坂の街

毎日こうやって散歩してると我がB町は坂道が意外に多いんだなーと気づかされる。
IMG_0563.jpg
元々山だったところを切り開いて街を作ったのだから坂道があるのは至極当然なのだが。
IMG_0503.jpg
そして庭に小鳥の餌台を置いてある家ががたくさんあるのにも気が付く。
まずはスズメから来てもらい徐々に他の野鳥が来るようにするのだそう。
IMG_0455.jpg  IMG_0374.jpg
スズメは人家に依存するように生きてるのだそうで、巣作りやネグラも人家の軒下や換気口などに作り、餌も人の食べる米や草のタネのオコボレをチョウダイしてるのだとか。
よく電線や街路樹に塊になって団体でピチクリパチクリと騒がしく止まってるが、
あれは若鳥の集団なのだそう。
あーやって何か将来について語り合っているのか・・餌台の情報交換でもしてるのか。
野鳥の生態を知ると街中で見かける鳥たちの行動がわかってくるのかな。
スポンサーサイト

買いモード

最近図書館に行っても読みたい本がなくて・・
新聞の広告に載ってた記事を参考に探すんだけど、無いんだよね。
なので通販で買うんだけど、なるべく文庫本の安いのとか
単行本でもバカ高いのは買わないようにしてる。

今回は1冊だけ高いのがあって・・といってもこれ位は普通の値段なのかもね。
私にしたら高いんだけど・・それは「10ドルだって大金だ!」という翻訳もの、
ブラックユーモア??とでも言うのかな?

あとは最近のお気に入り、夏石鈴子さんの「バイブを買いに」「新解さんの読み方」を2冊、
これは文庫本で安かった。

「俺様の宝石さ」って本はY新聞で紹介されていた一部分が面白かったので、
読んでみたいと思ったのだが・・
昨夜ちょっとだけ後書きを読んでたら、著者の浮谷東次郎さんは25歳の若さで既に亡くなってるとあって、その最後がなんとも悲劇的な最後で・・読むのが辛くなってきた。

「ボートの三人男」は大好きなコミック【とりぱん】の中で作者の座右の銘になってると書いてあったので買った。

「富士丸な日々」はブログに掲載されてた物を単行本化したもので・・

ケンカしてるの?

続けてミューの話題。
ここではカッチの露出が多いのでたまにはミューにも光を!!

麦とミューの関係は・・未だによくわからない
麦の水を飲みに行っても麦が知らん顔してると、なんか・・つまらなそうで、
かまってほしいのかい??
かといって麦がしつこく絡むとニャーニャーってネコパンチするんだよねー
それも遊んでるうちなのかい??

IMG_0580.jpg

裏側から見ると

いつも家事を終えてTVの前に座ると、ミューがやってきて膝の上に乗ります。
意地悪してわざと膝を曲げたままで知らん顔をしてると・・
ミューは前足で私の顔に触って、ネエーネエェーと言うように膝を伸ばすように促します。

仕方ないな・・と言う感じで私が足を伸ばすと早速乗ってきて、グルグルと廻って寝る姿勢を決めるまで足の上で動くのでTVを見るのに邪魔になる。
そこでまた私が寝る姿勢の手助けをしてやっと場所設定が終わる。

そうするとミューは私から見ると後ろ向きになるので、どんな顔をして寛いでるのかが見えない。
そこで私は腕をギューっと伸ばしてカメラとミューを向かい合わせにして撮って見ることにした。
勿論私の顔は写らないように細心の注意を払って写したのが下の写真です。
まだ寛いでないですね、この顔は・・
IMG_0542.jpg
それに私のパジャマ姿が写ってしまってるし・・
あー、こういう顔でボヘーっと座ってるんだねー
IMG_0543.jpg

さて・・なぜ私が意地悪して膝を曲げたままで居るかと言うと・・
足の上にミューが寝ると動けないから困るんです、なんか用事を思い出してもFAXが来ても、
トイレに行きたくてもアイスが食べたくなっても、足が痺れても・・
そう・・ミューに足から降りてもらえれば良いのだが・・それがなかなか出来ないのです。
ネコ好きならこういう思いをしたことは必ずあるはず・・でしょ

雲アルバムから

IMG_0227.jpg


ちょっと古いけど

2月1日の朝・・


逆光で撮った雲群





IMG_0292.jpg
これは2月の7日頃に撮ったもの

朝日が雲間に見え隠れして

暗くなったり

明るくなったり

お日様の力は偉大です。


IMG_0509.jpg

自宅の傍で・・

西に向かってカメラを向け

これぞまさしく綿羊雲か??

そんな雲はないか・・

メェ~

影絵あそび

ある晴れた朝・・いつもの土手を歩いてると土手の下の広い雪原に麦と私の影が映ってます。
あ・・これっていいなあ~と思い何枚か撮ってみました。
IMG_0567.jpg
ホラ・・もっとこっちに寄って・・
IMG_0569.jpg
アレ・・横向いちゃったね・・まあいっか。
IMG_0565.jpg IMG_0572.jpg
アッチに向かって走って行って・・イヤなの??しょーがないな。

再開しました

留守中に心配して覗いてくださった皆さん、ありがとうございます。
また日記を再開しますのでどうぞよろしくお願いします。

22日に全て終わって帰ってきてたのですが、
なんとなく自粛したほうがいいかなーと思いまして・・そんなわけでした。

訃報が入ってすぐに思ったのが、ワンコ・ニャンコをどうしよう・・でした。
すごい不謹慎に思われるでしょうが・・人間ってまず自分のことなんですね。
冬場ってこともあり暖房をどうするとか、着るものはこれで寒くないかとか・・
そんな故人に関係のないことばかり考えてました。

不謹慎ついでにというのもナンですが、今は葬儀の段取りや仕組みが簡素化されて、流れ作業みたいに次々と事が運ばれて行き、ゆっくりとその場の雰囲気に浸る間もなく終わってしまい・・時代の変化に付いていけない気がしたのは私だけでしょうか。

なんとなく人の情緒が棚上げされて・・その場で感情が出し切れないようで物足りなさを感じます。

そして帰宅した翌日は

お知らせ

個人的な話なんですが・・身内の不幸で更新が少し遅れます。
コメントへのお返事ももう少しお待ちください。

取り急ぎごめんなさい。

「古風堂々数学者」

藤原正彦さんの2000年に出版された本です。
これを読むとこの方の家族感や夫婦感がわかるようで、
相手を大切に思う真からのやさしさを感じます。
奥様に対してもかなり尻に敷かれてる風にかいてるけど、本当はどうなんでしょうね。
お互いを敬うこころとか庇う気持ちがあれば家庭はこんなにも安らげる場所になるんだと。
でも・・今は時代が変わったのか何が変わったのか、あらゆることが殺伐としていて、
お互いの気持ちが見えにくいようです。
その原因を探っても・・理解しようとしても世の中の流れとしか言いようの無い壁に阻まれてしまう。

いろんなことが脈絡なく書かれているが、
中でも小さいころの学校での著者を描いたミニストーリーは面白かった。

作家の父、新田次郎さんはいつも正彦少年の話を小説のネタにしていたようで、
その辺の作家の息子の悩みみたいのも面白いが・・
彼自身はものを書くなんてことは思いもしなかったようで、
留学先から出してたハガキや手紙を読んだ父親に、
よく書けてるからこれをまとめて見たらどうだ・・と言われて書いたのが
エッセイストの賞を取って、それがきっかけだったらしい。

やさしい気持ちが

赤瀬川原平さんの本「新解さんの謎」は心温まる解説が多く、
これを書いた人の人柄が表れてると思います。

なかでも心を打たれたのが【動物園】についての解説で・・それには

生態を公衆に見せ、かたわら保護を加えるためと称し、捕らえて来た多くの鳥獣・魚虫などに対し、狭い空間での生活を余儀なくし、飼い殺しにする、人間中心の施設。

と書いてありこれにはびっくりして・・なるほど新解さんは動物の立場に立ってるなーと思う。
檻の中でウロウロと歩き回るライオンや虎を見てると切なくて、
故郷の広い草原に帰したくなるもの。

あと【箱】についての解説なんてあって・・こういうものを説明する機会ってあるのかなー?

物が汚れたり痛んだりバラバラになったりしないように、そこに収めておくための(方形の)容器。
蓋のあるものが多い。


これって誰がそんなの調べるのかなーって思うんだが・・
居るんだろうね・・世の中には。

可笑しいのは項目末尾にある【かぞえ方】のいろいろで・・

「とりぱん」@NHK-BS

BS放送が見られない方には申し訳ないですが、

今日の深夜0:00~0:40の番組「マンガノゲンバ」にて
とりのなん子さんの「とりぱん」が取り上げられます。

見られる方はぜひ忘れないで見てくださいね。

因みに明日のBshiでは午後6:00~の放送になってます。

ブルースカイブルー

この日は快晴だったので青い空に白い雲がくっきりと浮かんでました。
IMG_0489.jpg

見る間にグングン形を変えていきます。
IMG_0493.jpg  IMG_0499.jpg

これはちょっと金魚に見えるなー
IMG_0500.jpg

柔らかな・・

柔らかな日というのは斉藤和義さんの曲ですが・・
その斉藤さんも好きだというフニャフニャプニプニ感がネコのもっとも愛される理由でしょうか。

特に私が好きなのはここの部分です。
IMG_0458.jpg
いわゆる口吻というものでしょうか・・口の周りのふわっとした丸みがたまらないです。
特にももちゃんのは丸くて小さくて可愛くて・・
ついこんな風に遊んでしまう。
IMG_0465.jpg


フン!








流氷接岸

先日の低気圧の接近で網走沿岸の流氷が接岸したそうです。
早速カメラを持った中年・熟年の男女が流氷の上で撮影をする光景が
ニュースで紹介されてました。

昨年はあっという間に流氷が離れていってしまい、観光船はさっぱり出番がなかったようですが・・
今年も今のところ暖かい日が続いてるので、あまりボヤボヤしてられないかも?
見たい方は早めに流氷観光を申し込んだ方がモアーベターよん

ここで流氷情報が見れます。

快晴の朝

吹雪の翌日は雲ひとつ無い青空で空を見上げるのも眩しいほどの快晴でした。
歩道はまだ道がついてない所もあって・・雪をこいで行くのはかなり疲れる。
そんな飼い主の気持ちを知ってか知らずか、麦はグングン雪の山に向かっていく。
IMG_0468.jpg
短い足を一生懸命フル稼働して雪をこぐ麦・・腰を痛めないでね。
IMG_0469.jpg
しまいにはおどけてクルクルと廻りだしたよ。
IMG_0467.jpg

IMG_0470.jpg

嵐が去って・・

結局吹雪きは2日間続いたのでしょうか・・
こんなに大雪になるとは思ってもいなかったので買い物にも行けず,
犬の散歩で外に出る以外は雪かきをしていた。
夜中に除雪車が家の前を通ってる音がしてたので、雪かきは少しで済みそうだなーとは思いつつ、朝起きて外に出る時はドキドキした。
家の前には吹き溜まりが少しあるだけでホッとしたが、サッとホウキで掃いてから散歩に出かけた。
近所の庭木にも雪が積もって・・そんな庭木の枝にスズメが止まって元気に囀ってました。
IMG_0474.jpg    IMG_0476.jpg
町道やメインの道路は除雪車が通ってきれいになってます。
IMG_0473.jpg    IMG_0472.jpg
煙が出てるのはストーブの煙突ですね、北国では雪にすっぽり埋まるのでこうして高いところに煙突穴が開いてます。

いらっしゃいませ

夏石鈴子さんの文庫本「いらっしゃいませ」を読んだ。
大手出版社の受付に採用された鈴木みのりがいろんな体験をしていく話。
社会に出た学生が最初に感じる戸惑いとか失望とかが特異な文体で語られて
すごく面白かった。

いらっしゃいませ いらっしゃいませ
夏石 鈴子 (2006/03)
角川書店

この商品の詳細を見る

受付にいる同僚がそれぞれに個性が強いので、その人たちとの会話や振る舞いを読むと
その人物像がくっきりと浮かんでくる。
彼女たちの会話がホントに面白くて可笑しいのでつい笑ってしまう。

みのりの描く人物像はユニーク。
掃除をしてる若いお兄ちゃんが佐藤浩市に似てるので、
受付に座りながらずっと見てるのが楽しみなのだ・・
首が太いのと唇の厚さがそう思わせるのだそう。

他にも・・吉祥天立像、鬼奴、こけしなどに登場人物を見立てている。

あと書きを書いてるのが同じ時期にこの出版社に入ったという白石一文さんで、
白石さんは夏石さんの小説化としての才能に嫉妬(?)するくらいベタ褒めで、最初の作品でもうノックアウトされたらしい。
それが処女小説の「バイブを買いに」というタイトルの作品で、
このタイトルからしてユニークですよね。
白石さんが引用している別の作品「愛情日誌」の中の一説がドクンと・・私の心にも響きました。

アヒルと鴨の・・

昨日このブログの記事にも書いた伊坂幸太郎さんの
【アヒルと鴨のコインロッカー】が映画化されたそうです。

出演者はあまり知らない方たちですが・・(私だけ?)
試写会の様子や記者会見のことがここに書いてあります。

小出しに・・

ちょっとずつですが、ニューアルバムの内容が見えてきてます。
ここから


伊坂幸太郎さんが作詞をした曲があるようで・・
え!!どんなんだろってすごい期待しちゃう

伊坂さんの本は何冊か読んでるけど、私にはわからない深い意味があるようで・・
でも「アヒルと鴨のコインロッカー」は好きな作品です。

白い世界

IMG_0399.jpgこの日は雪が降って周りがあまり見えない状態でした。
いつものバードテーブルにはスズメやヒヨドリ、ツグミなどが来て賑やかでした。
キツツキの仲間は居なかったのでちょっとガッカリ
ヤマガラはあの日一度見たきりなので・・
もう一度見たいんだけど
どっかに渡って行ったのかな?


IMG_0322.jpg
何故かリードのテープ部分を
こうして咥えるのが好きな麦

その内に切れるんじゃないかと
気が気ではないが
いくらやめなさいと言っても聞かないので
もう言うのも疲れたし・・
どーにでもなれぃ
(飼い主が切れてます)

視界を遮る

町外れの小高い坂道を歩いてると脇道から山が見えた。
おっ!!山が撮れるかな・・と思って脇道に入りずーっと歩くと急な下り坂になり、
その下に家並みが見えてきて・・
ズンズン奥に歩いて行くと山のてっぺんがその家並みに隠れてしまった。
でもこういう上からの構図も良いじゃん!!ってことで自己満です。

IMG_0420.jpg     IMG_0419.jpg


帰り道でみつけた氷の芸術
石垣に積もった雪が融けて氷になってこういうオブジェができたのかな

IMG_0417.jpg     IMG_0416.jpg

今年も早や・・

夏のイベントのスケジュールが決まってますね。
以前ほどは数が減ったけど、いろんなアーティストが見られる機会はそうないので・・みなさんのスケジュール表も赤丸で一杯になるのでしょうか。

私は3月のアルバムの詳細が出てくるのを楽しみにしてますが、
今話題のCMソングについてのインタビューがここで見られます。

uturo.jpg.jpg

落ち着かない?

小さい頃の事はあまり覚えてないが、多分私は学校の教室では浮いてたと思う。
授業中もじっとしてない落ち着きの無い子供だったのでは??
今はそういうことをナントカ障害というそうだが、
あの頃はそんな事も知らず・・先生も知らないで過ごしてたと思う
そのまま育ったので今でも私は落ち着きがなく、一つことに夢中になるということが出来ない。
例えば本を読んでいても同時に何冊も手をつけてしまうのだ。
トイレで読んでるのがワンコの物語「牧羊犬シェップと困ったボス」
夜TVを見ながら読んでるのが「銀行仕置人」
そして病院での待ち時間などに読んでるのが「いらっしゃいませ」という具合で、頭の中はいろんなストーリーが途中で止まったまま読み続けるのを待ってる。

まあ・・要するに物語りに入っていけたら夢中になれるのだが、
精神統一ができなくて気が散りやすいのかな。
そんなわけで私の周りには読みかけの本がたくさん散らばっていて・・
何時まで経っても片付かないのである。

それなのにまた本を買ってきてしまった・・・
児玉清さんの「寝ても冷めても本の虫」
梨木果歩さんの「エンジェル エンジェル エンジェル」

態度デカイ!

カッチはまるで猫らしくない・・どっちかっていうと犬に近いのでは。
うちでも一番偉そうだし、麦は完全に一目置いてる。

なによりこのデカイ態度が性格を表してる。
IMG_0414.jpg
思いっきりはみ出してる体と投げ出した足が天下泰平に見えてきて、
ふてぶてしいとはこの事か
IMG_0413.jpg
カッチが猫らしくないのはもう一つ理由があって・・
ここから降りる時にいつもゴツンと足をぶつけるのだ。
どこをどうやって降りたら足がぶつかるのか・・不思議でならない
こないだなんてテーブルに降り損なって思いっきり床に落ちてたが、
何事もなさそうに歩いていたのでプッと吹き出してしまった。

アンタは猫かぃ!?

この頃はネコにもすっかり慣れちゃって、部屋での放し飼いが普通になった麦です。
でもあまりにも馴れ馴れしくして、ネコの顔を舐めくり回したりお尻の臭いを嗅いだりして
追い掛け回すので嫌がれてもいる麦です。
そして猫たちの撃退法といえばご存知ネコパーーンチ!!
昨日の夜、何気に見たら麦の鼻先にすごい傷跡が・・・痛そう
IMG_0386.jpg   IMG_0389.jpg
そんなことがあっても今日も朝からエヘラエヘラとネコたちの尻を追っかける麦です。
まるでス○ベオヤジと一緒だね・・麦。

みんなの歌

先日何気にNHK-BSを見てたら懐かしいみんなの歌「あわて床屋」のアニメをやってました。
白黒でアニメというより影絵みたいなシルエットが動くものでした。
coccoさんの「ひよこぶた」もやってたが・・
年末にFMで放送されたのを録音して聞いてるが、その中にも入っていて・・
この「ひよこぶた」のアニメは初めて見たけど可愛いねー

【みんなの歌セレクション】
BShi : 毎週月曜~金曜 午後3時55分~4時
        毎週日曜 午前8時55分~9時

わずか5分間なのでこれだけを見るのはなかなか出来そうもないので、
ついでにでもまた見れたら良いなーと思った次第です。

2月3日の夕方

雲の写真は何処にポイントを置くかで全体の印象が変わりますね。
IMG_0277.jpg

IMG_0281.jpg
これはズームで撮ったもの・・何を撮ろうとしてんのか?
IMG_0282.jpg
もう今はすっかり日没が遅くなって明るいので夕焼けとの出会いがズレてる。

みんなが好きな

どらえもんが雪だるまになってある住宅の前にでーん!と立ってました。
IMG_0354.jpg
この日は吹雪まじりでドラえもんの顔が
雪を被ってはっきり見えなかった

次の日に散歩に行った時に思い出して
また改めて撮ってきました

今度は晴れてたので綺麗に撮れました。
IMG_0367.jpg
どらえもんが大好きなんだろうね・・よく特徴を捉えてます。

ヨーグルトの蓋に

このあいだ「笑っていいとも」を見てたら宇多田ヒカルが出ていて、
自分の拘りについて話していた。
ヨーグルトの蓋の裏や開け口に付いてるちょっとドロッとした固めの感触が好きなんだと。
このヨーグルトはそのメーカーのではなかったが、食べる時にその話を思い出して蓋を開けて確かめてみた。
IMG_0359.jpg    IMG_0363.jpg
あまりこれには付いてこないが、普通はこんなもんだと思うが。
宇多田さんの拘りのヨーグルトはダ○ンというメーカーのだそうで、これが一番多く付いてるのだそうで、それを舌でペロリンとするのが好きなんだそうです。

因みにこのヨーグルトは美味しかったです。
モモ味とイチゴ味があったのでまた買って来ようっと。

ネコ洗っちゃった?

洗濯が終わるとしばらくは蓋を開けっ放しでおく。
そうすると・・カッチがやってきて中に入りナーゴナーゴと鳴いて呼ぶ。

IMG_0382.jpgIMG_0378.jpg
洗ってくれって??      どれ・・その毛皮脱ぎなさい!
そしたら洗ってやらないことも無いが・・

IMG_0380.jpg

こんな毛だらけのもの洗ったら洗濯機が壊れるわい