黒川博行

「破門」直木賞を取った方の作品を2作続けて読みました。

破門 (角川書店単行本)破門 (角川書店単行本)
(2014/02/18)
黒川 博行

商品詳細を見る



図書館にあるものしか読めないので「破門」は未だ読めず、

このシリーズものの最初の作品、「疫病神」と「螻蛄」の2作品を読んでまずは基礎固めです。

疫病神 (新潮文庫)疫病神 (新潮文庫)
(2000/01/28)
黒川 博行

商品詳細を見る



作家さんが関西人な所為か関西弁でのセリフがおもろい、

ケンカしてるんだけど時々コントみたいな場面もあり、本を読みながら何度も声をあげて笑ってしまう、

場面転換が早いからあっという間に事件が起きて、いつも死にそうになるんだけどなんとか生き延びて

また憎まれ口をききながら一緒に動くという・・変な二人だ。

この「疫病神」では廃棄物処分場の土地をめぐる争いに巻き込まれてしまうのだが・・


次の「螻蛄」では巨大宗派による権力争いやら派閥争いに巻き込まれていく。

宗教法人とか何とか宗派ってのは読んでいてもこんがらがって・・

廃棄物処分場の区分にしても厳しい規定があって・・

作家さんはそういう勉強もするのかーと感心しきりでした。

螻蛄螻蛄
(2009/07)
黒川 博行

商品詳細を見る





昔はよくハードボイルドな小説を読んでたけど、久しぶりに本格的なバイオレンス小説に出会えた気がします。


大藪春彦さんとか外国の本をよく読んでたなー・・とおーい昔のことでさぁー。

野獣死すべし (光文社文庫―伊達邦彦全集)野獣死すべし (光文社文庫―伊達邦彦全集)
(1997/01)
大薮 春彦

商品詳細を見る


スポンサーサイト

雑多なネタ

斉藤和義さんが民生さんのライブに出たらしい、

その映像がテレビに出るという情報があったけど、メールを見てなかったので間に合わず・・

後で知ったのだが北海道ではローカル番組に切り替わってどっちみち見れなかったらしい、

なんだ、じゃぁ良いか?って・・何が良いんだか??


そんなわけで熱心な内地のファンが撮ったのを借りてきましたよ。

https://www.youtube.com/watch?v=I5CUt-wd8t8&sns=em


揃いもそろって40代後半のミュージシャンたち、やはり存在感ありますね。

この中では斉藤さんが一番歌が下手だと私は思うのだが・・個人的な意見です。

ただね、見た目ではやはり斉藤さんがだんとつ!(個人的な感想です

時々すごーくうまく歌うことがあって・・それで良しとしてます。(エラそうですみません)


マニッシュボーイのツアーも無事に終わって、ライブの様子もどっかで(私が見れないとこ)放送されるようです。


あちこち、ネットでもレポートや写真が出てました。

http://natalie.mu/music/news/129969


そういえば、和義さんのツアーメンバーを紹介してるサイトがあるようです、

http://www.kazuyoshi-saito.com/tour2014/#members


私も今見てきました・・ドラムの方が濃いキャラですが、どんな音なんでしょうねー。

初霜の便りが・・

いつも散歩で通る公園のドウダンツツジがいつの間にか真っ赤になってた、

そしてその上にそびえたつ銀杏の葉はすでに散ってしまい丸裸だ・・

IMG_9408.jpg

IMG_9398.jpg

IMG_9397.jpg

IMG_9394.jpg

朝の公園にはだーれも居なくて、落ち葉のカサカサ舞う音が響く、

IMG_9396.jpg

  IMG_9404.jpg    IMG_9402.jpg

この日の朝の気温が氷点下5度と・・今シーズン一番の冷え込み
IMG_9410.jpg

ものみな真っ白に・・
 IMG_9413.jpg   IMG_9424.jpg



  IMG_9438.jpg   IMG_9428.jpg

IMG_9433.jpg    IMG_9436.jpg

IMG_9432.jpg


まだ、花壇の花は咲いてるんですよー!

つおい!!(^◇^)





なんとなく・・

どこかで聞いたことある様な・・って曲でしたね、2曲とも・・

サボテンの唄は作詞が斉藤さんではないので、また新鮮だけど・・でも、斉藤さんが書きそうな歌詞だわ。

山賊の娘は物語は見てないけど、エンディングは何度か目にしてる、

たまたまチャンネルを変えた時に流れてたりするから・・

こんな風に普通に見たり聞いたりできるのは不思議な感じで、やっぱり他の人が歌ってるからかなーとも思ったりね、


でも。。なんていうか曲調が似てるなぁっては思ったな、演奏のパターンが似てるのか・・?


45ストーン以降の斉藤和義の楽曲はテレビ向けや映画用のものなど、他からのイメージで作られる所為かなんか物足りない気がする、

なんてうか・・もう以前のようなギリギリの切迫感がないのかな・・ようわからんが、(#^^#)

そんなわけでサボさんの歌とローニャのエンディングをちょっとだけ・・





受難の日、

我が家の愛犬・・というには口憚ったいが、

そんな麦も6月には早や9歳となりそろそろ足腰にも衰えが来てるようです。

コーギー犬の宿命ともいうべき胴長短足系の麦ですから、この先の足に来る負担は避けられないところですが・・


ところがその胴長短足系の犬の欠点がもう一つありまして・・

それが我が家の最近の大きな悩みになってる。

犬の口許、顔の先が細長い犬種、コーギーやダックスの歯には丸い顔の犬にはない欠点があるのだとか、

先が長いので歯並びが悪くて重なってしまう欠点があるそうで、そういわれるとなるほどと思うふしもあり、

重なった部分の奥に隠れてる歯に歯垢がつきやすく、また汚れが目立たないので気が付かず進行してしまうらしいのです。


麦もまたその典型的な例でしかも歯垢がつきやすい歯の質らしく、これまでも2度の歯石除去の手術をしてきたのですが、

今回も歯磨きではとれない歯垢がついてたので歯科に明るい獣医さんのもとに行って診てもらった結果、

たくさんの歯が歯石で腐って歯の根元まで進行してるので抜歯手術を言い渡されて・・まさに青天の霹靂でしたー

んで、後日あらためての来院で手術決行と相成ったわけでして、

これがその時に抜かれた歯の諸々・・
  ※(気持ち悪いと思う方はご注意です、悪しからず)


IMG_9256.jpg


大きな奥歯が一本、小さな歯が上と下で3本、計4本をに抜いて無事にその日は終了したけど、

まだもう一方の大きな奥歯が取りきれず、時間がオーバーしたので後日再執刀となりすごぉく落胆した、


あれから2週間が経って歯を何本も無くしたので固いご飯が食べられなく、

未だにドライのふやかしたのを食べてるのだが・・この先固いのも食べられるようになるのか?

それを今度行くときに訊いてこなくちゃなんです。

今週中に行く予定なんだけど、この時期は降雪の心配もあって運転に不安のある身には毎日がドキドキ、

しかも車に普段から乗りなれてない麦には30分くらいのドライブが苦痛らしい、

いつも地元の病院には歩いて通ってたからねー、車に乗る練習なんてしてなかったしな、

また車の中で大暴れするんだろうな・・はぁー、気が重い。


画像は朝の散歩道でお得意の?へそ天を披露する麦、
IMG_9319.jpg

IMG_9320.jpg

IMG_9321.jpg

IMG_9327.jpg

IMG_9329.jpg

IMG_9330.jpg


思えば麦もこれまでにいろんなことで病院に通ったけど・・

今頃の落葉の時期に落ち葉の中から拾った物を食べて腹痛を起こしてうんうん唸ってたり、

フリスビーで遊んでいて爪をはがして大出血で慌てて病院に駆け込んだりなー、

はぁー、この先もどんな災難が待ってるのか・・ふぅー







カラーでよみがえる映像

NHKスペシャル、「カラーでよみがえる東京」見ましたか?

録画しなかったのを終わった直後に後悔したけど、再放送があると聞いてほっとしたー(*^^*)


本日深夜帯ですが・・、ぜひ見てくださいね。

再放送NHK総合TV午前00:40~

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/1019/index.html


語り手が良かった・・松平定知さん、元NHKアナでしたね。

スタジオゲストが居なくて良かった・・あの窓から顔を出す類だったらどうしようかと・・^^;

当時の人たちが感じてたことが記録としてナレーションで流れたのも良かった、

作家の言葉が重く残ってます、とにかくもう一度見たいと思ったのです。


それにしても日本人は古いものをどうしてあんな簡単に捨て去ることができるのか?

外国の人にその価値を認められて初めて気が付く・・そういうのが多いなぁーとつくづく思った。

あの日本橋のみっともない姿はオリンピックの成功の陰になって誰もなんとも思わないのかな。

あの時に立ち直った人たちの思いは今に引き継がれていない気がする・・。


もうひとつ・・

これは再放送についてはわからないけど、多分また放送されるでしょうね。

http://www4.nhk.or.jp/P3301/

小椋桂さんの生前葬コンサートをたまたま見てましたが・・

どれも良い曲ばかり・・4公演で100曲を歌うんだそうです。

その中で小椋さんがぽつりと言った一言・・いや二言三言、


自分の中で弱点になってること、それは群れることができないということで、

どうしても克服できないコンプレックスになってるとの発言でした。


これね、実はわたしもそうなんです、

集団での行動とかが苦手、どうしても群れから離れて一人になることが多かった、

それが弱点だと知ったのはつい最近のことですが・・誰でもそういう点があると思ってたしね、

ずっと昔からグループアイドルとかなんとか娘とかが苦手・・いや、嫌いでしたから、

その理由に思い立ったのは本当に最近のこと・・どーでも良いことなんだけどね。('ω')


小椋さんがそれを抱えて生きてきたと思うと、彼の書いた詩の内容もまた違って見えるかも・・。

「潮騒」が大好きです。





沖で待つ



沖で待つ沖で待つ
(2006/02/23)
絲山 秋子

商品詳細を見る



初めて読んだ作家さん、何かの書評で絶賛してたのを見て借りてきた。

「勤労感謝の日」に出てくる36歳の無職の女性が放つ独り言みたいなせりふの連続、ポンポンとテンポがよく、その言葉も切れが良くて読んでてスカッとする。

多分それは独身女の僻みとか妬みとか言われてしまう類のものなのだろうが・・こういうことを言ってみたい気持ちはある。

それでも社会に生きてる人間として最低のマナーは失してはいけないのだろうと最後には言ってるようで、そこは当たり前すぎてちょっとつまらない。


「沖で待つ」・・私は幽霊とか魂とかが出てくる小説はどうしても身構えてしまうのだが、それは世間によくある小説のテーマだからか・・、

でもこのお話の中ではすんなりと入って行けた、それは何故か?

ドアーを開けたら居ないはずの人が居ていきなり話しかけたからか?

なんせ導入部で出てきて、そのいきさつがあとから出てくるので、結果、そのわけが知りたいと思うから読んでしまうのだ。

そしてこの二人の関係が何ともいいのだ、ただの同期というだけでこんなに親身になるものか?

それでも恋愛の対象にはならず、奥様になる女性を深く愛してる、

その辺の男性の心情はよくわからないが・・どっちかに恋愛感情はあっただろうと勝手に推測する。


この本は芥川賞作品だと知らないで借りたのだが、その昔、芥川賞作品はどこかとっつきにくい印象があり、あまり読もうとは思わないで居たが・・

最近の芥川賞はすこしやさしくなったのかな・・。
.



榎で正解!

手元の樹木図鑑で調べると、実が赤いとあり・・あれ?違うかなーと思ったら・・

ネットで検索すると・・

熟すと黄色から赤に変わるようなので、それで問題は解決となった次第・・。


今度は大きめ?

IMG_9308.jpg

今回は大元の樹木も映そうと思ったけど、こんな小さいのがそれなのか??

IMG_9307.jpg

なんか・・人様の垣根ですのであまりじろじろ見てるのも変だし・・

それにしてもこの家の住人は庭の手入れに関わる人が高齢になったのか、あまり行き届いてるとは・・自粛。


そして初めて聞いたメギという赤い実の植物も興味津々で調べたら・・

IMG_9311.jpg


某所より抜粋しました・・


メギ属(Berberis)はメギ科の属で、落葉または常緑低木からなる。ユーラシア、アフリカ、南北アメリカなどの熱帯から温帯にかけ450ないし500種が分布し、種数ではメギ科の大部分に当たる。日本にはメギ(目木、小蘗、別名コトリトマラズ[小鳥止まらず])、ヘビノボラズ(蛇登らず)、オオバメギ、ヒロハノヘビノボラズの落葉性4種が自生する。ヒイラギナンテン属に近く、これと合わせる説もある。


メギという名前の謂れはその昔、眼病に効く薬として栽培されてたとか・・

小鳥も蛇も登らないのは葉から変化した棘があるためらしい、

いろいろ勉強になるなー・・

その後忘れなければもっと賢くなるのだがなぁー、苦笑。

静止画の紅葉も・・

動画を撮ったのと同じ場所での写真です、

動画だとどうしても手ぶれが出て、特にコンパクトデジカメなので・・

一眼レフでこの景色をいつか撮れたらなーと思って早や○▽年・・(^^;


IMG_9273.jpg

IMG_9274.jpg

IMG_9275.jpg

この小川は最近の台風による大雨で茶色く濁ってて・・残念だわー、
IMG_9276.jpg

この日は台風一過のぴーかんの青空です、
IMG_9278.jpg

IMG_9279.jpg

IMG_9282.jpg

IMG_9286.jpg


IMG_9290.jpg

場所は変わって歩道沿いにある畑には毎年今頃になるとキバナコスモスの群落が、
IMG_9292.jpg

IMG_9295.jpg

ツツジがこんなにきれいに発色してるのは初めて見たような・・
IMG_9294.jpg

同じ住宅の庭にあったモミジ・・ちょっと高い場所に植えられてます、
IMG_9296.jpg

前回、散歩で通った時に発見したのですが、その時は夕方だったので撮影できず、
IMG_9297.jpg

今回はぜひこれも撮ろうと思ってたので念願かなって嬉しい!
IMG_9298.jpg

ちょうど朝日が逆光になって美しい絵が撮れたなぁーと自画自賛・・('◇')ゞ
IMG_9299.jpg


そのあとでこんなかわいい雲にも出会えてラッキーな朝でした、

IMG_9300.jpg

リボンに見えません?(*^^*)

IMG_9301.jpg


まだ紅葉には早い?

いつもこの時期になると行く場所ですが・・まだ赤くなるには早かったみたいで、

小川のせせらぎの音もしてます、前日の台風の大雨で濁ってました。






野鳥の声もかすかに。。

紅葉前線

桜前線は九州から、紅葉前線は北海道から・・ってことでもないのかな?

今日は台風の影響で石北峠では雪が降り薄く積もってるそうです、

峠越えをされるお仕事のドライバーさんはこれからタイヤ交換の事で悩まされるのかな?

そんなことで悩んでるのはわたしだけか・・苦笑。


さて、毎年のように出かけて行って紅葉の写真を撮る場所があります、

今年ももうそろそろかなーと、早めの散歩がてら下見に行ってきました・・が、


まだ木々の葉は青々として赤く染まってたのはナナカマドくらい?

しかも近所で見るナナカマドより発色がいまいち・・森の中で日差しが遮られるから??


ここは個人宅のお庭なんですが、歴史のあるお庭で樹齢何百年という木がゴロゴロある、
IMG_9138.jpg

このモミジが紅葉したら・・それはもう素晴らしい!!
IMG_9139.jpg

そこのお宅から少し離れた住宅の裏にも大きな木が家に覆いかぶさるようにあり、
IMG_9144.jpg

その木がこんな風にもう真っ赤っかで・・ひや~って思わずため息が、
IMG_9145.jpg

角度を変えて下の方から全体を映してみると・・でっかい!!
IMG_9147.jpg


場所が変わって・・今度は近所の団地の中にある遊歩道の紅葉です、

団地の中に入っていいのか悪いのか・・よく知りもしないで散歩道として利用してます、

団地の住人とも会ったことがあるけど・・別に苦情も言われなかったしね?

ここでは本当に小さな秋がありました、

IMG_9226.jpg

IMG_9227.jpg

IMG_9245.jpg

IMG_9225.jpg


良いですねー、この雑然とした草木の混植がなんとも自然体です、

ついでに下手な動画も・・





鳥取の旅

こころ旅、秋のシリーズは近畿から中国地方へと入りました。

最初の旅で鳥取に行った時の火野さんはとてもうれしそう・・この辺は個人的に好きなところらしいです。


いろんなシーンがあったけど私にとって嬉しかったのは、ずっと聴きたかった「海」が生歌で聞けたこと、

少ししか歌わなかったけど・・充分に満足しました。

この旅シリーズが始まってから海のシーンが出るたびに歌わないかなーと密かに期待、

3年目にしてやっと実現、それはきっとその日の海が荒れてたから・・?

オリジナルはこんなかんじ・・テレビのエンディングだったとか?(私は見てない)

https://www.youtube.com/watch?v=R05fIP_OnkQ

んで、こころ旅で歌ったのが・・




そして同じ日にこんな歌も歌いながら・・



拓郎と火野正平って・・・不思議な組み合わせ・・?

https://www.youtube.com/watch?v=MlPhDx3ZIOs


拓郎もまだツアーで現役です。




涼しくなったので

ずっとご無沙汰してたフリスビーで遊んでる様子を動画にしました。








自分の声が入るのってなんか恥ずかしい・・

夜の天体ショー

世の中は月食なんだそうで・・お風呂上りにも構わずに外に出て撮影してみたが・・

デジカメではまるで歯が立たぬ・・どうやってもぶれてしまう、

ま・・それでも一応撮った画像を載せてみることにした。

欠けてきたころはまだ綺麗に撮影できたが・・

IMG_9174.jpg

IMG_9178.jpg

月が陰って明るさがなくなると撮影は無理なのか・・?
IMG_9192.jpg

空飛ぶチョコボールみたいな不思議な物体が・・
IMG_9203.jpg

IMG_9205.jpg


何度もカメラの設定条件を変えてトライしてみるも・・稚拙な我が腕では無理と諦めて帰宅、

その夜は布団に入っても寒気が収まらず・・まずい、風邪を引いたか?!

なんて思いながらいつの間にか寝てましたわー

これって・・あれか?

タイトルでピーンと来たんですが・・斉藤和義さんのベリベリストロングって曲になったお話ですよね?

とは思えど、自信がないのでアマゾンで調べたら読後感で詳細を書いてるのがあったので借りました。


収録作品 ①アイネクライネ ②ライトヘビー ③ドクメンタ ④ルックスライク ⑤メイクアップ ⑥ナハトムジーク

①は斉藤和義の楽曲「ベリー ベリー ストロング ~アイネクライネ~ 」の歌詞の元となった短編。
②は斉藤和義のシングル「君は僕のなにを好きになったんだろう」初回盤特典小説
①・③~⑤は雑誌掲載
⑥は書き下ろし。




アイネクライネナハトムジークアイネクライネナハトムジーク
(2014/09/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



伊坂ファンにしたらどうなんでしょうね?

斉藤ファンにしたら嬉しいけど。

五郎丸の生涯

お名前は聞いたことがなく、どんな本を書くのかも知らないまま借りてきた本、

一頭の秋田犬の生涯を追った物語で、それぞれのエピソードが前後して描かれてます。


五郎丸の生涯五郎丸の生涯
(2012/07/18)
三浦 明博

商品詳細を見る



最初に出てきた一人暮らしの老人の話が面白かったけど、あとの話はそれを補足するような内容だからか、

少し筋立てに無理がある様な気がした・・

特に引っ越しで大型犬が飼えなくなることで山中に放置する話はそうすることが最初から決まってったような?

無理やりな感じがしたのですが・・そういうのがあると先を読むのが少し鈍りますね。


最初の項でとても気になった文章がありました、同じ一人暮らしのものとして・・



「老人は、うまく説明できない頭の回転の悪さを恨んだ、独り暮らしが長いせいか、物事を考えてる時は年のわりに頭が働くほうだと自負しているのだが、他人との会話となるとびっくりするほど言葉が出てこなくなる。」



これって私もよく経験します、特に見ず知らずの人と話すときとか、苦手な人との会話では言葉が出てこなくなり、普段の会話が如何に頭を使う訓練になってるか思い知らされます。

一人で居て何も言葉を発しないと言葉も出ないけど声も出なくなって・・電話ではかすれた声で話してしまう、

そんなわけで犬や猫を相手に話したりするのも案外良いのかな・・ってね。

遅いけど・・小ネタですけど、

9月に放送があって録画はしてあったけど・・やっと観ることができたのでアップです。

カバー曲は私的には好みではないけど・・💦

マニッシュの演奏を見るのは初めてなのでいろいろ勉強になりました。

もっぱらギターの種類とか服装にばかり目が行ってたけどねー、

久しぶりに見る和義さんはやっぱりいい男!?

お二人が着ているお揃いのスーツはまだブームの続くヒョウ柄で・・

パンツのデザインがちょっと変わってて、膝の部分がベルトになってる?

静止画面で見てもどうなってるのかよくわからん・・

余談ですが・・マニッシュのライブでこの時にカバーした、マッチの「スニーカーブルース」を披露したとか??

ホンマかいな・・ジャニーズの曲は事務所の許可がなかなか出ないって聞いたけど、、無許可か・・


他にも、栃木発のドラマのテーマ曲をちょっとだけ・・んーー、今の流行なのかって曲調だなー。

では、裏口からどうぞ・・こそこそ・・

台風接近・・

2014秋の旅始まってます、いまんとこ何事もなく順調?!

クイズマラソンにも参加・・しかぁーし早々とミスってもうたわっ。。涙。。


まさかまさかの・・

うちには4匹の猫が居る、

だから誰かがおしっこを粗相したりゲロを吐いたりしても現場を見ない限り誰の仕業なのかわからないのだ、


もう10日くらい前になるだろうか・・

座敷のカーペットの隅に薄い血痕があった・・

これは血だろうか?何かを吐いたあとだろうか・・と思いながらそれほど深く追及もしなかった。

2・3日して、流しの下にある水飲み場の周りに血が飛び散ってるのを発見して、

これは大変!一大事!!とばかりに猫たちを捕まえて体を調べてみても何処にも怪我はしてないし、血の付いた形跡もない・・

それにしてはこの血の飛び方は酷い・・流し台の扉に点々と付いてるし、他にも床のあちこちにシミがある、

もしかしたら足?爪か・・ともっと念入りに調べたらミューの爪からの出血みたいでした、

それから慌てて動物病院に行って診てもらったら、生爪をはがした跡らしく、爪が2枚重なってた、

はがれた方の爪をとって血止めをしてもらってなんとか治療を終えたけど・・

その間ミューは断末魔の叫びも負けそうな雄たけびをあげて大騒ぎ・・

押さえつけてる看護助手の方は慣れてるのか平気な顔で・・飼い主は傍でハラハラドキドキ。。

何の役にも立たないでただ宥める係りを務めてましたがね、やれやれ・・


これで出血騒ぎは1件落着と思いきや・・そうはイカの塩辛で・・

病院から帰ってホッとする間もなくももちゃんの股間から何やら赤いものが流れ出てる、

これはどこからの出血!?まさか子宮?肛門ではなさそうだなー、

そのころには動物病院の受付時間も過ぎていたので、北見の系列の病院に電話して症状等を説明すると、

どうやら血尿ではないか・・との見立てでした。

血に弱い私は出血イコール死とか考えるので気持ちは焦るばかりだが、

そこの受付の人は至って冷静でてきぱきと支持を出してくれる、

今夜は(6時半過ぎてた)もう終わりなので明日の診療時間にきてくださいとのことでした。

明日なら地元の病院に行こうと思ってたのに、間が悪いことに明日は休みになるとのこと、

系列病院なのでこちらのスケジュールも把握してるようです。

あー、ついてない、よりによって明日(金曜日)に休むなんて・・

そのあと土日も休みじゃないか・・と当地の病院を恨んでもしようがない、

しかたなくなく・・私は何年振りかで北見市まで車で行くことになったのでしたが・・

そのあとの顛末は見るも無残聞くも散々な珍道中になったのでしたー、


いやー、迷った迷った・・ここまで方向音痴とは自分でもびっくり!!

情けなくて心細くて涙が出そうになった・・溜息。。


ま・・なんとか夕方6時前には帰宅出来て今こうして書いてるのですが・・

変な道に入り込んでしまって出るに出られなくなった時には、頭が真っ白、顔は真っ青でした、

車って走り出したら変なところで止まれないから不便ですよねー、自転車の方が良いな・・


免許証の返上しようかな・・とか、いろいろ思いが交錯して真っ暗になってた、


ももちゃんは結局は膀胱炎という診断で薬を貰ってきて毎日飲んでなんとか治ってます。

この出血騒動で私はいっぺんに歳をとったような・・これ以上老け顔は嫌だけどねぇ・・


思えば・・10日ほど前の出血はモモちゃんのだったようで、あのころから病状は進行していったんですね、

早く気づいてあげれなかったのは可哀想だったけど・・言葉を持たない動物を飼うのは大変だなーと、

つくづく身に染みて実感した次第です。

さて、そのお薬ですが・・

ももはなかなかにお転婆で薬を断固拒否する・・毎日が格闘です、


きかんぼもも
IMG_7116.jpg

爪もなかなか切らせてくれないです、
IMG_7115.jpg


ところが・・

そのイヤーなお薬を飲みたがるバカな子が居まして・・

ハイ、誰有ろう、トメキチしか居ませんわ・・そんな猫。

ももの代わりに飲んでそれでももが治るのならなんぼでも飲ませるけどな・・(笑)


ん?誰か呼んだ?
IMG_7150.jpg

IMG_7157.jpg




駆け足で秋は・・

近くの公園にあるナナカマドの大きな木・・IMG_8973.jpg

今年もたくさんの花が咲き、実がなってる、
IMG_8976.jpg

IMG_8979.jpg

地面にもポロポロと落ちて転がってる、
IMG_8980.jpg

まさか犬は食べはしないだろうが・・嬉しそう
IMG_8982.jpg


秋の空は高く、雲は絶えず流れてく・・
IMG_9009.jpg

IMG_8994.jpg

なんだかいっぱしの詩人にでもなった気になってくるなー、
IMG_8992.jpg

この日は雨上がりを待っての散歩でした、
IMG_9010.jpg

水鏡・・あまりうまく撮れてなかったなー、
IMG_9011.jpg

夕焼けはやっぱり暗くしか撮れない・・まだ薄暮の時間帯なんだが、
IMG_8999.jpg



録画はしたけど・・

まだ見てないというのがかなりビデオのHDに溜まり初めて気ばかり焦る・・

マニッシュの「カバーズ」とか栃木発ドラマのテーマ曲とかデジカメで撮ってここに載せたいのだが、

なにかと猫の病気やら季節の変わり目にすることやらで本を読む時間もないほどだ。


そんな中で見つけたのがこれ・・NO NUKESのライブレポです、

本当はマニッシュボーイのレポが見たかったのだが・・東京でのライブはまだなのか?

あまり興味がないのでライブのスケジュールも頭に入ってないから・・ふっ。。

http://ro69.jp/live/detail/110612


ギターのサポートが二人とも(けんちゃん、たけちゃん)いなくて和義さんが一人で弾いていたそう、

これは貴重なライブ体験じゃない?


最近の和義さんはあまりギターを弾かなくなってるような気がするんだが・・体力温存かってね?

そんな斉藤和義さんのソロ(バンド)でのライブハウスツアーがありますが、チケットの取れた方取れない方、

悲喜こもごもの報告がそろそろ聞こえて来てます。

みなさん、取れましたかー!?