クレマチス・モンタナ

Yamaさん、コメントをいただいたのでついでにこれも見てください。

どうやって写真を送ろうかと思案してたところです、言い訳じゃないけど、最近は写真用のプリント用紙が売ってないのですよーWhy??

多分・・こういうネット上のアルバムとかテレビのHDに保存する人が多いのかと(想像の域を出ませんが)。


それはさておき・・うちのクレマチス・モンタナさんを紹介しますね、元気でしょ??

IMG_2800.jpg

IMG_2798.jpg


元気すぎて・・となりの藤棚のツルと絡み合ってケンカするので切ってるのですが、これが何度切っても新しい脇芽が出てまた伸びてくるのでキリがない!!

こういった場合は放って置いた方が良いのかしらん??

と、思いつつ通行の邪魔になるので切ります・・切るの好きなんです。


この冬は支柱から外して地べたに寝かせて越冬させる予定にしてますが、それで来年は咲くと思うのですよ・・甘い??

思うに・・これまでは冬の間も支柱に絡ませたまま野ざらしでしたから、寒さで地上部分が枯れたのだと、

地下部分は雪が積もるので凍らないのですよ、それは今までの経験で知ってましたが・・

クレマチスは今までも何度も作ってはダメにしてるわたしですから・・結構難しいんですよね?


そうでもないって言われるかしら??

スポンサーサイト

コメント

うぅむ

>冬の間も支柱に絡ませたまま野ざらしでしたから、寒さで地上部分が枯れたのだと、地下部分は雪が積もるので凍らないのですよ

これかもしれません。
まったく花が付きませんか?
クレマチス・モンタナは旧枝咲き。去年伸びた蔓に今年花が咲く。今年伸びた蔓に来年花が咲く。
それが、冬の間に本体が凍死してしまう --- 新たに根から新枝が出てくるということはいつまで経っても旧枝に出世できない---。これでは悪循環。
北海道ではバラの根を掘りあげて保存し、春になってから地面に植え込む、と聞いたことがありますが、本当にクレマチスの体も凍るのですね。
うむ。
こういう事態を想定していなかった。--- ただいま調査中。

調査終わり。
あまりに冷え込みが厳しいと、ほとんど木質化した古い蔓が凍って枯れることがあるようです。
たまさんのところは本当に寒いところなのですね。雪のほうが寒風よりもましなのでしょうが。
根は雪の下で大丈夫。となると本体と枝全体を地面に下ろし、上に何か寄せるか囲うかしないと、この冬また寒さで枯れたり裂けたりするでしょう。
こまった。こまった。

2012/09/15 (Sat) 14:54 | yama #iUC/sSCs | URL | 編集
調査ご苦労!?

当地は本当に寒いんですよー、そしてこの頃の暖冬化現象で降雪量も少ないので地面が凍ってしまうのです。

厳寒地では雪が大地の布団代わりになって温めてくれるのです。

なので雪が降った朝には畑のあちこちから雪をかき集めて大事な木の根元に集めております。

それでも大事なのは全て同じだと思うと依怙贔屓もできなくて困ってしまうのですが・・。

雪が少なくて心配な場合は菰で囲ったり、藁を被せたりと雪国ならではの苦労も多いですが、今年ももうそんな季節が巡ってきました。

寒さに弱いドウダンツツジやアジサイも根を掘り起こして枝ごと土に埋め込むという保存法もあるそうですが、私はやってませんね・・面倒だしぃー

ま・・なんとかなるっしょ!?

2012/09/16 (Sun) 09:58 | tama #m8jBxAUk | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する