札幌は大荒れ!!

いよいよ道内へやってきた斉藤和義さまツアーご一行!!

と張り切った私は来道する日を一日間違えてしまった・・恥。

どっちにしても天気はあまり良くないみたいだけど・・

「天気予報なんて誰が見るのかしら~~♪」って方ですから、悪かろうが気にしない??

案の定、ツイッターでも呑気に鍋なんぞ囲んで温まってたようで、昨夜の地震にも気が付かないほどだったそう。


私はたまたまテレビで「こころ旅」を見てたら緊急地震速報が出たのでビックリしたけど、寝転がってたのでさほど揺れは感じず・・

洗濯物が揺れてたので結構大きい??とか思ったらこちらの震度は1でした。

この「こころ旅」を見てるとけっこう緊急地震速報が出るんですが・・そういう時間帯なのか??


しかし・・最近また大きな地震があちこち地域はバラバラで起こってるので油断は禁物ですよね、

いよいよ日本列島も沈むのか・・と、思ってたら、

そういえば昨夜の「クローズアップ現代」では小松左京さんのことをやっていたのは偶然??

責任逃れで右往左往・・って歌詞にもあったけど、地震学者の責任逃れにがっかりしてたという小松さん、

もう自分のことを誰にも理解してもらおうとは思わないほど絶望して、孤立無援の状態に自らなっていったんだそう。

テクノロジーが進化して想像力は退化・・ですね、まったく。

小松さんは想像力を働かせなさいと常日頃から言ってたようで、小説を書くのにもあらゆることを計算して未来を描いていたみたいですね、

少ししか見てないので詳しいことは書けないけど・・

私はSFというのは荒唐無稽な夢物語みたいに思ってたので、作家がそこまで考えていたことには思いも寄らなかったことで・・そういう上から目線というのも世の中にはあったんじゃないかな??

と・・小松左京という作家さんの偉大さに気が付いた昨夜の番組でした。

これは政治家さんにも是非見て戴きたい・・切に願う。



さて・・話が逸れましたが、

今朝のめざましTVで「ナニワサリバンショー」の映画試写会なのかな?

間寛平さんと息子さんが「雨上がりの夜空に」をデュエットしてる映像が出てましたが・・コメントは談志さんのことでしたがね。

こういう場でそういうコメントを求めるマスコミって私には理解できない。

しかもテレビ映像に出すことはこの映画配給会社に対して失礼じゃないの??

もっと映画関係者はマスコミに文句を言うべきだと思うがな。。

そんな?ナニサリ関係の記事がありましたのでご紹介・・

とは行っても、例によって誰かさんからのおこぼれ頂戴ですが・・はい。


http://news.livedoor.com/article/detail/6052175/


http://news.mynavi.jp/articles/2011/11/23/saito/001.html



それとこれはツイッターに書かれてたアドレスなんですが、斉藤和義のことを網羅したサイトがあるんですね、

http://ekdb.xrea.jp/ks/index.php


昨夜ちろっと見てたんですが長くて終わりそうもないので途中でやめたけど、どこまで調べてるんだか・・

ま・・個人的なプレイもあったりして、それも楽しめる方なら面白いかもですが、コアーなファンには浅く広くって感じでしょうか・・。

あとは和義さんとの交流のある広告デザイナーさん・・で良いのかな、一倉宏さんのブログから・・

http://1-kura.com/blog/blog_ichikura/2011/%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%81%95%e3%82%93-%e3%81%a8-%e8%a9%a9%e4%ba%ba%e3%81%ae%e5%bd%b9%e5%89%b2/



私のお気に入りにも一倉さんのブログアドレスはあるんだけど・・最近は見てないな・・

この日記の読者さんに教えて戴いたのでしたー、毎度お世話になります。


そんな風にして得る情報が多いですな・・自分では探せないのは何故??


あんど、これもまたツイッターをダラダラ読んでてみつけたもの・・

奥田民生さんの厳島神社でのライブが年末にNHKプレミアムで放送されるそうです。

この時に「歌うたいのバラッド」をカバーしたんですよね・・御大が。

民生さんが?歌うたいを!?イメージが・・沸かないっすよね。


http://twitter.com/#!/OT_staff


最近はこういう交友関係から斉藤和義の露出が増えてる気もするが、こういうのは得てして2時間中の何分何秒しか姿が映らないので見る方としても編集に困るんですー、

挙句の果てが肝心の斉藤本人の映像をカットしてしまうんですー、

最近は若手のアイドルの中に混じることが多い斉藤さん、おかげで私は貴重な映像を何回もカットしちゃったよー、

大体ね・・カットする時間の方が長いんだもの、そんなかにちょこっとだけ挟まる斉藤和義を切り取るのは大変なんすから・・

あ・・また愚痴っちゃった・・。

30日の日テレのもどうしようかって今から悩んでる・・ヒマな人よの。。



そんな暇な人にはライブのネタバレレポなんかももってこいの暇つぶし??

あ・・いや、これはライブに行かない私の唯一の楽しみなんですから・・お付き合いしなくても良いですよー。

くれぐれもネタバレ注意!!

自分であとで楽しもうと思ってコピペしてきたけど・・こっそり見たい方はどうぞ!

ツアーも日を重ねるごとに変化していくので、セトリにしてもメンバーの熟練度にしても興味深いものがあるので。

この方は運のいいかたらしく「やさしくなりたい」のPV撮影のFC応募に外れたにも関わらず、誘ってくれた人のお蔭で参加することができたそうで・・

こういう縁の下の応援団みたいな活動がそういう運を運んでくるのかな~って思ったりして・・

その時のレポも一緒に掲載しておきます。

以下は某サイトからの転載です。

*******************************************

初日のネタばれレポです。
まだ楽しみに取っておきたい方は読まないでね!!!
ちなみに公式のツアーサイト→http://www.kazuyoshi-saito.com/tour2011-2012/

ツアーグッズ販売にあわせて早めにさいたま市文化センターへ。
今回はTシャツ、バンダナ、ツアーパンフレットを買って
近くのロイヤルホストへ移動。到着するなり暑くて汗だくの私は早速ツアーTシャツに着替えた!
どんどん集まってきた斉藤ファン同士でお茶して最初の曲はなんだろ~~などと盛り上がる。
さて、そろそろ会場に移動しましょうとロイホを出たら、
PVのジョージ・ハリスン役でお馴染みの2丁拳銃の小堀君にばったり!!
「PV撮影たのしかったですぅう!!」とか言いながら、しっかり、ちゃっかり握手!!ww

会場に到着すると入場するのに長蛇の列!!!!
やっとこさ、席に着くと12列目ちょい右側なかなかいい眺め。

ステージには今回のツアーのイメージキャラクターが描かれた黒い幕がかかっていた。
何か仕掛けがあるみたい!!
そう言えば、ツアートラックが3台もあった!!
期待がふくらむ~~! わくわく!!

会場にアナウンスが流れた。
もうすぐ、開演ですみたいなことが何度か続いた後

「それでは開演です。一曲目は・・・『Would you join me?』」

幕が開いた!巨大なスピーカーが左右にド~~~ン!!
真ん中に「45STONES」のロゴ看板!あれ?もっとなんかすごいのを期待していたんだけど
思ったほどじゃなかったなぁぁ・・って思ったのが後に驚くことに・・ww
そして、気になったのはドラムが二つ!!おおっ!トムくんのLUDWINGのグリーンのドラムに
せっちゃんの同じくLUDWINGのアストロブルーのドラムですよ!ってことは!!??

セトリ&感想(使用楽器)

01.Would you join me? (Gibson Lespaul GoldtTopPrototype/KaziyoshiSaitoMODEL)
 イヤ~~!とっても、いい感じのスタートでした。これが来たか!!って!
めっちゃテンションあがってノリノリ楽しかった!!

02.桜ラプソディ (Gibson Lespaul GoldtTopPrototype/KaziyoshiSaitoMODEL)
 実は今回のアルバムでめっちゃお気に入りの曲です。
セッションでもエントリーしている曲なので、せっちゃんの手元をガン見しました。
ほんと、イントロとかカッチョいいのよねぇぇ。。。

03.ささくれ (Gibson Lespaul GoldtTopPrototype/KaziyoshiSaitoMODEL)
04.劇的な瞬間
 キターーーー!予想通り『35STONES』からこの2曲!

MC 
「イェ~イ!ツアー初日なんでドキドキです。
あらを探してつぶやいたりとか、やめてくださいねん。」

05.ずっと好きだった (GibsonES-330 BigsbyEbonyPrototype)
06.グッドタイミング (三日月タンブリンとスティックタンブリン)

もう、「ずっと好きだった」といったら震災後話題のあの曲「ずっとウソだった」に続くんだろうと思って
レポノートに書いて顔を上げたら、なんとタンブリンを二つ持った、せっちゃん!え??何々??違うの??
始まったのはこれまた『35STONES』から‘グッドタイミング’という明るい曲!!
思わず、隣のAちゃんと顔を見合わせてニッコリ!!!
嬉しい裏切りに心が弾む!いいよ!!いいよ!!なんだか、嬉しいよ!

MC
「なんだか、いっぱいTVに出てます。あのまま、干されるかと思ってましたが
逆に良くなってるみたいな・・(大爆笑)ほんと、お騒がせしましたん。」

そうだよ!そうだよ!もう大変だったんだよ!
せっちゃんが干されようとなんだろうと、あたしゃ、せっちゃんの音楽が大好きだ!
どうなろうと、ついて行く!!なんて泣いてたんだよ。
どんどん、ウソだらけの真実が明らかになってきて
あの時の、せっちゃんの歌が注目されて、あれだけパッタリとTVに出なくなったと思ったら
今度は引っ張りだこ!!あの歌だってTVで流れることはないだろうと思っていたら
普通に流れちゃったりで、、、ちょっと複雑な気持ちでした。
でもね、なんだか、ちょっと心が疲れちゃって「ウソだった」を拳あげて歌いたい気分じゃなかった。
今回の選曲はとっても嬉しかったよ。ありがとう。


07.ウサギとカメ (Gibson J-45 三木楽器モデル)
アルバム一曲目の曲。PVも大好き。
一曲目がこの曲だと思っていた人、多かったんじゃないかな~~♪

キーボードに移動してメンバー紹介
お揃いのワークシャツの胸元にはメンバーの担当楽器と名前入りだと紹介して
「ベース隅倉・・ダンス藤井・・」で爆笑!その意味はライブ後半で納得(笑)

08.映画監督 (Roland V-Piano)
09.わすれもの (Roland V-Piano)
10.雨宿り (Roland V-Piano)
 
‘わすれもの’のピアノイントロがいつもと違うアレンジで、すんごく素敵だった。
この曲、本当にライブで聴くとカッコいい!!って毎回思う!!

11.虹が消えるまで (Gibson J-35弾き語り)
12.歌うたいのバラッド (Gibson Lespaul GoldtTopPrototype/KaziyoshiSaitoMODEL)
13.おとな (Guild Dreadnought 12strings)

「歌うたい」はレスポールの弾き語りで始まったから
え??アコギじゃないの??って意外だったけど、これがなんだかとってもいい音で!
なんて思っていたら次々にバンドメンバーが現れて、二番からバンド演奏になったの。
そう言う事か~~!!くぅぅ!やってくれるねぇぇ!って感じでした。
そして、「おとな」ではタケちゃんと藤井さんのダブルスライドギターとせっちゃんの12弦ギターで
すごい綺麗な演奏でした。

MC
「家政婦のミタって観てます?‘承知いたしました・・・’(ものまねに爆笑)
最後のどんでん返しで曲がかかるから不吉な歌みたいになっちゃってね。。(笑)」
今回、曲を依頼してきた人というのがデビュー前から知ってた人で
ライブの時にドラムを運んだりしていた(ドラムをやっていた人って言っていたのかも・・)子で
何でその子が??って思ったら今じゃ松島菜々子や井上真央を抱える事務所のやり手社長になっちゃってて!!
ビックリしました!!
14.やさしくなりたい (Gibson J-45 2号)
エンドロがTVやCDとは違うアレンジでカッチョいかった!!
この後、ドラムに移動!!! うれしそうに「これがやりたかったんだぁ!!」

キターーーー!!やっぱり、きたこれ!ツインドラム!!

15.虹 (LUDWINGアストロブルードラム)
16.罪な奴 (LUDWINGアストロブルードラム)

「イェイ!!たのしぃ!!」って叫ぶせっちゃん!トムくんとのツインドラムがめちゃくちゃカッチョ良かった!!

17.猿の惑星 (Gibson J-45 2号)
18.オオカミ中年 (Gibson Lespaul GoldtTopPrototype/KaziyoshiSaitoMODEL)

‘オオカミ中年’のリフがカッコ良くってライブで聴いてみたいな~って思っていたんだけど
思っていたより盛り上がらなかった気がしたのは気のせい??
さいたま、大人しかったです。この曲はライブハウスでやったほうが盛り上がるかな~
ホールでは‘負け犬の詩’の方がよかったかも。。。

19.Stick to fun,Tonight!(マラカス&Gibson Lespaul GoldtTopPrototype/KaziyoshiSaitoMODEL)

‘ダンサー藤井’の意味が解ったのはここ!!!(笑)
なんとポッキーダンスのところでタケちゃん、せっちゃん、藤井さんの三人でKARAのお尻ふりふりダンスやったのよ!!!
いつもの決めポーズもバッチリだったけど、とにかく大ウケでした!!

20.COME ON !(Gibson Lespaul GoldtTopPrototype/KaziyoshiSaitoMODEL)

ここでビックリ!!まるでマジックショーの様に突然巨大スピーカーの上に
巨大な水着姿のバニーガール出現???って思ったら
現れたのはキャットガールだった!!さすが~~せっちゃん!
超セクシーなポーズの白と茶のキャットガールにみんな大盛り上がり!
これでトラック3台に納得!!ww

21.歩いて帰ろう (Rickenbacker 340 MapleGlo)
22.ボクと彼女とロックンロール (Rickenbacker 340 MapleGlo)

‘ボクと彼女とロックンロール ’で藤井さんがハープ演奏とタケちゃんのギターで
すごい盛り上がりましたよ!!せっちゃんのギターも新参者のRickenbackerでした。多分、Rickenbacker 340 MapleGloだと思います。しかも、66年製かな~なんて。アーム付だった。(目がいいんですよ~)


-Encole-
01.Are You Ready? (Dan Armstrong)
02.空に星が綺麗 (Gibson J-45 三木楽器モデル)


「ドレミの詩は歌ってて実に気持ちいいんですよ。
是非、一緒に歌って絶叫してください。ちょっとギターコードの確認させてね。」
といって一人で練習を始める・・(笑)

03.ドレミの歌 (Gibson J-45 三木楽器モデル)

大合唱の後、「イェ~~~~イ!!こう言う楽しい歌を作りたいっすねぇ。。怒ってばっかりじゃね。。ww」(拍手)

04.ギター (Gibson J-45 三木楽器モデル)

最後はみんなで「イェ~~イ♪イェ~イ♪イェイェ~♪イェ~~イ♪イェ~イ♪イェイェ~♪」って大合唱♪
タケちゃんのウクレレに合わせてメンバー紹介。
再び「イェ~~イ♪イェ~イ♪イェイェ~♪イェ~~イ♪イェ~イ♪イェイェ~♪」
いつの間にか、みんなが手を左右に振り出した。
それを見たせっちゃんがメンバーに‘もう少し延長!!’みたいな合図して
大合唱が続いて、なんだか幸せな感動的な雰囲気で終わったのでした。。。

私のすぐ後にちっちゃな女のを二人連れた家族がいたけど
とっても教育がよくって、ちゃんと静かな曲の時には静かに聴いててくれたり
一緒に楽しんだり、MCにも反応したり、相当普段から聴いてるんだろうな~~って感じでした。
思わず、「おりこうさんだねぇぇ~~」って褒めちゃおうかと思ったほどww

イヤ~~もう、ほんっとに!!やっぱ、いいです。斉藤和義
いいライブでした!!
そして、翌日になってツアーパンフを読んだら、リリーさんとの対談に爆笑!!
30年後のせっちゃんの写真とか、フリマでギターやレコード売ってるせっちゃんとか
すごく細かいところまで凝ってます。
特に30年後のせっちゃんのメイク。気が付いた人いるかな~~
手にシミまであるんだよ~~!!
あと、超ウケたのが『雨宿り』のレコードジャケット!!演歌歌手みたいです(笑)
広告のウイスキーのラベルも凝ってるし、探したらもっとあるかも!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「やさしくなりたい」PV撮影現場レポ


せっちゃんこと斉藤和義さん新曲のPV撮影に参加しませんか?に応募したものの
見事にはずれてショボーンな私は北海道の斉藤和義コピバンcoldtubeさんのUSTライブを楽しんでた。
そこに、よかったら同伴しませんか?なメールが届く。
ひょえぇぇぇぇ~~~私でええのん!!??と遠慮なく飛びつくww
翌朝早い集合時間だったため、そこからはダッシュでお風呂に入って就寝&爆睡(緊張しないんかい??)
寝坊することなく予定よりちょっと早く待ち合わせ場所に到着。。
ま、、ここからちょっとトラブルあったけど、その辺はカットして・・(笑)
無事、生田スタジオまでの小さな送迎バスに乗って会議室に連れて行かれた。
たぶん、25人位でしょうか。もう一部屋に同じくらいの人数したから全部で50~60人位だったかな??
『COME ON!』のPVのエキストラの時は200人以上いたような気がするから、本当に狭き門だった模様。

さてさて、いよいよスタジオに案内される。
目に飛び込んできたのはThe Beatlesのステージセット!!
でも、よく見るとThe Beatlesって文字がThe Beachiksってなってる。
「び・・・ビーチクズ・・って・・笑」
せっちゃんが考えそうなバンド名。。(笑)
これってまたビートルズのパロディ??なんのステージだったっけ??
みたことあるな・・Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Bandのイエロー・サブマリンとか??
だったら、あのメルヘンな衣装で登場??え゛~~??と勝手に妄想する私。


どうやら、日本武道館ライブを再現したものを撮るらしい。
観客席らしきセットに私たちは案内された。
エキストラみんな気合入れてオサレな感じ!
あたしゃ、COME ON!の撮影の時の暑かった記憶があったのでベリテンのTシャツにGパンだった(笑)
端の方の3列目くらいになった私。そこへ、スタッフの人が言った。

え~~~黒い服の方は最前列に移動してください。

なんですと!!??ベリテンTシャツ黒だし!(笑)
思いがけず、撮影に参加して、思いがけず最前列。
本当のライブだったらバンザイして大喜びなんだけど、これってきっと映っちゃうよね??
ま、、多分ぼんやりと写るだけだろうけど。。。
隣同士になったMさんとあっという間に意気投合。
撮影待ちの間中、妄想話で笑いが止まらない!!!いや、も~~~楽しかった!!

そこへ、The Beachiks登場!!
全員赤いシャツに黒のスーツ、マッシュルームカット!!
一瞬、観客役の私たちは、その姿に固まった。。(笑)
そして、一斉にドッと笑った!!wwww
ジョン・レノン役にせっちゃん、ポール・マッカートニー役にリリー・フランキー、ジョージ・ハリスン役に2丁拳銃の小堀裕之、リンゴ・スター役に濱田岳ちゃん。
エキストラ大爆笑!!!いや~~前髪がっつりそろった面々
ビートルズというより、みんなで「シェ~~~ッ」ってやってもらいたい感じ(古っ)

Mちゃん、「私、せっちゃんがこんな髪型だったら、絶対好きになってなかったと思う。。」
とつぶやきながら笑った!!この台詞が最後には変わってしまうことになる。。

出川哲朗似の助監督らしき人が私たちに指示を出す。
The Beachiks!!っと司会が言ったら黄色い歓声を上げてくださいと。
私たちはキャーキャー頑張った!!ま、せっちゃん目の前にいたら自然と出るんだけどね。
でも、なんと叫べばいいの??せっちゃんでいいの??不安な声援が飛んだ。
「あ、、ジョーンとかポール」でお願いします。って指示が出た。はいはい。。ですよね??(笑)
このPVの最初に登場する司会役の方は、あの岡田眞澄さんのご子息の岡田 眞善さん。
実際にビートルズ武道館ライブで司会を勤めたのは岡田眞澄さんのお兄様であるE・H・エリックさんなんですねぇぇ~~
いや~~こだわりますねぇぇ~~このPV!
それにしても、撮影現場が寒かった!!持っていたパーカーがグレーだったので撮影中は着られなくって風邪ひくんじゃないかと心配したほど。
でも、楽しすぎて意外と平気でした。
せっちゃんの新曲も何度もかかって、すっかり覚えてしまった。えぇ曲やん!♪
ステージ前にはでっかい歌詞のカンペが二つ。どーーん!
ジョージ役の小堀くんのギターソロから始まる曲。撮影前に何度も練習していましたよ。
なのに、スタッフが用意したカウントが「何じゃこりゃ??」って感じのもので
何度やっても合わない。カウントを作り直している間に、せっちゃんが
「ちょっと俺のiPad持ってきてくれる?」
ってスタッフさんに言うと、せっちゃんのiPadが到着。
The Beachiksのメンバーが撮影セットの裏に集まって何かを観てる。。
どうやら、ビートルズ武道館ライブの動画を観ている模様。
そして、撮影再開。
ポール役のリリーさんが歌いながら何度もマイクを直す。
あれ?さっきもやってたのになんで直さないのよ!スタッフーーー!
って思ったら、実際の武道館ライブでもグラグラ動くマイクをポールは直しているのよねぇぇ。
ほぉぉ~~そう言う事だったのか!
ジョージは演奏中に観客席に両手を振るシーンも忠実に再現されてます。
ちょっと思ったのはジョン役の、せっちゃんのギターの位置。
もう少し上だと良かったよねぇぇ。
是非、二つを見比べてみてね。
撮影が切り替わる度に私たちの目の前を通っていくThe Beachiks
さりげなく、せっちゃんは声をかけてくれたりして、とにかく、いい人だ゛ぁぁ~~~♪って思った。

撮影はお昼にさしかかり休憩タイム。朝早かったのでお腹がグーグー
私たちは控え室に戻って持参のおにぎり等を食べながら、斉藤和義話で盛り上がった。

撮影が再開されて同じシーンを何度も角度を変えて撮る。
私たちの出番がない間は、せっちゃんを眺めながらの贅沢な雑談タイム。
撮影の合間にサッ!!っと現れる森三中黒沢似のメイクさん。
せっちゃんのヅラのヘアをクシでササッと直す。メイクもパッパと直す。
その他のメンバーは「ま、いっか」ってな程あっという間に直す(笑)その度に私たちは
「クロサワ~~何回直したら気が済むの~~」とか、「あ゛~~一回それヤラセテ~~」とか言って笑ったww
メイクさんの他にコロコロ隊も何度も現れた!
コロコロというのは接着ローラーするコロコロね。猫の毛をコロコロしたりするアレの小さいバージョンを持った人が
数人パッと現れて、せっちゃん達の衣装に付いた埃などを取るんだけど
「そんなに埃付いてないだろ~~~」とか、「そのコロコロの紙くれ~~」とか言ってまた大笑いしたww
途中何度か、私たちだけの撮影があって、せっちゃんたちは休憩。
すると廊下にヅラを取って網を被った、坊主頭みたいなせっちゃんが!!!!
イヤ~~~笑った!!ヅラ姿だけでも十分面白いのにヅラ取った姿まで見れるなんて!!

最初、あの髪型だったら好きになってなかった。。と言っていたMちゃん、
早くも「なんだか、見慣れてきたら、すんごく可愛く見えてきちゃった!」って(笑)

歌の部分の撮影が無事終了して、最後に私たちの歓声だけを取りたいと出川・・じゃなかった助監督??が言った。

ハイ!!では、お願いします!!

っていきなり言われたってねぇぇ。。。
誰もキャ~~なんて言えませんて。誰かが、「せっちゃん来てくれれば、いくらでも叫びますけどねぇぇ。」って言った。
んだんだ!!!とうなずいていたら、遠くでそのやり取りを見ていたらしき、せっちゃんがこっちにやってきて

ホッ!!っと脇の下を隠すポーズでおどけて見せた。

こっちにやってきただけでもテンションがあがった私たちはキャ~~~~ッ!!せっちゃ~~~~ん!!
すると助監督は慌ててスタッフに録音の指示を出した(笑)
すると反対側の脇の下もホッ!!っと隠すせっちゃん。
またキャ~~~~~!!!!
今度はあそこをドーーーーンみたいなポーズww
もう、おかしくってキャ~~ギャ~~~みたいな。

「はい!OKです!!!!バッチリでした!お疲れ様でした~~!」

と無事に私たちの役目は終わったのでした。

この後、ドラマの俳優さんたちとの撮影も見学できますって事だったんだけど
時間がかかりそうだから「すみません、解散です」って・・・
最後は一人ずつお見送りしてくれた、せっちゃん。
握手とかは出来なかったけど、みんな一言ずつせっちゃんに声をかけてからバイバイしました。
確か私は「その髪型も可愛かったです!」見たいな事言ったような気がする。。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する