偶然とはいえ・・

前回の日記でも書いた小説の中に出てくる和歌集、中城ふみ子さんの本を借りてきました。

乳房喪失―附・花の原型 定本中城ふみ子歌集 (1976年)



その時にたまたま同じ棚にあって目についたのがつい最近亡くなった河野裕子さんの歌集「たとへば君」で・・

出版されたのを知った時にこのタイトルが気になってその歌人を知ったのでしたが、

同じように乳がんで亡くなっているこのお二人に目が留まるのも何かの現れなんでしょうかねー、

長く生きてるとそういう偶然の重なり合いが起きるものですが、それにしてもね。


中城さんはかなり昔の方らしく、戦後歌壇に彗星のごとく現れた伝説の歌人との紹介文もあり、なるほど歌というのは時代を超えて残っていくものなのだなーと。

今読んでも古さを感じないでいましたから・・全部はじっくりとは読めないけども、

その中でも私の好きな歌は・・

 生きむとするものに冷たき風のなかマーケットの灯は一つづつ消え

 スクーターの後ろに乗りし子が下さるるときに荷物の表情をせり




そしてこの方をモデルにした映画や小説も生まれてるんだそうで、何も知らない私でした。

冬の花火 (集英社文庫)冬の花火 (集英社文庫)
(2010/11/19)
渡辺 淳一

商品詳細を見る




一方の河野裕子さんの歌集は夫である永田和宏さんとの相聞歌集とのことで、過去の歌集の中からお互いの歌に呼応するのを集めたということか??


たとへば君―四十年の恋歌たとへば君―四十年の恋歌
(2011/07/08)
河野 裕子、永田 和宏 他

商品詳細を見る



歌についてはど素人なので良くは知らないから間違ってたら御免なさい。

この「たとへば君」というタイトルは私の好きなミュージシャン、斉藤和義さんの歌のタイトルにもあって、その曲が昔から大好きなのでおや??と思ったのでしたが・・

このアルバムに収録されています。(蛇足ですが・・)

WONDERFUL FISHWONDERFUL FISH
(1995/02/01)
斉藤和義、松尾一彦 他

商品詳細を見る





それでその歌人にも興味を覚えて、新聞の記事を読んでぜひ借りて来ようと思ってたのが、月日の経つのは早いもので・・失念してました。

昨年の出版だったのですねー、つい最近のことのように覚えてますが・・

新聞に載ってた歌が・・

 手をのべて あなたとあなたに触れたきに 息が足りないこの世の息が


これが絶筆だったんですねー、そこまでの夫婦の生き様みたいのを読んでこの歌のなんたるかを知った気がします。

ただの闘病記ではない、お互いの歌と歌のぶつけあいが凄くリアルでこんな風に表現する方法もあるんだなーと思いました。


それにしても、素人考えでは歌を作る人はスラスラと、あとからあとから言葉が湧いて出てくるものと思い込んでましたが、死に物狂いで苦しんでもがいて生み出すのだと知り、まさに目からウロコが落ちる思いでした。

スポンサーサイト

加齢なる変身??

なんのこたぁない・・わたしの首のことですたい、

月曜日くらいから首が痛くて、食べ物も呑み込めないような状態で・・頭痛、吐き気はするしで、これは大変なことに!?!

と思ったらただの加齢による骨の疲労らしい・・がくし。。

潤滑油が切れてうまく首を動かせなくて、擦れて?痛みがあるらしい・・それがなんでそうなるのか?

別に首を酷使した覚えはない・・ただ剪定の作業をしたあとで痛くなったのは確かだと思う。

そんなこんなで腕を使うと肩から首にかけて痛むので腕を使わないようにしてる日々・・

パソコンのマウスを使うのも辛いので何もできずテレビを見て過ごす日々です。

首を痛めてなくても同じような日々だと言われそうですがね・・苦笑。


そんなこの頃・・斉藤和義さんのテレビ出演が続きましたね、

新曲で最近のテレビ出演時にも歌ってる「ひまわりの歌」がイマイチな感じで録画もしなかった「1番SHOW」や「Mステ」なんですが・・

なんか恥ずかしくない??この曲を46歳のおっさんが歌うのって??

え??わたしだけ??すんません。。


マニッシュ・Bのツアーがスタートして衝撃のニュースが入り、なんと何十年ぶりかの金髪ヘアーとかで話題をさらってましたけど、

写真で見た金髪和義はイマイチ、イケてないと思ったわたしですが、生のテレビで見れるチャンスは逃す手はないと思った次第で・・ただの野次馬根性ですが(笑)。

そんなわけで見たのが「HEY!×3」の特番ですね、この日の金髪はライトの加減か、アッシュブロンドみたく見えて、お!!なかなかサマになってるかも??

眉毛の薄いのが幸いしたのかそれほど違和感もなく見入ってたものでした・・が、やはり「ひまわりの歌」は恥ずかしくて見れなかったなー

なんかでもバンドのみんなも恥ずかしさを隠すように?楽しんで演奏してたみたいで、こういうのは楽しんで聞けばいいんだねー、狭い心ですわ、自分。


そのあとで見たのが「さんまのまんまS・P」でしたが、ミュージシャンでは一人だけ呼ばれたみたいですが、お笑いに疎い私はまるで知らない人ばかり??

あ・・きゃりーぱみゅぱみゅさんもいましたね。

この時もまさかの金髪でしたが、相変わらずの下ネタ発言でさんまさんもどうしていいやら??

お笑い系は下ネタ禁止なんですかね??

斉藤ファンが下ネタに慣れ過ぎてるのか・・・苦笑。


若い女優さんは好みのタイプでなかったのか、積極的な絡みはなかったのが意外でしたが、なかなか楽しめるないようでしたよ。

そんな斉藤さんが以前に出てた番組「ゲストとゲスト」のケンコバさんとの対談が今夜は北海道でも放送になるようです。

HTBの深夜0:50~です。


あちこち隔週遅れで順次放送があるようで、忘れたころにあるのでうっかりしますよね。





マニッシュのツアーの合間をぬってのテレビ出演はアルバムの宣伝も兼ねてるのかな??

アルバムはオリコン初登場16位と19位だったような??(間違ってたらゴメンちゃい

なかなかの健闘ですよね。
   


さてさて、マニッシュ・Bのライブは対バンということでかなり時間に余裕を持って臨まないと辛い目に遭うらしいねー、

スタンディングで6時ころから10時くらいまで立ちっ放しの押されっぱなしは妙齢のご婦人にはこたえるようですよーー、行かれる方はご注意を!!?

わしは行かないもんねー、行けないってのが本当ですが、


大阪での対バン、奥田民生御大の登場!!

「何処へ行こう」を歌ったってことですが、うう、民生節になったのどんなだか聴きたいワン。

迫りくる

暑さ寒さも彼岸まで・・その言葉通り、本当にお彼岸過ぎたら秋でした。

朝の気温の低いこと・・一気に10度台です、もう一桁になる日も近いんだろうな。

朝の散歩もまだ6時ころにしてるんだが、上着を着ないと腕が寒いし足元も厚手のジーパンでも寒かった。

もうそろそろ8時ころの散歩に切り替えようかなーと思いつつダラダラとそのままに・・

明日からは朝の7時45分から「こころ旅」が始まるので、それを見てからだと8時過ぎになるんだよね、

再放送も2回もあるからそっちで見れば良いんだけど、早く見たいんだもんだから・・ついね、見てしまうと。


朝のテレビ小説も新しくなって・・今度のは脚本を書くのがあの「家政婦のミタ」を書いた人なんだって・・

さっきその朝ドラの番宣がちらっと映って、脚本家の紹介で「家政婦のミタ」が出てきた時には唖然としたが・・NHKって本当に軽くなったね~、お気楽、ご陽気でよいしょってね。

必ずと言って良い程話題になった、評判の良い人物を採用する傾向は年々多くなってる気がするなー。

なにかといえばジャニ系やAKB系の名前も知らないような、顔も同じじゃん??って思うような人を番組の花として添えものにしてるし・・。

なんにせよ朝ドラが終わらないと「こころ旅」は見れないのでうまく繋げてほしい。


何の話しだっけ??あ・・そうそう、秋だから寒いってことで、食欲の秋、読書の秋、満喫してますよー、

もう畑になってるものは大体が終わり・・キューリもピーマンも一時の勢いはなくなり、トマトは完全に終わってますねー、実が割れてきてるし味も水っぽいし美味しくない。

これからはブドウです、朝晩の寒暖の差が激しくなると甘さが増して完熟するのです、楽しみ~~!!

今はこんな感じのブドウですが・・なかなかなもんでしょ?!

IMG_2796.jpg



さっきまで外はすごい雨でしたが、今は収まってる・・大雨警報も出てみたいで怖いです、

年々こういう大雨の傾向が増えてきてるようで川の近くに家がなくて本当に良かったと今更ながら思う。

こんな風にして一雨ごとに秋は深まっていくのね。

そして冬が・・ズンズンズン・・やっぱり来るんだろうな、冬将軍がっ。

その前に畑のお片付けが~~ため息っす。

パツキン?!

パツキン=業界用語で金髪のことだそう・・今でも言うのか??

某コミュニティサイトでさっそく写真が掲載されて話題になってましたが、

マニッシュボーイズのライブツアー初日でのサプライズだったそう・・

http://natalie.mu/music/gallery/show/news_id/77020/image_id/147829


昔・・ビコーズの頃にも仲良しのフラカンと賭けをして罰ゲームで金髪になったことがあったけど、それ以来のことですねーイヤイヤ・・なんとも似合わない・・サマにならないと思うのは私だけ??(ごめん)


昨日のFMラジオ、当地ではAir-Gという放送局の番組にゲスト出演してましたが、そっか・・ということは金髪でスタジオ入りですね・・小林克也さんのテンションもハンパなく?盛り上がってたような??


ここで写真も見れましたが・・やっぱり変だなー、もうちょっと髪を切った方が良いのかな??

http://www.tfm.co.jp/sound/talk/detail.php?id=131

なにかしら申し訳ないって雰囲気があってねー、もっとそっくり返ってると良いのに??

こんな風に?(追記参照)


スタジオ見学のファンの声も聞こえて・・「やさしくなりたい」を一緒に歌ってましたが、歌詞がバラバラでしたね~苦笑。

なにやら斉藤さんも歌わされてたようですが、わたしの耳には聞こえなかったです・・なんか克也さんはしゃいでましたねー、楽しそうで見たかったな~~!!

顔が真っ赤って言われてますます赤くなったことでしょう(笑)

いろいろお話をしていて、ほとんどは克也さんの声が多かったけど、斉藤さんは考える時間が長いので即答はできないタイプ、

それでもなんとなくお互いの意思は通じてたようで、言葉にならないけど斉藤さんもそれは感じてたと思う。

そして斉藤さんに贈る曲としてボブ・ディランの曲がかかったんだけど(タイトル失念)、良い曲だったー、なんのアルバムに入ってるのかな??

でも・・今の斉藤さんはボブ・ディラン的な雰囲気ではなく、マニッシュな方に気持ちが向いてるので少しその辺が惜しい気がしてね、

斉藤さんは器用な方ではないので今のマニッシュ一色のモードから離れた話題には乗れないでいたかなー?


私はどっちかというと弾き語り推奨派なので、逆にマニッシュ的な盛り上がりには欠けるからそう思うのかもですが・・。

だからファンの方の書いたお便りにあったお話とそれに繋がって行くなまけものの歌がしっくり来ました。

いいお話でしたね・・そしてこの曲も大好きです。

最後に用意してた曲は「ひまわりの夢」でしたが、斉藤さんのたっての希望でマニッシュの「LOVE&LOVE」に変更してたけど正解でしたね。

これも良かったですよ~~!!


その前に朝のテレビでも斉藤さんの出てた番組がありましたが、こちらでは時間の関係で見れないかと諦めてました・・

でも、運よく?時間内に放送されて見れました・・もちろん録画映像なので金髪ではないけどね、

この番組は見てないので良く知らないんだけど、恒例の質問コーナーというのがあって・・そういう内容でした。

平積みされてる本を買う時は一番上から取るか、真ん中あたりから取るか?って質問に、

斉藤さんの答えは一番上でしたが、その理由がなんだからしい??っていうか、そういう考え方もあるんですねー。

私は大体は人の手垢がついてない下の方から取りますが・・ほとんどの方はそうじゃないかしら??

他にも・・合コンについてのマニュアルがあって、帰り際に軽く相手にタッチすると良いと書いてあるとか言われた斉藤さんは・・、

女性は汚いですねーとのたまわっておりましたが・・そういう本を読んであれこれ細工するのは確かに嫌らしい感じはしますね。

でも、タッチされるのは嬉しいと言ってましたが(笑)。

意外と毒舌??とか言われてたけどね・・正直な感想なんでしょう。


テレビと言えば・・「さんまのまんまスペシャル」と言う番組はこちらでも見れるようです。

ま・・でも、斉藤さんの出番は少ないと思うので期待はしてません。

斉藤さんはお笑い番組に出るのが好きなのかな??どーも、お笑いは向いてない気がするです。



さて、斉藤さんの朋友、オールドフレンド、愉快な仲間のフラワーカンパニーズがアルバムを出すようで、そのアルバムについての情報もあったのでついでに宣伝しておきます。

http://www.flowercompanyz.com/happyend/

斉藤さんからのお祝いメッセージはもちろんたくさんのミュージシャン仲間からのユニークなお言葉が読めます。

PVもドラマ仕立てになっていて本格的な内容ですが、フラカンはやっぱり歌詞が良いですね、メロディーも良いけど・・。

視聴もできるので是非聴いてみて!

夏の名残の・・

最近は街のどこを歩いてもヒマワリの花が植えられていて、暑さに強くて明るい黄色が好かれるのかしら?

コスモスとヒマワリはもうすっかり日本中で広く愛されてますね。

もちろん我が家の狭い畑にも何本か・・地元の学校行事に協賛した町内会からタネを貰い、蒔きました。

他にも野鳥のエサ台の周りにもこぼれたタネが勝手に芽を出してあちらこちらでにょきにょきと頭をもたげてます。

今年は暑かった所為かタネが成熟するのも早かったようで、もうはや食べに来たスズメで畑は賑やかです。

あっという間に食べつくして次から次へとヒマワリの食べ歩きをするので空っぽになったヒマワリの首だけが残ってる畑・・

さて、この画像にスズメは何羽いるでしょう??

IMG_2766.jpg


なんて・・数えてるヒマ人はいないですよね(苦笑)



ヒマワリは黄色いから愛されるのか??

黄色という色は昆虫にも愛されるんだそうで、春に咲く花が主に黄色いのは生まれたばかりの昆虫の食料補給に一役かうためなのかな??


以下の画像は近所のお宅の玄関先に咲いてた花々で・・黄色い色が多くて、ぱぁ~っとそこだけ明るくなったような気がしました。

IMG_2680.jpg

IMG_2679.jpg

IMG_2683.jpg

黄色いものを玄関先に置くと運勢が上がると言われたように、このお宅にも良いことがあったかなー。


IMG_2682.jpg

IMG_2684.jpg

黄色の中の紅一点も良いですね、バッチリ決まってます!


我が家にも黄色い花はあります、最近やっと咲きだした菊の花・・
IMG_2792.jpg


この菊は例年ですと10月末~11月にならないと咲かないのですが、今年は短日処理というのを教えてもらい、それを実行しました。

まずは夕方の3時ころに菊全体に覆いをして暗くします、

翌日の朝、9時ころに覆いを外して日の長さを人工的に調節してしまうのです。

そうすると季節を間違えた菊はもう咲いても良いんだと思い蕾をもってくる、そうしたらもう成功です。

そんな風にして早く咲かせることができました。

おかげでお彼岸のお供えにも間に合わせることができ、ご先祖様も大喜び?!


菊の花はお店で売ってる株は夏咲きとなっていても、北海道では秋の終わりごろに咲くことが多くて看板に偽りありだろう??なんて思う人はぜひ試してみてください。

はいー、わたしもそう思う一人ですぅー。


連鎖反応

我が家の家電製品はそろそろ買い替え時なのがたくさんある、どうしてか同じように寿命が来るのが不思議だが・・

それでもなんとかかんとか言い聞かせて、もうちょっとの辛抱だと言い含めて使っている日々なのだ。

もう悲鳴をあげてる洗濯機は脱水の度にヒュー・・という奇妙な音で限界だと叫んでるし、

冷蔵庫にいたっては、カチッカチッ・・ゴゴゴォォーーダン!!ってな音で部屋中に文句をまき散らし、犬や猫たちの安眠を脅かす始末だ。

いつプッツンと切れてしまうかもしれない恐怖が常にあって、それでも諦めの悪いスケベ根性はギリギリまで使おうとして、まるで根競べみたいだ。

こないだから居間の照明が点滅したりして・・お前もかー?!ってな感じで意気消沈・・がっくし。。

なんでも最近の照明器具には基盤が使われていて、それが壊れるとランプだけ取り換えてもダメなんだそう、

ま・・その分寿命が延びて取り換える期間も長くなって手間が省けるのだが・・。


なんだかもう我々の年代の人たちには考えの及ばない世界に入ってしまったんだなー、

電化製品には結構明るい方だったわたしですが、今は真っ暗・・何もわかりませ~~ん・・

なんせステレオ世代ですからねー、自慢じゃないけど。


さて、そんなある日・・掃除機が動かなくなりました、

充電台に乗せて充電済のハズなのにスイッチを押してもウンともスンとも言わない・・

ついに壊れたかー!?いや・・バッテリーかも??

と、掃除機本体の背中を開けてみたらバッテリーならぬ水素電池が入っていてものすごい熱を帯びてる、

原因はこれらしい・・ってことで、電器屋さんに電話してみると、やはりバッテリー(電池)を交換しないとダメらしく取り寄せることになった。

その前から掃除をするたびに吸引力が弱くてバッテリーの持続時間も短くなってたので、寿命かなーと思いつつ惰性で使ってたのでね・・こうなることは予測できたんだが、

ところが、水素電池を取り換えて充電も終えて掃除機を使ってみると・・

その吸引力の凄さにビックリ!!これほど消耗してたとは!!?

充電後の持続時間も大幅にアップ(今までは2~3分で切れてたのが10分以上もつ)!!!

最悪、新品購入も考えてたのでこれは嬉しい誤算?!

なんでも我慢して使えば良いってもんじゃないってことを学んだ出来事でした。


学んでも・・生かさないとなんにもなんないけどさー(自爆)

クレマチス・モンタナ

Yamaさん、コメントをいただいたのでついでにこれも見てください。

どうやって写真を送ろうかと思案してたところです、言い訳じゃないけど、最近は写真用のプリント用紙が売ってないのですよーWhy??

多分・・こういうネット上のアルバムとかテレビのHDに保存する人が多いのかと(想像の域を出ませんが)。


それはさておき・・うちのクレマチス・モンタナさんを紹介しますね、元気でしょ??

IMG_2800.jpg

IMG_2798.jpg


元気すぎて・・となりの藤棚のツルと絡み合ってケンカするので切ってるのですが、これが何度切っても新しい脇芽が出てまた伸びてくるのでキリがない!!

こういった場合は放って置いた方が良いのかしらん??

と、思いつつ通行の邪魔になるので切ります・・切るの好きなんです。


この冬は支柱から外して地べたに寝かせて越冬させる予定にしてますが、それで来年は咲くと思うのですよ・・甘い??

思うに・・これまでは冬の間も支柱に絡ませたまま野ざらしでしたから、寒さで地上部分が枯れたのだと、

地下部分は雪が積もるので凍らないのですよ、それは今までの経験で知ってましたが・・

クレマチスは今までも何度も作ってはダメにしてるわたしですから・・結構難しいんですよね?


そうでもないって言われるかしら??

物語の中へ

夜明けの舟夜明けの舟
(2006/10)
山本 音也

商品詳細を見る


「人は化けもん われも化けもん」で第9回松本清張賞を取った作家の書き下ろし作品です。

56歳、銀行員としての地位を確立しながら二人の女に惑わされる男の心模様が怪しく描かれます。

ちょっとした官能小説ですね・・圧倒されました。

実在の歌人なのでしょうか・・中城ふみ子歌集というのが出てきます。

この歌人の生涯も激しくて哀しい、短いけど凝縮された一生だったような・・

それを物語に取り込んでドラマチックに盛り上げていく様子が勢いがあって引きこまれました。


56歳にもなって・・と、女の私は眉を顰めながら、でもちょっと羨ましい気もするのです。

上記の松本清張賞をとった作品というのも読んでみたい・・歴史ミステリーらしいです。







花晒し―北重人遺稿集花晒し―北重人遺稿集
(2012/04)
北 重人

商品詳細を見る



遺稿集というタイトルに気が付いて後書きを読むと、1999年に新人賞を受賞したと有るので、このころのデビューかと・・

そして2009年に逝去・・・わずか10年余りの作家人生だったのか。

他の小説は読んでないので知らないけど、本作は時代小説集です、

女だてらに元締めという仕事を受け継いだ右京という女の周りに集まる男衆が、みんな粋で正直で正義感が強くて

良い味を出してます。

この右京さんを中心にしていろんな事件が起こり、それぞれの解決策があって・・

中でもタイトルにもなってる「花晒し」では、お上に訴えても咎めなしとなるだろう、旗本のバカ息子の女遊びに

懲らしめの罰をと考えたのがその花晒しの刑だった。

今の時代でもあるけどね、こんな軽い罪で済ませたら被害者は泣くに泣けないだろうなーってことが、

特に性犯罪とか酒酔い運転の常習犯にはこういう刑が効くのではないかと・・常日頃うっぷんの溜まってる私は思うわけです。

市井に生きる名もなき人の声を掬い取ってくれる、そんな味方が一人でもいるとどんなにか良いでしょう。

時代劇を読むと現代の今の社会は何かを失ってきたなーと実感させられます。

それほど今は酷い時代です。


悪役

昨日は雨降りで外での仕事もできず、ずっと本ばかり読んでたけど・・

目も疲れるし飽きてきたのでテレビでやってた昔のサスペンスドラマを見てました。

松本清張原作の「喪失の儀礼」というドラマで、火野正平さんも出てるのでどんな役かと見てたら、

やっぱり悪役でしたねー、しかも女にだらしのない役で犯行の片棒を担いで、揚句には殺されてしまうという、一番嫌な役でしたよ・・。

悪役ばかりなので自分は疎まれてるんじゃないかと思うと言ってた火野さんですが、なるほど嫌な役、カッコ悪い役が多いですね。

なんでも・・厄年の時期には8回ほど殺される役ばかりだったそうで、高い崖から落とされるシーンもあったそうで、

高所恐怖症を発症した今では絶対にできない役でしょうね。

役者というのは体力あっての仕事でまさに体を張って自分をさらけ出すようでなくちゃ出来ないでしょうね。

昨日のドラマではお風呂場で死体になってましたが・・気の毒でした。

でも、良い人ってのも似合わない役だから仕方がないのかも??(笑)


今はお休み中の「こころ旅」ですが、この番組で見せる火野さんとはまるで真逆な役どころのドラマは、見てる人に誤解を招くことも多かったのでは??

なんてことを思いながら複雑な思いで見てましたがね。


さて・・9月24からその「こころ旅」の秋シリーズがスタートします・・待ちに待った番組のスタートです。

http://www.nhk.or.jp/kokorotabi/

その前日にはスペシャル版も放送予定とのことで楽しみです。


こないだの総合テレビ「夕どきネットワーク」でちょっとだけ旅の様子が出てたけど、

その時に別の旅番組も紹介されてたのを見て・・あぁー「こころ旅」の良さはこれかな?って思ったんです、


それはいつも火野さんの周りにはスタッフが居てその仲間意識が強いんだなーってことでした、

食べる時も走る時も何かをみつけた時にも・・傍にいるスタッフに声をかける火野さんは、他の旅人とは意識が違うんだなーってね。

それはやっぱり年齢を重ねてきて若いスタッフを思うように動かせることができるってのもあるし、自転車で5台並んで走る旅ならではの連帯感からくるものなのかもですが・・

それでも自分が主役だと思えば自分しかテレビには映らなくて良いと思うのがこれまでの旅人だったと思うので、そういう中で「こころ旅」はとっても見ていて新鮮でしたよ。

BSだけで放送するのは勿体ないような良い番組なんだけど、NHKさんはこの番組をあまり評価してないようで・・

再放送が朝の5時からだったり、深夜の3時からってのもあるし、・・「ゆうどきネットワーク」に出ると告知しても変更されて出なかったりと・・まあ、予定は未定ですから仕方がないんですけどね・・

あまり良い気持ちはしないのが本音です。

ブログでもそんな意見があったりするけど・・皆さん、大人しいですねー、あまり文句は言わない、

番組が見れるだけで満足ってことかしらね・・言ってもしょうがないし??


いつかは終わるんだろうな・・でも。

テベリ

斉藤和義さんの公式サイトより・・・テレビ出演が複数あるようです。

19日のアルバム発売に向けての営業活動でしょうか??

「1番ソングSHOW」 日本TV系
 放送日:2012年9月12日(水) 19:00~19:56
 番組MC:矢部浩之・羽鳥慎一

「ミュージックステーション」テレビ朝日系
 放送日:2012年9月14日(金) 20:00~20:54

「Music Lovers」日本テレビ系
 放送日:2012年9月16日(日) 23:30~23:55
  (新曲含め4曲演奏、ゲストラバーズにはリリー・フランキーさんをお迎えします。)

「ズームイン!!サタデー」日本TV系
 放送日:2012年9月22日(土) 朝5:30~8:00 (※6時台出演予定)
 (番組MC、望月理恵さんのコーナー“モッチーのよくばりエンタ”に出演)


※放送日等変更になる場合がありますので予めご了承下さい。


日本テレビ系が多いのはやはりミタの御かげ??

朝のワイドショー(Zip)でもよくPVとか取り上げてくれてるようですが、私はその番組は見ないのでまだお目にかかったことはないです。

この土曜日のズムサタはこちら北海道では6時半からの放送開始なので見れないかも??

ま・・見れなくても良いんですけどね、


昨夜はあまりにもヒマだったので斉藤さんのユーチューブを見て(聴いて)過ごしてましたが、昔の斉藤さんのイベントライブはコアーな選曲で聴いたことのない曲が多くて新鮮だったのを思い出しました。

「闇の告白」とか「天使の遺言」、キヨシローさんの「シュー」とか・・どれも秀逸でしたね。

それにしても「ずっと好きだった」の視聴者数が6百万人以上というのには驚いて・・つい、また見てしまった(笑)



マニッシュ・・イマイチ・・オバサンにはあの不規則な演奏はよくわからないし、先が読めない面白さも感じる年頃ではないってことで、失礼させていただきます。

あのセッションというやつはやってる本人が一番楽しんでるようで・・見てる方が置いてけぼりになることは避けたいものですよね。

いえいえ・・決して皮肉ってるわけでは・・ただ自分が付いていけないジャンルだなーと。


あ・・そうそう、和義さんの20周年特設サイトで2枚のアルバムの視聴ができるそうですよ、


『斉藤和義20周年キックオフサイト』

http://www.ks20.net/


是非、聴いてみてください。


あ・・因みに、タイトルの意味は幼児言葉でテレビということです。

幼児言葉って好きなんですよ~~変??





甘えた

犬や猫が普段とは違う行動をするとなんとなく落ち着かない気分になるわたし、

気の所為とは思うけど・・何かを言おうとしてるのでは??

なんて考えすぎだよねー、でも気になるんです。


たとえば、麦がやたら口をぺちゃぺちゃと鳴らしてたりしゃっくりが止まらなかったりするとジッと見ていたり、

そういえば、先日の事ですが・・それほど暑くもないのにゼーゼ言ってたので何かな??と思ったらトイレを我慢してたみたいで、玄関に出るか出ないかでもうオシッコが漏れてましたー

あの時は焦った・・間に合わないかと思ったもん、

きっと・・この頃キューリがたくさん採れるので麦にもいっぱい与えてたから、その所為じゃないかと思い、それからはキューリを控えて与えてます。

キューリは殆どが水だもんねー、私もよくトイレに行くし・・苦笑。


昨日はカッチがやたらわたしに纏わりついて・・ベタベタくっ付いて離れないから困ってしまった、

ご飯をやっても半分くらい食べて残すし・・その残りをトメが食べてたので変だなーと思ったのだが、

どっか悪いのかな??また肛門腺かな??と思ってお尻を見てみたり・・熱があるのかなーと心配でした。


今日になって普通にご飯も食べるし、トメと遊んでるみたいだし、なんでもなかったのかーと、一安心したけどね、

昨日のあの甘えたは何だったのか??ただのぐずりん坊だったのかな。


そんなカッチくん、なんにでも入ってしまう・・名人??
IMG_2769.jpg

IMG_2771.jpg

IMG_2773.jpg


資源ごみ入れの段ボールにも無理やり・・

IMG_2777.jpg

IMG_2778.jpg

IMG_2782.jpg


入って何をするわけでもない・・ただ入ってみて確かめる??入り心地を??


はこの段ボールを噛み千切るのが好きで、資源ごみの日に段ボールをたたんでると、

傍で目をキラキラさせて期待して待ってるので仕方なく切れ端を分けてあげるのだが・・

そのボロボロに千切った切れ端を片づけるのは飼い主なんだよー・・

麦のヨダレでベトベトきっちゃないんだよー・・


そんなわけで・・だから我が家では段ボールが必需品なんです。


重陽の節句

急に涼しく・・・っていうか寒いかも?

半袖ではちょっと・・ってな感じですが、動いてるとちょうど良いのよねー、動いても汗が出ないなんてこのところなかったから・・。

お昼の天気予報では気温が20度以下でしたから・・しかも雨が降ったり止んだりして暗いです。


今日、9月9日は重陽の節句というのだそう・・

スーパーのチラシに載ってましたがね、それによると菊に長寿を祈る日とされてるそうです。

また古くからの言い伝えでは、秋の収穫が行われる時期でもあるために「栗の節句」とも言われていて、栗ご飯などで節句を祝ったんだそうです。

そんなチラシの言い伝えを読んでたら急にお腹が空いてきたような・・食欲の秋ですねー、ぐぅ~~


我が家の秋の収穫は今のところブドウとブルーベリーが豊作でリンゴは不作ってな感じかな・・

リンゴは虫がついて全部ダメみたい・・消毒するのをサボってたからかな。

あんまり薬は使いたくないのでね・・


ブドウはまだ実が青いです、

IMG_2765.jpg


キャンベルはちょっと黒い粒も見えてきたかな?

巨峰はまだ10月末~11月頃にならないと色づかないだろうな。

ブルーベリーは大豊作で、今年はもう2キロくらいは採れたと思うが・・

IMG_2738.jpg


毎日採れたのを量っておけば良かったなーと今頃になって思うけど・・ヨーグルトに入れて食べたり、そのままぽいぽいと口に入れたり・・今日も美味しくいただいてます。

目に良いと言われてるブルーベリーだけど、私の眼はまるで良くはならないんだがなー、もう遅いってか??


秋と言えばコスモスだけど・・この頃のコスモスは夏の暑い盛りから咲いてるようで、開花時期がずれてきてるのかも。

このコスモスはいつも夕方に散歩する川沿いの土手に咲くもので、誰かが手入れしてるのか、それとも自然にタネが広がって増えたのか?

IMG_2754.jpg

IMG_2755.jpg


ちゃんと倒れないように柵が拵えてあって綺麗にしてある。


この夏は暑くて犬の散歩も夕方5時過ぎにならないと出られないような炎暑が続いたが、さすがにこの頃は日足も短くなって秋の気配がしてなんとなく寂しい。

今日みたいな涼しい日にはあの汗だくで歩いてたのがウソみたいに思えて・・もう懐かしい気さえする。

IMG_2753.jpg


収穫といえば・・まるっきりあてにはしてないけど、西日除けに買ったゴーヤの鉢植えは、

まるで大きくならず・・実は着けるんだけども小さいまま爆発してしまった・・オヨヨ。。

こんな風に小さいながら立派な実を着けてたのだが、
IMG_2725.jpg


これこのとおり・・下の部分から裂け目ができて割れてしまったのだ、

IMG_2744.jpg

しかも色まで黄色く変色して気味が悪い・・赤いのはタネだろうか?
IMG_2750.jpg


この色はもしかしたら熟した色なのか??そしてタネができたのか??

なんせゴーヤは初めての栽培なので知らない事だらけ、これも経験のうち??

本当は窓いっぱいに葉っぱが茂って実がたわわに実るのを想像してたのだが、甘かった??

ゴーヤは苦いんだけどね(笑)

あなたがいる場所

沢木耕太郎さんの短編集です。


あなたがいる場所あなたがいる場所
(2011/04)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る



以前、NHK-BSの番組「週刊ブックレビュー」で紹介されてたのを見ましたが、みなさんの合評では大変好評だったように覚えてます。

読んでいて意味不明な箇所も何度かあって、これはわたしの読解力のなさ所以でしょうか・・。

わざとぼかしていろんな解釈を引き出させるようにしてるのかもですが。


苛めにあってる中学生が身に覚えのないことで謝罪させられるシーンにはもっと救いが欲しかったなー、

なぜ白いハトを助けに走るのか・・カラスが白いハトを攻撃するというのは本当の話なのか?

そのへんの心理描写がよく理解できなかったです。


いつもバスの中で会う女性の髪の毛にみとれていたら気づかれてしまい、

そこまではわかるけど・・そのあとの発展がちょっと無理があるような??考えすぎかな。


「天使のおやつ」では遊具から落ちて死んでしまう子供の両親のはなしなんだけど、あまりにもあっさり死んでしまい唖然としたが・・遊具を壊すシーンはなんかやっぱり腑に落ちないなー。


一番好きだったのは「銃を撃つ」というはなしで、思いがけずいつもは乗らないバスに乗ることになり、そのバス停で以前同じクラスだった子とばったり遭遇してしまい、最初は気まずかったけど会話していくうちに昔の誤解が解けていき・・

あることで意気投合して、ポストに向かって銃を撃つというわけです。


「ピアノのある場所」というのは、よくある他人の庭は良く見えるってはなしで・・

小さい頃よくよその子に生まれたかったなーという憧れみたいなのがあって、よそのお宅に伺うとやさしいおかあさん、おとうさんが居て羨ましかったという、誰にでもある入れ替え願望ですかね。

それと引っ越しが決まって最後に遊ぶと約束してたのをすっぽかされた寂しさ、裏切られた悲しさみたいなのがよく伝わってきて、本当に自分と重なってしまうストーリーでした。



自分がいる場所は今はここ・・ここに根を張ってしまったかな。

佐野洋子対談集 人生のきほん

最近はよくお名前を知ってる方が亡くなることが多くて・・それだけ自分と一緒に生きてた人の訃報が多いということか?

そんなこともあってか・・この方はまだご存命だったかな??なんてお名前を見ながら思うこともしばしば・・。

テレビに出てる昔懐かしい俳優さんの年齢を数えながら、生きてると何歳??なんて不謹慎なことを考えてる。


著名な方は新聞で訃報を知ることができても、いつの間にか消えてしまったタレントとかは死亡広告もないまま忘れ去られるのかな。


そんな中でこの作家さんは近年はエッセイストとしての才能を発揮して、むしろ絵本作家としての影は薄くなってるように思うのは、絵本を読まない私の勝手な思い込みだろうか。



佐野洋子対談集 人生のきほん佐野洋子対談集 人生のきほん
(2011/02/04)
佐野 洋子、西原 理恵子 他

商品詳細を見る



亡くなる少し前に対談されたのをまとめた本のようで・・続編も用意されてたとか、

もっと生きているつもりだったのか・・命惜しみのない最後だったようですが・・

そういう最期のあがきみたいなのは微塵も感じさせない朗らかな対談でした。


西原理恵子さんもリリーフランキーさんも、そして佐野洋子さんも同じ武蔵美術大の出身ということですが、いわゆる画家らしい画風ではなく、どちらかといえば漫画ちっくな画風だと思う。

特に西原さんの絵は最初に手にしたときはどぎつい色に閉口したものだが、内容の面白さに我慢して読んでるとそれも気にならなくなってくるから不思議だ。

西原さんは根っからの自由人ですねー、糸の切れた凧みたいに何処までも流れていきそうで見てると恐いくらいだけど、ジッとしてると死んでしまうタイプなのかも。

リリーさんは「東京タワー」で一躍有名になって、230万部だかの大ベストセラー作家になりましたが、いろんな肩書きがあるのは昔から一定の職に着かなかった名残らしいです。

人生、安定してはダメだってことですかね??

佐野さん自身もお金は無くても良い・・と思うタイプらしく、それでも勝手に意図せずに入ってくるというから、これも羨ましいはなし・・

だがしかし、本人にその才覚があるから芽が出て花が咲いて大きな実りになるんだろうな。

期せずして売れたという絵本にしたって普通の凡人には書けないストーリーだったり絵だったりするのだから。


対談を読んでいて、佐野さんが繰り返し言っている母親との確執はもう佐野さんのテーマみたいなもので、そこから離れることはないのだろう、

誰にでもある・・これだけは許せないとか、今でも脳裏に焼きついてる映像は、時々現れては忘れることをさせないで重たいしこりになってるようで、それに拘るパワーに増すばかりなのか。


「人生のきほん」なんてサブタイトルもついてるけど、それらしいことは言ってるのかしらねー?