物語の中へ

夜明けの舟夜明けの舟
(2006/10)
山本 音也

商品詳細を見る


「人は化けもん われも化けもん」で第9回松本清張賞を取った作家の書き下ろし作品です。

56歳、銀行員としての地位を確立しながら二人の女に惑わされる男の心模様が怪しく描かれます。

ちょっとした官能小説ですね・・圧倒されました。

実在の歌人なのでしょうか・・中城ふみ子歌集というのが出てきます。

この歌人の生涯も激しくて哀しい、短いけど凝縮された一生だったような・・

それを物語に取り込んでドラマチックに盛り上げていく様子が勢いがあって引きこまれました。


56歳にもなって・・と、女の私は眉を顰めながら、でもちょっと羨ましい気もするのです。

上記の松本清張賞をとった作品というのも読んでみたい・・歴史ミステリーらしいです。







花晒し―北重人遺稿集花晒し―北重人遺稿集
(2012/04)
北 重人

商品詳細を見る



遺稿集というタイトルに気が付いて後書きを読むと、1999年に新人賞を受賞したと有るので、このころのデビューかと・・

そして2009年に逝去・・・わずか10年余りの作家人生だったのか。

他の小説は読んでないので知らないけど、本作は時代小説集です、

女だてらに元締めという仕事を受け継いだ右京という女の周りに集まる男衆が、みんな粋で正直で正義感が強くて

良い味を出してます。

この右京さんを中心にしていろんな事件が起こり、それぞれの解決策があって・・

中でもタイトルにもなってる「花晒し」では、お上に訴えても咎めなしとなるだろう、旗本のバカ息子の女遊びに

懲らしめの罰をと考えたのがその花晒しの刑だった。

今の時代でもあるけどね、こんな軽い罪で済ませたら被害者は泣くに泣けないだろうなーってことが、

特に性犯罪とか酒酔い運転の常習犯にはこういう刑が効くのではないかと・・常日頃うっぷんの溜まってる私は思うわけです。

市井に生きる名もなき人の声を掬い取ってくれる、そんな味方が一人でもいるとどんなにか良いでしょう。

時代劇を読むと現代の今の社会は何かを失ってきたなーと実感させられます。

それほど今は酷い時代です。


スポンサーサイト

コメント

中城ふみ子さんの歌集

中城ふみ子さんの歌集を持っています。帯広生まれ、早世した歌人。お貸ししますよ。

・冬の海よせくる皺よいま少し生きておのれの無残をみむか。

秋蒔きの種がまだ引き出しに眠ったまま。残暑の続く本州です。やま

どこへコメントを送ったら届くのか、いちおう両方に送りますね。

2012/09/14 (Fri) 09:19 | yama #- | URL | 編集
No title

もちろん 早逝 でした。
最近こういうことが多くて --- たまさんはこんなことありませんか?

ブルーベリーを狙ってやってくるヒヨドリを、「こらっ」と脅している毎日。

2012/09/14 (Fri) 12:44 | yama #- | URL | 編集
おまけに また間違えた

冬の皺よせゐる海よ今少し生きて己の無残を見むか

でした。あぁあ。

死後のわれは身かろくどこへも現れむたとへばきみの肩にも乗りて
失ひしわれの乳房に似し丘あり冬は枯れたる花が飾らむ
遺産なき母が唯一のものとして残しゆく「死」を子らは受け取れ

などといった歌があります。

午後雨、後晴れ、そして夜また雨、忙しい天気の一日です。

2012/09/14 (Fri) 15:20 | yama #- | URL | 編集
ご丁寧に・・

訂正、ありがとう。

でも、気が付かないでその意味で読んでましたけどね・・本にも書いてあったしね。

日記を書いていて誤字に気が付くことはよくありますよー、訂正したつもりが最初の誤字でアップされてたりもするしねー、

でも、人名は間違えないように確認してから掲載してるつもりです。

中城さんの短歌は作中でも何篇か紹介されてましたが、主人公の男は短歌に疎くて意味を取り違えてることが何度かあってねー、私も同じように読み違えてました・・。

それでもその相手の女性はそちらの意味の方が嬉しいと言って男を喜ばすんですよー・・。

  灯を消してしのびやかに隣に來るものを快樂の如くに今はならしつ

隣にくるもの・・それは死の懼れなんですけど、男には別の意味かと思えたって・・

わたしはこれが好きでしたよ。

  ヘアピンを傷跡のごと散らばせてわれは薄暮のタイルに冷えゐつ

Yamaさんが最初に挙げた歌は主人公が最初に目に留めた歌でした。

この本のサブタイトルみたいな歌ですね。

2012/09/14 (Fri) 19:14 | tama #m8jBxAUk | URL | 編集
追伸

言い忘れましたが、中城さんの歌集は明日、図書館に行くので借りてくる予定です。

大事な本をいい加減なトラック便に乗せるのは気が進まないですしね。

お気遣い感謝いたします。

2012/09/14 (Fri) 19:58 | tama #m8jBxAUk | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する