追記として・・

昨日書いた日記の補足です。

観覧募集してたTBSの某番組とはこのことで・・私もそうじゃないかと予測してました。


http://www.tbs.co.jp/A-Studio/


でも放送は遅くなるようで、再来週かな・・21日になるみたいです。

そういえばアシスタントが変わってましたね、

ま・・どっちにしてもお飾りでしょうが(毒)斉藤さんは嬉しいのかも??



あと・・こういうコミックが出てるのをご存じでしょうか?

岸辺のアルバム(1) (KCデラックス)岸辺のアルバム(1) (KCデラックス)
(2009/02/13)
吉田 まゆみ

商品詳細を見る




タイトルはよく知ってると思うけど・・

いわゆるトレンディードラマってぇやつですが・・私は当時は見てなかったのですよ、

ちゃらちゃらした女優さんがキラキラした衣装で豪華なマンションに住んでる女性を演じることが多いというイメージがありまして・・

男優さんも今でいうイケメン揃いの気障なセリフをはく役柄・・みたいなイメージでした。

私のイメージの貧困さが露呈・・


このコミックを描いてる吉田まゆみさんは大好きな漫画家さんの一人で・・絵もストーリーも他の人と違ってユニークで私の好みでした。

そんな吉田さんがどうしてこのドラマをコミックで描くことになったのかはさておいて・・

原作者の山田太一さんはこの吉田まゆみの描く現代版「岸辺のアルバム」を絶賛しております。

すごい偶然の出来事とかあって・・それはもう予めどこかで繋がってたとしか言いようのない・・


そして・・どうしてこの漫画が斉藤和義と関係あるのかって思うでしょ?


よく漫画家さんはページの下とか横の空いたスペースにコメントをかきますよね?

そこに斉藤さんのことが書かれているのです。

じゃじゃじゃあ~~ん!!これです!

IMG_0462.jpg (クリックすると拡大して見られます)


「岸辺のアルバム」は山田太一さんの小説をドラマ化したもので、1974年9月に起きた多摩川の堤防決壊をモチーフにしたとのこと・・

ドラマ化は3年後にTBS系で放送され、キャストは・・八千草薫、杉浦直樹、中田喜子、国広富之、吹雪ジュン・・など。

主題歌はジャニス・イアン「ウイルユーダンス」でした。


この漫画の中ではヒロインの弟が錦戸亮くんに似て描かれてるので・・もしかして吉田さんはファンなのかな~?

って思いながら・・その辺も斉藤さんと繋がってるようで(思い過ごし?)面白かった。

いやー、良かったです・・ストーリー内容はすごく良かった。

一晩で一気に上下2巻を読み切りました!!


多分吉田さんの漫画として読んだからだと思うけど・・

ドラマを見てない分、イメージが勝手に浮かんできて楽しめたようだ。

それにしてもつい最近も台風による大雨で、各地で洪水や地滑り等の自然災害が起きてた時だったので、

この本に出会った偶然とは・・何を意味するのか??

最期のページでヒロインの住む真新しい家が流されていくシーンは息をのみました。

読み終わってもしばらくは放心状態で・・

不思議な偶然もあるもんだと思ったものです。


そういえば・・つい先日このドラマで父親役を演じてた杉浦直樹さんが亡くなって、

昭和の名優たちが次々と消えていくこの頃・・ドラマがやせ細っていくわけですね。



スポンサーサイト

コメント

漸くわかった!

たま さん
ファンを、集めてのTBS番組って、何だろ~!?と
思ってました。(これ、いまるちゃんが出てたよね!?)
殆ど、見てなくて知らなかった~。
音楽番組のイベントかな?と思ってました・・。
鶴瓶さんに、声かけていただいたら、嬉しかったでしょうね~!
これは、楽しみ~!

昔のドラマが、コミックになっているんですね。
オンタイムで、見ていたドラマです。
それまでは、サザエさん的なドラマばかりで、
幸せそうな一軒家の中の事は、わからないものだな~。
って、向田邦子さんのドラマも、面白く
見てました・・。

”誰かの冬の歌”好きなんで、いつも、
どんな通りか、想像してます・・。^^;



2011/10/04 (Tue) 17:12 | inadanyo #L9s05DP. | URL | 編集

こんな漫画の中に斉藤さんの名前を発見するとは・・

ただの偶然とは思えず、勝手に妄想してます(笑)

向田さんのドラマも好きで見てましたが・・

つい先日もNHKで再放送やってたの見てたら、以前ほど感動がなくて・・なんでだろうね??

鶴瓶さんの番組はスタートした時から絶対に出るって確信してましたよ!!v-290

2011/10/05 (Wed) 09:48 | tama #m8jBxAUk | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する