新顔

野鳥に関心を持つようになって図鑑も買ってかなり鳥の名前も覚えました。
いつも同じ野鳥ばかり見てるとたまに違う種類も見たくなります。

そんなわけで散歩の時に目を皿にして、あるいは単眼鏡を使って鳥の姿をウオッチングしてます。

そんなある日、いつもはマガモしか見ない川に見慣れないカモが飛んできて・・
なんとか写真に撮ったけど、ご覧のようにボケボケでした。
あとで図鑑で調べたらカワアイサというカモの種類らしい。

   IMG_6542.jpg            IMG_6541.jpg

頭が茶色でクチバシが細くて尖っていて白い部分が飛ぶとよくわかります。
別の日にマガモたちと一緒に川の浅瀬に居た時をパチリ!!
遠くてわからないですね・・
IMG_6554.jpg

IMG_6552.jpg
スポンサーサイト

赤い太陽

この大荒れの天気が来る前の日に見た太陽は真っ赤な色で、
4時頃だったので夕焼けの前触れなのか・・
それにしても何時もは太陽の周りが赤くなるのに、太陽自体が真っ赤で不思議な気がした。
あの太陽はこの大荒れの天気の予知だったのだろうか。

なんとかあの赤い太陽を写真に収めたいと思い何度かシャッターを切ったが思うような赤い色が出なくて・・
いろいろやってるうちに太陽が沈んでいって、あー・・もう駄目だと諦めてしまった。
その沈んで行く太陽の色がまた不思議でまだ地平線に沈んでいないのに下半分がグレーになり、
上半分が赤い色が残っていて・・なんだか気味がわるいような・・。

そのうちに全部がグレーになって沈んでいってしまった。

ちょうどこの信号の赤のようだった・・もう記憶が薄れてるが。

IMG_6591.jpg

吹雪再び・・

今朝からまた雪と強風で大荒れの天気になってます。

一度降りだすと止まらなくなるのか・・
今年は雪が少ないと言っていたのを聞いてたお天道様が収支決算でもしたのか。
こんなに暴風雪が続くと野鳥たちはどうしてるのかと心配・・

前回の吹雪が止んだ束の間の晴れの日に、
何時もの山の公園に行くと野鳥たちがいつになく活発に鳴きながら動き回ってました。

その中でも熱心に木の幹を突いてたゴジュウカラ達はこちらの視線も目に入らないのか、
忙しそうにあっちでコツコツ、こっちでコツコツと働き者ぶりを見せてました。

IMG_6605.jpg          IMG_6607.jpg


うちの畑のブドウ棚に時々リンゴやミカンを置いておくとヒヨドリが来て啄ばんでるのですが、
今年は食べてる気配がなくリンゴが空しく地面に転がってたりしてたので、最近はやらないでいました。
それでもこの暴風雪では食べる物に困ってるのではと思い、少々しなびたミカンがあったので半分に切って3個分くらい棚に置いたり木の枝に刺したりしてみました。

しばらくして用事があって外に行くとミカンが木の枝から落ちてるのに気が付き、
なんだ・・やっぱりしなびたミカンは食べないのか??
とミカンを拾ってみるとそれはミカンの皮だけで、
中身はきれいに食べてあって思わずニヤッとしました。

ヒヨドリかツグミか・・どっちかが食べたのでしょう。
気が付いたらツルウメモドキの赤い実もいつの間にか食べつくされていて、
黄色いヘタ(?)の部分だけが残ってました。

IMG_6606.jpg

カメラ目線か・・と思ったらちょっとズレてました。

残念・・。


(クリックすると大きい画像になります)



ガタガタ・・

大雪の後遺症は道路よりも私の体に残ってしまい、普段使わない筋肉が痛くて悲鳴をあげてます。

道路の雪は除雪車がアスファルトを削るくらい深く除雪した所為で殆ど解けました。
アスファルトが削られてるのを見るたびに私はなんだか割り切れないものを感じてしまいます。

それはさておき・・置いちゃうのか・・

今日もそんな痛い体に鞭打って除雪作業にいそしんでました。
ママさんダンプ(これって誰が命名したのかしらねー?なんでママさん??)を引いて雪を運ぶこと数十回、
歩数計を付けてたので見てみたら5000歩も歩いてました。

麦との散歩より長い距離を歩いたことに・・ビックリ!!
その麦は飼い主が必死で雪を運んでるのを窓から見て大騒ぎしてます。
自分も外に出て遊びたいとか・・そういうことを言いたいのでしょうが、
そんなことしたら邪魔で邪魔で・・そんなわけで、知らん顔して無視します。

どういうんでしょうね・・ママさんダンプに吠えて食って掛かるんですよ。
普通の雪かきにも敵愾心むき出しでかかっていきます。
ママさんダンプになにか過去に受けたトラウマがあるのか??
言葉が通じたら訊いてみたいもんです。

それにしても・・除雪車の通ったあとでこうやって体をスリスリして喜んでるのって訳がわからん

IMG_6599.jpg  IMG_6597.jpg  IMG_6600.jpg

Oh!! 猛烈!!

昨日から全国的に大荒れとニュースで騒いでましたが、この辺はまだ雪も少なく風もそれほど強くないので大したことにはならないだろうと夕べは安心して寝た。

ところが・・朝起きてびっくりした!!
窓にびっしりと雪が覆いかぶさって壁一面に雪が吹き溜まりとなって積もってる。
慌ててストーブの排気口を確認したが、あと10センチくらいのところで顔を出していたのでホッとした。

玄関に出てみるとここも吹き溜まりで半分くらい埋まっていてすぐには引き戸が開かない。
やっとのことで外に出たが・・家の前だけ雪が飛ばされたのか隣は平らなままで地面がのぞいてる。

夜中の何時頃だったか、除雪車が家の前を通っていく音が聞えたが、やはり除雪をしたらしくその痕跡があったので、その後また雪が降ってこんなに積もったということだろう。

うちの屋根はいつも一箇所だけ雪が吹き溜まりで積もるところがあって、今朝も1メートル位の雪が屋根に積もっていた。
これを手が届く範囲だけでも降ろすのが大変で、窓から外に出て長い雪かきで落としていく。
今日は日中でも氷点下12度と寒いのでこのまま解けずに凍ってしまうとやっかいだ。

せっかく昨日までの暖気で屋根の雪が全部落ちてよかったなーと思っていたのに・・
また振り出しに戻ってしまった。

結局除雪車はその後来てくれなくて・・今年初めての本格的な雪かきをしてやっと道がついた。

麦の散歩をしながら近所の様子を見に行ったが、まだ歩道の除雪をしてない所があって、車道を歩かなきゃならないところもあって、盛んに雪を積んだトラックが走っていた。

IMG_6595.jpg          IMG_6596.jpg


麦だけは嬉しそうだけど・・すっかり冬景色に逆戻りです。

冬の鳥たち

今年は雪が少なく吹雪きもあまりなかった穏やかな冬でした。
そのせいか野鳥の飛来も少ないようで、去年よく見たウソがまだ見当たらず寂しいです。
庭に置いたリンゴも誰も見向きもせず・・ヒヨでさえつつきに来ません。
(ボケたリンゴだから食指が動かないのか?

これはツグミ              アンテナに並んだキレンジャクの群れ

IMG_6144.jpg        IMG_6459.jpg

毎年顔を見せてくれるアカゲラは小さな体に似合わぬカーンという大きな音を響かせてます。

IMG_6407.jpg

ツグミはよくみかけます。
他の鳥が居ないからなのか・・鳴き声も結構バリエーションがあって、
「とりぱん」でよく描かれてるような間抜けで臆病なイメージはないです。

いつも木の上に止まっていて地上に降りてエサを探してるのは見たことないし・・
地方によってツグミの行動も違ってくるのかな。

もうすぐこの子たちともお別れです。

オジロワシ

雪の降る朝にみかけたオジロワシ・・まだ羽が成長してない若鳥のようです。

IMG_6534.jpg

カメラで撮ってると急に飛び立っていき慌てて撮ったらこれしか写ってない。
      IMG_6536.jpg


そしてこれは翌日みかけたオジロワシ・・上と同じ個体なのかはわからない。
この川にはいくつかのオジロワシが来てるが最近になってこのような羽のまだらな子が目立つ。
IMG_6563.jpg

どういうわけかこのカラスはずっとオジロワシのあとにくっついて居ました。
      IMG_6565.jpg

カラスに傍に居られると強いハズのワシでさえなんだか困ってるように見える。

春の嵐

最近やっと昼間の気温がプラスになって道路のアスファルトも顔を出してきました。
びっしり氷が張った川も徐々に氷が解けてきて流れもなんとなくゆるやかに感じます。

土手の上に積もった雪は先日来の暴風で吹き飛ばされたのか、今はすっかり平らになって歩きやすいです。

その時の風で飛ばされたのか、川岸のネットがなくなってました。
なにか、いつもの景色と違うな・・川の見通しがよくなったようだが・・
と感じてはいましたが、なるほどネットがなくて全体がすっきりしたようです。

でも危ないから川岸には近づかないで散歩してます。

 IMG_6268.jpg   IMG_6271.jpg   IMG_6098.jpg 

今朝のFM放送で

10時からの「メロディアスライブラリー」という番組で
武田百合子さんの『富士日記』が紹介されていた。
この番組は毎回小川洋子さんとパーソナリティーが1冊の本を紹介するのだそうです。

それで2月23日が富士山の日ということでこの本が取りあげられたのです。
小川さんは自分がもし死の床に就いたらこの本を枕元に置いておきたいと言ってました。
3食きちんと書いてあってその中に出てくる蒸かしパンなるものがどういうものかって思っていて出来るなら食べてみたいとも。

やはりこの番組でもポコの死について書いた箇所が取り上げられ、早く土の中で腐っておしまい・・というフレーズは愛犬家には堪らなく感動を覚えると。
私もトイレでその部分を読んで泣きましたもの・・トイレでね。

この本に出てくる音楽もかかってましたが、ビートルズやプレスリーの曲でした。
でもそれ以外にもクラシックの曲についても書いてあって、
それを流してくれるともっと良かったのになー。

あとこの番組の中ではこの富士山の山荘で家族三人で住んでいたと言ってましたが、
花さんはその頃は寮に入っていて一緒には住んでないと思います。
夏休みとかに遊びに来てた程度でしたね・・確か。

なんか最近この本についてのトピックが多いのでもしかしたら映像化されるのかな・・
なんて思ったりしてます。

リサイクル

要らなくなったベッドを大型ゴミに出そうかと思ったけど、
よく見たら分解できそうなのでバラバラにして取っておく事にした。
自分が年取って布団の上げ下げができなくて、ベッドに布団を敷きっぱなしになった時のことを考えて・・でもその頃には組み立てが出来ないかな・・

なんでも忘れてしまう脳に頼らずベッドの枠に組み立て方も書いておいた。
とはいえ本当に使うことになるのか自分でも半信半疑ではある。

そのベッドの下に敷いてたカーペットがネコのゲロやホコリで汚くなってたので捨てることにしたが・・
ただでは捨てない私のこと、くるくると丸めて置いてネコの遊び道具に再利用。
絶対にこの中に入って遊ぶ・・と思った予想は大当たり!!
まず入ったのはももちゃんです。

カッチは用心深いのか・・太めで入りにくいのか(笑)
なかなか入ろうとはせず、中に入ったももちゃんを見てるだけ。
まずは観察してみようということか??
IMG_6468.jpg       IMG_6470.jpg



ももちゃん、かなり気に入ってる様子でリラックスしてます。
このまま中で遊んだり外側は爪を研いだりして、ボロボロになったら捨てようと思います。
IMG_6475.jpg




嵐が去って

この2・3日は風が吹き荒れて日課の散歩もままならない。
いつもの川岸に行っても土手に上がる階段が雪に埋まり、足元がよく確認できないので、
麦に道案内をさせたが・・出来るわけないですね、ハイ!

高い土手の上に上った麦を下から撮ってみました。
お嬢様・・失礼、可愛いお尻が丸見えですね・・ププッ。

IMG_6255.jpg

あちこちの雪野原に風で折れた枝や木の葉が落ちて歩くのにも邪魔になるほど。
せっかく厳しい冬を耐え抜いてきたのに春の嵐にやられるなんて・・
自然はなんてシビアーで過酷なんでしょう。

そうそう・・今朝は川岸でチョロチョロ動く小動物を発見!!
カメラ・・カメラ・・と焦ってる間にどっかに行っちゃった。
むうーー残念、あれはイタチかな?テンかな??

てんでわからない・・いや、失礼。

音に敏感

麦は最近ピリピリしてます。

昼間の気温がプラスになると屋根の雪が解けて軒先に滑り落ちてきます。
そんな音に反応するのは犬だけでしょうが・・
人間にはなーんにも聞えない、しーーんとした家の中に冷蔵庫の音がブーーンと唸ってるだけ。

そんな静けさの中で突然寝ていた麦がガバッと起きて狂ったように吠え出すので、
本を読んでうつらうつらしてた飼い主は何事かとビックリ!!

屋根に向かって執拗に吠える麦。
また始まったよ・・何度言い聞かしてもやめないんだから・・


なんか上に居るんだよ・・怪しいやつが。ホラ~!
IMG_6391.jpg IMG_6393.jpg


だって・・しょーがないっしょ、なんでもないって言われてもさ・・
IMG_6394.jpg        IMG_6397.jpg


そして昨日は暴風が吹き荒れた日で麦にとっては一日中気の休まらない日でした。
私も風の音は怖いんだけどさ・・自然には抵抗できないもん。

歩いて帰ろう?

ナイス橋本さんって方の楽曲に斉藤和義さんの「歩いて帰ろう」がサンプリングして使われてるそうです。

『マイ☆フレンド』というタイトルでPVにも斉藤さんが出てるらしく某所で私も見て来ました。
ここです・・

にやけた斉藤さんが美女を両脇にはべらせて歩きギターをしてます。
必死に笑を噛み殺してる姿が可笑しい。

笑えばいいじゃん!!

鈴なり

この木なんの木気になる木~♪
これは枯れ木にスズメがたくさん成ったところです!

IMG_6162.jpg

夕方散歩に行くといつもこの木にたくさんのスズメが止まっていて、
それはまさにスズメが鈴なりに実ってるようです。

麦が面白がってスズメに突進していくので怒るのですが、
これは犬の狩猟本能なのか・・ただのイタズラっ気なのか??

スズメのスズって鈴なりの鈴なのかなーなんて下らないことを思ったのでした。


IMG_6161.jpg

(クリックすると大きくなります)

春は名のみの・・

公園の木々の緑は常緑樹でしょうか・・真っ直ぐな木はなんという名前なのか。
松の一種なのはわかるけど・・見るたびに見上げてしまう。

IMG_5918.jpg

この煙は製糖工場の煙突から昇る煙で、これを見るたびに安全地帯の曲を思い出す。
チョコレート工場のなんとかって歌。
IMG_6113.jpg

今朝も氷点下20度に下がって・・川霧が立ち上ってました。
もう見慣れた景色になりましたが。
IMG_6258.jpg

うんと冷えた朝は周り一面の雪野原がキラキラ輝いて眩しいくらい。
雪目になって目がチカチカするけど、歩きなれた道だから平気。
IMG_6366.jpg

昼間はポカポカ春の陽気だけど、明日はまた雪が降って荒れ模様になるとか。
行ったり来たりで春はやってくる。

ほっちゃれ

いつも行く散歩道にある大きな川には時々オオワシオジロワシがいて、
こんな川で何をエサにして生きてるんだろうと思ってたが。
先日読んでた新聞にその答えが載っていてなるほど・・と納得した。

それによると・・オジロワシやオオワシは海ワシ類といって海沿いに営巣して集団で暮らす。
秋口に産卵のため川に上ってくる鮭が産卵を終えて川底に沈み、そのまま冬の寒さで凍って冬の間の貴重なエサとなる。
その産卵を終えた鮭をこの辺では親愛をこめてほっちゃれと呼んでる。

そのほっちゃれがここ何年かの温暖化で川の水温が上昇して腐ってしまい、ワシ類のエサ不足が心配されるようになった。
それでワシたちは猟師が撃ったエゾシカの肉を食べるようになって、その猟銃の鉛の弾による鉛中毒で死ぬことになったと。

この辺のワシ類はまだほっちゃれが獲れるからそんなことはないのかもですが、自然がたくさんあるからって野鳥たちには天国とは限らないこともあるのですね。


このワシはカラスが集まってエサを食べてるところに行きたいけど、
カラスの数が多いので何度も飛んではこの木に戻ってきてを繰り返してました。
オオワシかなと思ったけど翼の白い色が疎らでまだ子供なのかも?

IMG_6375.jpg

ここには3羽のオジロワシがいて1羽がしきりに鳴いてました。
オスがメスに求愛してたのかな??恋の季節ですね~

IMG_6193.jpg

因みに北見市には「ほっちゃれ」という和菓子を売ってる老舗の和菓子屋さんがあります。
これがその「ほっちゃれ」です。たい焼きの鮭版ってとこかな?
          IMG_6399.jpg

やめて欲しい

TVを見ていて時々目を覆いたくなる時がある。
近くにリモコンがない時はチャンネルを変えるのが間に合わず不愉快な思いをする。
先日もあるTV局で白鳥の足にワナ(トラップ)がかかって苦しんでる様子が映されたが、そのワナを手にしたリポーターが実際にワナにかかる様子を実験してみるという。
や・・やめて・・そんなことTVで見せてどうするの?
子供たちだって見てるだろうに・・私はそんなの見たくないです!
見せなくたって想像するだけで充分痛いですよ。

そしてもうひとつ・・これは雑誌に載ってたコラムなんだけど、
TVコマーシャルを見てると、イライラしてストレスがたまり、これが犯罪にも影響を及ぼしてるのではないかとのこと。
これは放送局の側にも言えることで、番組の佳境に差し掛かるとここでCMを!・・とその映像を出し惜しみするようにこれでもかとCMが延々流れる。
衝撃の映像は5分後!!とか言って待たせておいて出てきた映像に価値を付けてるつもりだろうが・・
何度もこんなことを見せられるといい加減に腹が立ってくる。

これは本当に精神衛生状よくない、このストレスはかなりのものだと思うが・・どうだろう?

進化したよ!

1月28日から毎日腰に付けて歩いてる歩数計、てくてくエンジェルがようやく姿を変えてくれた!
ずっと黒い球みたいな形だったのがパンダみたいな動物に近い形になって、歩くのも楽しみが倍増である。

今後も変わるのかな・・楽しみ!!

IMG_6147.jpg         IMG_6383.jpg

(クリックして大きな画像で見てください)

日の出、日の入り

節分が終わって日中の気温が春めいてきて昼間の時間が毎日少しずつ長くなってる。
朝晩の気温はまだまだ厳しい氷点下20度以下の日が多いが、歩いていても防寒着が重たく感じるようだ。

画像は去年の日の出の様子。6時40分頃の写真。
(クリックすると大きくなります)
IMG_5117.jpg          IMG_5115.jpg


そしてこれは最近の日の入りの様子。16時10分頃から撮影したが・・
IMG_6227.jpg          IMG_6242.jpg


IMG_6245.jpg

  16時40分頃・・約30分間の日の入りショーのクライマックス。
IMG_6246.jpg

やっと・・

以前からやろうと思っていた犬のオモチャの繕い。
やっとその気になって溜まっていたヌイグルミやボール型のオモチャを繕う。
やってみれば30分もかからないで出来るのに・・
腰が上がるまでが遅くてやんなる。

繕ってるうちにその余りの汚さに・・ついでに洗ってみようという事になった。
まずは水洗いしてみたが・・麦のベロで執拗に舐められたものがそう簡単に落ちるわけもなく、
洗剤は使いたくないので麦用のシャンプーで洗ってみた。

まあまあ・・綺麗にはならないけどベトベトは取れたかな?

洗われて干されるプーさんとハンバーガー。

IMG_6292.jpg

ナンプレ

昔・・5年くらい前かなー、ナンプレにハマっていたが、またそのマイブームが来てこの1週間くらいウンウン唸ってる。

数字のパズルなのだがこれが結構面白くてナンプレという名前以外でも数独という名前で知ってる人もいるだろう。

ナンプレファン 2008年 02月号 [雑誌] ナンプレファン 2008年 02月号 [雑誌]
(2007/12/18)
世界文化社

この商品の詳細を見る


わたしはここの世界文化社のが一番好きで、
難しいんだけど出来上がった時の満足感が他のとは違う気がしてる。

でも久しぶりにページを開いて問題を解いてみると・・出来ない
☆☆☆クラスならラク~に解けると思いやり始めたが、ある程度まではわかってもそれ以上が出来ない。
1時間も問題をジーーッとみつめていて・・
そのうちに頭が痺れてきて脳が悲鳴を上げてきたのでやめた。

あー、でもなんで出来ないんだろう??
と、布団に入っても悔しくて・・なかなか寝付けなかった。
5年の間に脳が劣化したようでしばらくはこの状態が続きそう。
仕方が無いので☆ひとつから始めることにした。

夢は夢

いつも見る夢は階段を上って逃げる夢で、途中で階段がなかったり部屋が底抜けだったりしてそこで行き止まり。

あと・・バスかなんか来て乗りたいのに荷物が見つからず探してる夢。
みんな乗ってしまい自分だけが荷物を探したり着る服がなかったりして乗れない・・。

こないだ初めて麦の夢を見た。
なんだかわからない店で大騒ぎしてるんだけど、私だけ途中で帰ってきたら麦が居ないので慌ててる・・でもそんなに心配してない自分が居て、これは夢なんだってわかってるような気がしてる。
麦は自分で帰ってきておしまい。

なんで夢って逃げる場面とかなにかを探す場面が多いのだろう??

朝の散歩道でもふざけてる麦。(本文とは関係ありません)

IMG_6196.jpg          IMG_6195.jpg

自意識過剰

朝の散歩に行くとつい良い景色に思いカメラで撮ってしまうが、
同じような景色を撮ってるんだよね・・気が付くと。

そんなある朝、土手から降りて公園の中に入っていくと、
誰かが小高い展望台に立って写真を撮ってるのに出会った。

プロかな??この辺の人ではないような・・と歩いてると、
上の方から声がして「写真を撮ってもいいですか?」と訊かれたので、
「はい・・どうぞ・・」なんてちょっと意識しながら歩いてたが、気分はモデルでしたよ(笑)

もしかしてこの人がプロの写真家でこの写真が雑誌に載って賞かなんか取って有名になってこのモデルは誰だ??なんて騒がれたりして・・

なんて勝手に妄想しながら歩いてたが・・自意識過剰も甚だしいですな(笑)

そんなある朝の景色も貼っておきます。


IMG_6045.jpg IMG_6098.jpg IMG_6113.jpg

IMG_6180.jpg

IMG_6261.jpg

運命?

昼前に銀行へ行く用事があって出かける時にカメラを持っていくか迷ってた。
結局持たないで出たら、案の定キレンジャクの集団に出会ってしまった。
これでカメラを持って出たらこのキレンジャクは別のコースを通るんだろうね。
運命の歯車なんてそんなものさ・・ちっ。

しかしこのキレンジャク集団は30羽くらいいただろうか・・
ナナカマドの木に群れをなして止まるもんだから、ナナカマドの枝もしな~ってなってました。
ナナカマドが道路際に立ってたので車が通る度に危険を感じて飛び立ちます。
そんなことを4~5回も繰り返していただろうか・・
それをボーっと見てた私もヒマジンですが(笑)
結局、その木を諦めて別の木の実を探して遠くに飛び去りました。

私も諦めてさっさと銀行へ行きました。

これは別の日に撮ったキレンジャクの写真です。
IMG_5752.jpg          IMG_5754.jpg

漫画に同化?

借りてきた本やら買った本やら・・今週はたくさんの本を読んでる。

その中でも読みやすい漫画を先に読んでしまうのだが、
「最強伝説 黒沢」には参った・・
すっかり作者さんの術中にハマってしまい 絵のマズサ(失礼・・)も気にならないほど。
(時々気になるけど・・失笑)

最強伝説黒沢 1 (1) 最強伝説黒沢 1 (1)
福本 伸行 (2003/06/30)
小学館

この商品の詳細を見る


この黒沢なる人物像がよく出来ていて、彼の思考回路がまるで私のと同じなのに驚き、こんなこと思ってる人は私だけ?と思ってたのを見事に覆した。
気楽にビールも奢れない気の弱さとか、良いことをしてる自分に酔ってしまうとか(笑)
良かれと思ってやった善意が疎まれてしまい・・
押し付けがましくない親切ってあるのか??なんて悩んでる黒沢の気持ちがよくわかる。
でも私は人望を得たいとは思わないが・・

「イグアナの嫁」もまた私には見覚えのあることばかりで・・

言われた通りにしかできない自分
「だってあの人がこうしろって言ったから」
だからいつも人のせいにしてる自分
「やれって言われたからやったんだよ」
すぐに自分の意見を言えない自分、言いたいことが言えなかったので暗い気持ちをずっと引きずってしまう。


イグアナの嫁 イグアナの嫁
細川 貂々 (2006/12)
幻冬舎

この商品の詳細を見る


こんな風にして作家さんの気持ちに感情移入してしまう私は単に感化されやすいだけなのかな。
ふにゃふにゃして自分が確立してないんだろうな。
でも・・変なとこは意固地で絶対に自分を通すんだが・・

ヒマだから

年末にできなかった大掃除の続きをヒマをみてやってるが、ガラス拭きはしばらくずーーっとやってなかったので気になってた食器棚とベランダの大きなガラス戸の2箇所をやった。
もうそれだけで汗だくだくだった・・普段いかに動いてないかってね
小耳にはさんだ情報では新聞紙で拭くとガラスが綺麗になると聞いてたが、
実際にやってみてそうでもないってことがわかった。
わたしのやり方がマズイのかもですが・・
手が汚れて真っ黒になるしで普通にボロ布を使って拭いた方が早かった。
しばらく磨いてなかったせいかなかなか汚れが落ちなくて・・
もういいか・・ってガラス戸をはめるとやっぱりまだ白い部分が残っていて、
また外して拭きなおして・・って、何度もやって疲れた。

一応家の中のガラス戸だけです。
窓ガラスは外と面してる部分が凍ってしまうので冬はできないから。
っていうか窓が凍って開かないし・・苦笑。
それで毎年ガラス拭きをサボってしまうんだよねー、
夏の暑いときにはガラスなんて拭く気しないし・・
結局、年中しないんです。
はい!やる気ないです!!