総合TVでも


NHK-BSで放送してた「日本縦断こころ旅」のスペシャル版が総合TVでも見れるそうです。

まだこの番組を見たことのない方は是非!!


旅人、火野正平さんの好き嫌いは別にして・・

旅の番組としては今までにない作りになっていて、とてもいい内容だと思います。



 総合テレビ 4月1日 深夜

  24:10-25:09 ※日付が4/2に変わってスグです!



「お引越しスペシャル」
と題して、番組の時間割が変わるのをお知らせしながら、

これから始まる新しい旅をよろしく~と、宣伝する予定?


ただ、時間が遅いのがネックかもですね・・


因みにこの番組の本も発売されます。

http://tkj.jp/book?cd=01973601


スポンサーサイト

終わりがあって始まるもの

このところ4月からの番組改編により終了する番組がたくさんあって、こんなに長年親しんできたものがあっさり消えてしまって良いものかしらん??

中でもクラシックファンの間で不満が出てるらしい「N響アワー」の終了はもったいないと・・クラシックファンではなくても思う。

そして先日は「週刊ブックレビュー」も最終回とのことで今までの総集編をやってましたが、これまた楽しみにしてた番組の終わりに大ショックでした。

まあ、でも・・児玉さんの死去によってこの番組の魅力も半減したと言っても過言ではないと思うので、最近の司会陣には馴染めないものもあったしね。


あと、意外に面白かったのに・・「カシャッと一句・フォト五七五」も終わったのねー、いつか自分も投稿したいと思ってたのに遂に果たせず・・ヒョエ~~


長い間生きてるといろんな番組に出会って、いつの間にか終わってしまうけど、残念に思うのはその直後くらいなのかな~?

いつの間にかそんな番組があったのも忘れて次に始まる番組を楽しみに待つようになるのかな?


でも、最近は若い人向けのお笑い系が出る番組ばかりで・・これにはいつまでたっても慣れないわたし、もう置いてかれ感が有り過ぎです。


四月から再スタートする「にっぽん縦断こころ旅」がなかったら私はどうするのかしらね・・はぁ~ため息。。

他に見るものがないからこの番組にすがるのか・・中高年には圧倒的な支持のこの番組の魅力って何なんだろう??

今日から始まる九州の旅、未公開シーン再編集シリーズを見て考えようかな。

5月ですって

滋賀・神戸と斉藤和義・ライブツアーが開催された今日この頃・・関西方面はもう春ですか??

そんなライブのあった夜に私は自宅で「オペラ座の怪人」をWOWOWにて鑑賞してました。

素敵な舞台でしたよ、ヒロインの熱唱と声量に圧倒され、怪人の悲運に絆されたり・・

ミュージカルはそれほど好きではないけど、この印象的なフレーズは好きで何度聴いても気持ちが高ぶる。

何を聴いてもわたしはどこかポップな曲に惹かれるようだ。



そんなジャパニーズポップな歌い手の和義君、この春の花粉症の症状はまだ出てないのかな??

オバサンはちょっぴり心配してますよ。


そんなこんなで長かったライブツアーもあと少しの日程を残すだけとなりましたね、


ツアーの合間に密かに敢行してたらしいレコーディングのあらましもどうやら公表されて・・

5月2日発売予定ときました。

やれやれ・・これでまた5月までの2か月間をモヤモヤした気分で過ごすのかな。


http://natalie.mu/music/news/66368


http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120319-919623.html


もうすぐ4月だというのに・・春は遠い先の事のようで、5月なんてまるで想像もつかないほど遠いのに、

でもきっとそれはあっという間に来てしまうんだろうな。

いつもいつも・・そうやって1年は過ぎていく・・。


イベントも新たに決定して・・こちらはもうすぐ、4月開催。


 「ICE Fes Vol.0~KM JAM 2012~」

日程:2012年4月8日(日) 17:00 開場 / 18:00 開演
会場:渋谷duo MUSIC EXCHANGE
チケット料金:¥5,000(税込) ※ドリンク代別・整理番号付 ※5歳以上有料
出演:ICE, Blind Headz

ICEバンド/国岡真由美(Vo) 山下政人(Dr) 小川真司(B) 田口慎二(G) 大石真理恵(Perc)
崩場将夫(Key) 柴田章子(Cho) 鈴木精華(Cho)
Blind Headz/国岡真由美(Vo) GRICO(Dr) KANAME(B) Curtis(G)

☆公演に関するお問合せ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999(平日15:00~18:00)



ICEの名前を聞くのは何年ぶり??

その昔、「気にするなよ」と言ってくれた宮兄ぃの顔がチラッと浮かびます。

どうなってるのか・・

とにかく寒い・・北風が容赦なく体を冷やし雲の流れが異常に思えるほど早い、

春分の日が真冬日だったのも札幌では42年ぶりとか・・すごい!!

このまま春は来ないような気さえするのはもう心がかなり凍えきってるからか、

少し薄手のコートもまだ出すのは早いようだ。


寒いと外出は極力控えて家で過ごすことが多くなり、そうなると本を読むか、今ハマってる編み物をするかしかない。

そうすると必然的に運動不足になり肩こりや胃の不調、疲れ目による頭痛などを引き起こすことに・・

そんな時にこの本を読んだものだからもう結果はわかりすぎる程なのに・・あぁ~、まったくもって懲りない自分め。


でも・・そうはいっても本には罪はなく?

いや、面白いってことはやっぱり罪なのか??

そんな本?です。

ミレニアム2 上 火と戯れる女ミレニアム2 上 火と戯れる女
(2009/04/02)
スティーグ・ラーソン

商品詳細を見る



ドラゴンタトゥーの女が今回は大暴れ、大活躍、とにかく出ずっぱりの大活劇を披露してます。

あろうことか・・死んだはずなのに生き返ったりして、そのストーリー展開にはビックリ!!

でも・・小説だから何でもアリ??なんだろうな。


そんなわけで、先が気になって途中で読むのを止められず、一気に読み終えた時は良かった~と満足してたのだが・・

次の日から体調は最悪になったのだった。


こんなこと何度も繰り返す自分ってつくづく学習能力に欠けてるなーと実感するのです。

弥生三月

3月に入っても寒気は一向に衰える気配もなく・・

朝夕の散歩もまだ真冬並みの装備で出掛ける日々・・さぶっ。。


雪の上でいつものようにコロコロと転がるは何を思ふのやら・・寝てる??

IMG_1370.jpg

・・起きた。
IMG_1371.jpg

たまにはキリリとした佇まいでも見せるか・・ってな風?
IMG_1374.jpg

公園に現れたアート作品・・作者不詳
IMG_1376.jpg

不思議な物体ふにゃもらけ?
IMG_1377.jpg

やや・・これはもしかしてOPPAI!?
IMG_1378.jpg

も興味津々ってな風で・・ゲージツだな~!
IMG_1380.jpg

白樺の枝も芸術気取り??変にポーズ決めてるような?
IMG_1387.jpg

うん・・これなんか手のひらを広げたロボットのような?
IMG_1389.jpg

下の幹はまっすぐで普通なんだがなー、何故に枝が曲がるのか?
IMG_1382.jpg


シジュウカラさんに訊いてみようか・・もしもし、そこのジェントルマン!
IMG_1388.jpg


公園の野鳥はそろそろ恋の季節かな・・。

この世界の片隅に

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)
(2008/01/12)
こうの 史代

商品詳細を見る


この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)
(2008/07/11)
こうの 史代

商品詳細を見る


この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)
(2009/04/28)
こうの 史代

商品詳細を見る


何かの新聞広告でこのタイトルとイラストを見て、素朴な絵柄に惹かれて読んでみたいな~と思ってたが・・

昨年の終戦記念ドラマとして放送されてたのは知らなかった。

知っていてもドラマは見なかっただろうし、こういう漫画の原作を役者さんがやってもまず、イメージ通りにはいかないから・・という先入観もあるし・・。


そんなわけで今年に入って町の図書館に入荷したのか、棚に並んでたので借りて読んでみることに・・。


なんとなく暗い話だろうなーと、勝手に想像してたが、

意外にもユーモアたっぷりで、貧しい中にも笑いがある家族の描写がとっても良かった。

それぞれのキャラクターも良い人、悪い人、癖のある人・・いろいろ出てくるけど、

それが人としての魅力にもなっていて・・どこかしら良い所があると言いたいのだろうか。

シビアーな話も多いのにこの主人公のキャラクターが醸し出す滑稽さ、ゆるい言動やら失敗談など、

どこからこんなギャグが生まれるのか・・と不思議な気もする。


最後はなんともほっこりする締め方で・・あの当時町に溢れてた孤児達のことを思って涙した。

変わった描き方なのだろう・・最初はうまく入り込めなかったから、

ただその癖を覚えてしまうとあとはスラスラ読めるが・・心理描写の細かい場面が時々わからないこともあった。

そういう時に説明なんかしないのが良いのか・・その辺は、人それぞれなんだろうね。

読む人のイメージに任せるってことなのかな。

洋楽主義@WOWOW

バック・トゥ・ブラックバック・トゥ・ブラック
(2009/03/04)
エイミー・ワインハウス、ゴーストフェイス・キラー 他

商品詳細を見る



先月のグラミー賞発表に合わせて特集してた洋楽主義という番組で、前から気になってたエイミー・ワインハウスのライブやPV集を見た。

因縁の27歳という年齢でアルコールが原因での急死だったのも記憶に新しいが・・

彼女の声が好きで・・ハスキーなソフトボイスがいい。

自分ではジャズ歌手と言ってるようでそんな雰囲気は感じるが、見た目のケバさとか立居振舞の危うい感じとかがどこかパンクっぽい感じもする。

ライブハウスでのライブではお酒を飲みながら・・それも足元にグラスを置いて歌いながら飲むのには呆れたが、

ファンにはもうお馴染みのシーンなのかな??


最後の方では顔も紅潮して座り込んだりしてたが・・歌はしっかりしてた。


地名は忘れたけど、どこか離れ小島にある教会で、ギターとベースだけのバックでやったライブは良かった。

ギターとベースだけであんな風に歌えたら気持ちいいだろうな・・それにしても上手いなぁ~と思った。

彼女もその日は調子が良いのかとてもリラックスしてたように見えたが・・

小さな教会でおそらく100人も入らないようなスペースだったが、音も良かった。

向こうのお客さんは本当にマナーが素晴らしい・・これはいつも思う事だが。


拍手のタイミングとか盛り上がる場を知ってるというのか、とにかく見ていて落ち着く。

比較しちゃいけないんだけどね・・どこだかの国と。


う・・とにかく、声というのは持って生まれた才能というか、努力しても作れないものだと思うから、

もっとこの声を聴かせてほしかったね。


彼女のように自分の身に起こった出来事を歌にする人は、何か話題作りをしてでも曲を作りたいと思うらしい、

そんなことから彼女の不幸は生まれたのかも。

ミレニアム

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上
(2008/12/11)
スティーグ・ラーソン

商品詳細を見る


ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下
(2008/12/11)
スティーグ・ラーソン

商品詳細を見る


上下2巻のうち上巻が入り難くてかなり端折って読んでしまったが、中身が3パターンの事件を同時に扱ってるようで、頭が混乱してしまいそう・・。



それでも下巻に入ってもなんの支障もなく読めたので、まあ・・あんな読み方でもいいのかな??

登場人物の名前が似たような・・スゥエーデン人の名前って似てるのかな??

とにかく人物名が頭に入らなくて混乱してしまった。


すごい残酷な猟奇的連続殺人事件の描写がエグイ・・最近の小説のテーマは段々とエスカレートしてくようだ。

映画の中で主演のダニエル・クレイグの役がリンチに遭う場面は、彼の出ていた「007シリーズ」でのリンチ場面と重なって・・この俳優さんは裸で苛められるシーンが似合う??上手いのか??なんてことを思ったりして・・失笑。


彼の相棒の、体つきは少女みたいだが、ある特定の事柄に特殊な才能を持つドラゴンタトゥの女がどこか影があって、キャラ的に好きなタイプだ。


このシリーズは第3章まで続いてるそうだが・・続きも読んでみたいような、

最後の気を持たせるようなシーンがズルイと思った。

これじゃ次回作も読みたくなる・・。


なんとこの作者さんはこの本が出版される前に亡くなってるとかで、大ベストセラーになったことも知らないままだったそう。

そんなことも話題になった一因なのかな。




ちょうどいい

  
  流れ星 新幹線 ダルビッシュのストレート オヤジの寿命

  首相の任期 落ちてく夕陽 夜明けのポルシェ 世の中の流れ

  みんな早いね 急いでるね  どうしてなの? お先にどうぞ・・

  俺はこれが良いさ  このまんまがちょうどいい

  風にあおられたり  風に押されたり




「日本縦断こころ旅」のサウンドトラックに収められたこの曲は、旅人、火野正平さんの作詞によるもの、作曲は番組のBGM担当、平井真美子さんによるもの。


自転車に乗りながら時々口ずさむシーンがあり、へえ~、歌うんだ・・と思ってたら、

なんとアルバムも出してるんだとか・・へえ~~と再び思った次第です。

アマゾンで検索したら2枚のアルバムが出てたけど、一枚はカバーアルバムで、女性歌手の曲をカバーしたものです。

「雨」「ごめんね」「メロディー」「ランナー」など収録・・

アマゾンには在庫はないようですが・・視聴はできるようです。


森高の「雨」という歌は番組の中で雨が降るとよく口ずさんでます。

自分の持ち歌も時々披露してるようですが、私はよく知らないので、熱心なファンのカキコを見て知ることが多いです。


そういえば・・この番組を熱心に観るきっかけとなったのは、彼の歌を聴いたからなのかも・・。

それは確か新潟の海岸で暗い日本海を見ながら火野さんが突然のように・・

  
  海は荒海 向こうは佐渡よ 

  スズメ鳴け鳴け もう日は暮れた




と、歌いだした時のなんとも言えない感動が今も忘れられないのです。


この番組では旅の目的地に着いてから、投稿者からのお手紙を読むのが最後の見せ場となっていて・・

その手紙の内容と相まって、日本海の景色を見ながらの「砂山」は本当に感動的でした。

その後も歌う場面は何度かあったけど・・やはりこの「砂山」が一番印象的で・・

段々と歌うのを期待して見てることもあるかなー。


この番組が受けた一番の理由は意外性の連続だったことじゃないかな、

いろんな意外性が挙げられてるけどね・・どうして彼を起用したのかから始まって、すごく物知りだったり・・地図の見方が上手だったり・・ホント、いろいろです。

どうしてあんなサルみたいな男がモテるのか・・この番組を見て分かったという意見も多いです(苦笑)


最初の旅は長崎でしたが放送が深夜だったこともあり、見てなくて・・あとで再放送があって見れたけどね、

それくらい興味の程は低かったんだけどなー、なんでだか・・いつの間にか見るのが楽しみに。

普通のよくある旅番組とは違う点も好感が持てるのかな・・


図々しく他人の家にお邪魔したり、バックのナレーションがうるさかったり、感動させるようなシーンがわざとらしかったり・・と、そんな旅番組に辟易してました。


これだけ評価が大きいと今後の放送にも厳しい目が向けられそうですが、春の旅は被災地にも行きます。

そう・・あれからもう一年になるのです。




オークション

斉藤和義さんの愛用ギターを売って被災地の学校にギターを贈るためのオークション、その1回目が昨夜終わって結構な金額・・450万??だか集まったのかな?

とは言っても、支払いはまだこれからなので・・高額落札者は今から金策に走ったりしてね・・

いやいや・・そんなことはないですよっ!!(失礼しました)


2回目は3月11日からだそうです。

http://www.jvcmusic.co.jp/saito/guitar/


ちょっと先の話ですが、キヨシローさんの命日にあたる5月2日に彼のカバーアルバムが出るそうです。

それに斉藤さんも参加してます。

http://smash.music.yahoo.co.jp/top/20120305-00000000-natalien/


ところで・・

今朝のY新聞に斉藤さんの武道館ライブレポが載っていて・・ビックリ!!

昨日だったかのツイッターで夕刊に載ってるという情報があって、夕刊は見れないんだな~と思ってたところだったので、得した感じ。

結構ツボをついた記事でこの方はよく音楽をわかってるな~と嬉しくなり、何度も繰り返し読んでしまった。

こういう風に理解してくれる音楽関係のライターってあまり居ないんですよね、だからなおさら嬉しかったです。

記事をデジカメで撮ってみました・・読めるかな?



こころ旅SP


以前にここでも書いた「こころ旅」の時間変更、未だに残念に思う意見が多くて・・

どんだけこの番組依存症なんだー!!って思うわたしですが、

録画機器のない方たちにとったら必死なのかな??


それに加えての再放送のスケジュールが昼間の時間帯になり・・またまたクレームがくるのではと、スタッフならずとも怯えてしまうね。



秋の旅のスペシャル版の再放送と、九州の旅の未公開映像の放送時間が発表になってます。


http://www.nhk.or.jp/kokorotabi/



それプラスの「お引越しスペシャル」もあるんだそうで・・

今回の時間変更に対するクレームへの埋め合わせとも思われるサービスぶりじゃない??

深読みですかね・・


ま・・それだけ、今は夜のテレビ番組がつまらないからね、

如何にこの番組が一家団欒のきっかけになったかを言う人が多いしで、諦めきれないのでしょう。


早く新しい時間帯の放送に慣れるといいけどね。


気になるのは、今まで「こころ旅」を放送してた時間帯に何が始まるのかってことで・・なんだろね??

よっぽどいい番組でないと承知できない??


なーんか言ってみるだけでさぁ。

滑る~~^^;

寒気が緩んで日中の気温が7度にまで上昇し・・

落ちそうで落ちなかった屋根の氷付き雪塊もあちこちで落ちていて、道路は解けてザクザクになり、車のハンドルも自由にならないような・・そんな日があった翌日は、また大変なのだ。

解けてザクザクのまま朝晩の寒さで凍りついた道路は歩きにくいことこの上なく・・まるで山岳地帯の雪山登山のようだ。

そして今朝になってのうっすらと積もった親切・・いや、「新雪」は親切なんかじゃなくて余計なお世話なのだ。

ガタガタの凍りついた道路に降る粉雪ほどやっかないなものはない、

今朝の散歩はまさにそんな状態の道路だった・・


思わず口をついてでるのが・・いや~、滑る・・滑るから引っ張らないでーー

コラー・・麦ってば、おっかないんだよぉー涙。。


と、愛犬に文句を言いながら悲鳴を上げて歩いてる妙齢のオバサン一人・・誰も歩いてないから良いけどねぇ・・恥 。


そしてやはり暖かくなってくると気になるのがコートの汚れで、今年は寒気がハンパなく毎日のように氷点下20度以下の朝だったから・・

ダウンのコート、これが一番暖かいコートなのだが・・このダウンコートの出番が多くて毎日のように着てたから汚れが目立つ。

目立つんだけど・・袖口とか裾周りが主に汚れてるみたいで、こんな風に部分的な汚れでもクリーニングに出した方が良いのだろうか?

と・・そんなことで悩んでるのでした。

皆さんはどうしてるのかな??

ま・・でも、着る機会が多いのと少ないのとでは違ってくるし、綺麗好きな人は一度着ただけでもクリーニングに出すのかしら??


3月に入って三寒四温みたいな、気温の変化も激しいので、毎日着るコートは厚手のコート、薄手のコートと、丈の短いのと・・今は3着のコートを変わりばんこに着てる毎日、

外に出てから思ったより寒くて失敗した~~ってことは数知れず・・でも、戻らない、面倒だもの。

帽子もそろそろ一重の薄いので間に合う日が多いかなー、

今までの帽子だと帰る頃には汗だくになってたりするから・・。


そんなこんなで春の気配はちょっとだけ・・してるかな。


アップアップ・・

斉藤和義さんの公式HPにて・・ツイッター情報にもありますが、


テレビ出演・・と言っても有料放送ですが、ありますです。



 「Char meets 斉藤和義~TALKING GUITARS~」
    CS放送フジテレビNEXT 2012年4月8日(日) 20:00~21:30
 

☆番組ホームページ http://www.fujitv.co.jp/otn/char_guitarmuseum/

「こちらは90分の番組なのですが、次から次へと出てくるギター・エフェクター話や和義さんの音楽遍歴などに話が弾み、気がつけば収録時間は4時間を越えてましたね。
もちろんギターセッションも行い、これは必見の価値アリ!です。」

とのことです・・煽ってます??(笑)


え・・それで、和義さんはツアー中にも関わらず、イベントにも出てまして、スタッフのレポがアップされてるのに気が付かず・・今頃の掲載に。


「CHABOの恩返し」FAINAL

SET LIST
M1 Summer Days
M2 アメリカ
M3 ウサギとカメ
M4 ギター
M5 うぐいす
M6 Are you ready?
M7 やさしくなりたい
M8 ずっと好きだった
M9 ボクと彼女とロックンロール
M10 猿の惑星
M11 I Love Me

アンコール 仲井戸"CHABO"麗市、斉藤和義
M1 アドリブブルース
M2 ギブソン with 真島昌利
M3 I SAW HER STANDING THERE with 真島昌利
M4 男節
M5 上を向いて歩こう
M6 歩いて帰ろう with 奥田民生、浜崎貴司、寺岡呼人、YO-KING、Leyona


「アンコールの最後には「CHABOの恩返し」の歴代共演者が。。。
奥田民生さん、浜崎貴司さん、寺岡呼人さん、YO-KINGさん、Leyonaさんが集結し、「歩いて帰ろう」全員で演奏。圧巻でありました。」

とのこと・・余談ですが、「僕の見たビートルズはテレビの中」をカバーしたチャボさんは、「僕の見たビートルズは武道館!!」と歌詞を変えて歌ったそうです。


そのあと大阪城ホールでのライブがありましたが、ここには鶴瓶師匠小藪さんが見に来てたようで、楽屋での記念写真もアップされてました。


翌日は・・シークレットゲストでの、

笑福亭鶴瓶師匠の「無学の会」への出演がありました。


「こちらは鶴瓶師匠が六代目笑福亭松鶴氏の住居跡地に建てた寄席小屋を利用し、落語会や演芸、コンサート、トークライブなど、毎月1回秘密のゲストを招いて行うイベントで、今回はその秘密のゲストが和義さんでありました。

ちなみにこの日、師匠はツアーの新アイテム。オオカミTシャツを着てらっしゃいました。」

とのことです。


SET LIST
M1 ずっと好きだった
M2 ウサギとカメ
M3 空に星が綺麗
M4 やさしくなりたい
M5 ウエディング・ソングwith鶴瓶師匠
M6 ギター
M7 歩いて帰ろう


このところスタッフの現場レポが遅いようで・・何かまた企んでるのかな・・って勘ぐったりしてます。

新曲情報なら早く聞きたいな・・。



そして最後に・・

ずっと前にここで紹介しようと思ってたのですが・・

2月19日、渋川での和義さんライブ当日の一倉宏さんのブログです。

http://1-kura.com/blog/blog_ichikura/2012/%e3%81%a8%e3%81%8d%e3%81%a9%e3%81%8d%e3%80%80%e6%99%82%e3%81%af/


巡り合わせの不思議。