ちょうどいい

  
  流れ星 新幹線 ダルビッシュのストレート オヤジの寿命

  首相の任期 落ちてく夕陽 夜明けのポルシェ 世の中の流れ

  みんな早いね 急いでるね  どうしてなの? お先にどうぞ・・

  俺はこれが良いさ  このまんまがちょうどいい

  風にあおられたり  風に押されたり




「日本縦断こころ旅」のサウンドトラックに収められたこの曲は、旅人、火野正平さんの作詞によるもの、作曲は番組のBGM担当、平井真美子さんによるもの。


自転車に乗りながら時々口ずさむシーンがあり、へえ~、歌うんだ・・と思ってたら、

なんとアルバムも出してるんだとか・・へえ~~と再び思った次第です。

アマゾンで検索したら2枚のアルバムが出てたけど、一枚はカバーアルバムで、女性歌手の曲をカバーしたものです。

「雨」「ごめんね」「メロディー」「ランナー」など収録・・

アマゾンには在庫はないようですが・・視聴はできるようです。


森高の「雨」という歌は番組の中で雨が降るとよく口ずさんでます。

自分の持ち歌も時々披露してるようですが、私はよく知らないので、熱心なファンのカキコを見て知ることが多いです。


そういえば・・この番組を熱心に観るきっかけとなったのは、彼の歌を聴いたからなのかも・・。

それは確か新潟の海岸で暗い日本海を見ながら火野さんが突然のように・・

  
  海は荒海 向こうは佐渡よ 

  スズメ鳴け鳴け もう日は暮れた




と、歌いだした時のなんとも言えない感動が今も忘れられないのです。


この番組では旅の目的地に着いてから、投稿者からのお手紙を読むのが最後の見せ場となっていて・・

その手紙の内容と相まって、日本海の景色を見ながらの「砂山」は本当に感動的でした。

その後も歌う場面は何度かあったけど・・やはりこの「砂山」が一番印象的で・・

段々と歌うのを期待して見てることもあるかなー。


この番組が受けた一番の理由は意外性の連続だったことじゃないかな、

いろんな意外性が挙げられてるけどね・・どうして彼を起用したのかから始まって、すごく物知りだったり・・地図の見方が上手だったり・・ホント、いろいろです。

どうしてあんなサルみたいな男がモテるのか・・この番組を見て分かったという意見も多いです(苦笑)


最初の旅は長崎でしたが放送が深夜だったこともあり、見てなくて・・あとで再放送があって見れたけどね、

それくらい興味の程は低かったんだけどなー、なんでだか・・いつの間にか見るのが楽しみに。

普通のよくある旅番組とは違う点も好感が持てるのかな・・


図々しく他人の家にお邪魔したり、バックのナレーションがうるさかったり、感動させるようなシーンがわざとらしかったり・・と、そんな旅番組に辟易してました。


これだけ評価が大きいと今後の放送にも厳しい目が向けられそうですが、春の旅は被災地にも行きます。

そう・・あれからもう一年になるのです。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する