久しぶりに・・

久しぶり・・でもないかな? 本の感想文を載せます。

まず1冊目は・・・

初恋温泉初恋温泉
(2006/06/26)
吉田 修一

商品詳細を見る


大好きな吉田修一さんの本は図書館に入るとすぐに借りて読む。

この本ももう既に読んだつもりで居たが、読んで見るとまったくの初読だった・・

各地の実際に有る温泉地に行くカップルのはなし・・

この本を読むとすぐにでも温泉に行きたくなる。

高校生のカップル、もうすぐ離婚するカップル、不倫同士のカップル・・など様々なカップルの形態を描いてるが、それぞれに明確な先が見えるわけじゃなく、今はこうして温泉に居て二人で居る。

好きなのは・・若いカップルが泊まった離れの部屋に、
隣りあわせで泊まったカップルがやけに静かで会話がないといぶかしんでると・・

浴場で偶然会った隣の人は実は耳が聞えない・・というおはなし。

これがなんとも良いあんばいに描かれていて爽やかな気分にさせる。

書きかたひとつでこんなにもやさしく表せるんだなーって思った。

2冊目は・・・


ガールガール
(2006/01/21)
奥田 英朗

商品詳細を見る



ガールと呼ぶにはもう若くないと思える妙齢の女性たちが職場で奮闘する姿を描いていて・・爽快なお話が多い・・。

自分より年下の子にナメラレないようにとか、年上の部下をもった女性の上司の悩みとか・・会社内での揉め事がメインかな・・。

お邪魔扱いされてる若作りの先輩の思いがけない逆襲などは、
読んでいて非常にうまいな~って感心しちゃう。

会社関係のストーリーを書くのって下調べとかするんだろうか??

・・なーーんて、そんな関係ないことまで思いながら読んでました。

男らしい女性がたくさん登場しますね。

それにしても男性の作家さんが描く女性像ってどこかさっぱりしてる気がする。


両方とも借りる時に短編集とは思わず借りた本でした。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する