちが病気になったのですね。もの言わぬ動物が病むと本当にどうしてあげたらいいのか。お大事に。インフルエンザに気をつけて。やま

2013/02/15 (Fri) 15:47 | yama #iUC/sSCs | URL | 編集
復活?!

雪の中から戻って参りましたっ・・ご心配かけました??えへっ。。

そういえば例の切手(ハイジの)ゲットできましたよ~~!勿体なくて使えないですね・・。

お見舞いありがとう。

2013/02/17 (Sun) 14:36 | tama #m8jBxAUk | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する