終わりがあって始まるもの

このところ4月からの番組改編により終了する番組がたくさんあって、こんなに長年親しんできたものがあっさり消えてしまって良いものかしらん??

中でもクラシックファンの間で不満が出てるらしい「N響アワー」の終了はもったいないと・・クラシックファンではなくても思う。

そして先日は「週刊ブックレビュー」も最終回とのことで今までの総集編をやってましたが、これまた楽しみにしてた番組の終わりに大ショックでした。

まあ、でも・・児玉さんの死去によってこの番組の魅力も半減したと言っても過言ではないと思うので、最近の司会陣には馴染めないものもあったしね。


あと、意外に面白かったのに・・「カシャッと一句・フォト五七五」も終わったのねー、いつか自分も投稿したいと思ってたのに遂に果たせず・・ヒョエ~~


長い間生きてるといろんな番組に出会って、いつの間にか終わってしまうけど、残念に思うのはその直後くらいなのかな~?

いつの間にかそんな番組があったのも忘れて次に始まる番組を楽しみに待つようになるのかな?


でも、最近は若い人向けのお笑い系が出る番組ばかりで・・これにはいつまでたっても慣れないわたし、もう置いてかれ感が有り過ぎです。


四月から再スタートする「にっぽん縦断こころ旅」がなかったら私はどうするのかしらね・・はぁ~ため息。。

他に見るものがないからこの番組にすがるのか・・中高年には圧倒的な支持のこの番組の魅力って何なんだろう??

今日から始まる九州の旅、未公開シーン再編集シリーズを見て考えようかな。
スポンサーサイト

コメント

No title

私は、「たけしのアートビート」が好きだったんだけど、終わってしまったわ。気取らない、たけしの言葉で芸術作品を鑑賞し作家にアプローチする雰囲気がとても良かった。

たけしは昔あまり好きではなかったんだけど、最近はポイントとってます。

こころ旅も終盤は特に盛り上がったな~~。お手紙も、風景も良かった。

むずかしい言葉を一切使わず、小さな自然の美しさを決して見逃さない感覚。苦手なものやつらい坂に立ち向かい、でも時々逃げる弱さ。大人になっても、こんなに自然にふるまえたらいいのに。と感じています。

2012/03/28 (Wed) 11:10 | aloha #X2yyLhdo | URL | 編集
No title

たけしの毒舌は昔から好きでしたが・・ソロになってからはどこか遠い存在に見えて・・きっと映画で国際的に評価されてから変わったように見えたのかも??

毒舌も今は影をひそめたような・・そういう時代になったのかな?

火野さんもたけしもやんちゃなとこは似てますね?基本的な筋が一本通ってるのが男の魅力かしらね。

ところで・・Mixiにメッセージを書きましたので、ご覧になられると良いのですが。

2012/03/28 (Wed) 13:48 | tama #m8jBxAUk | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する