黒柳朝さん

黒柳徹子さんの実母でNHKの朝ドラマ「チョッちゃん」のモデルでもある
黒柳朝さんが亡くなったそうです。

9月に主婦と生活社から刊行される「チョッちゃんはもうじき100歳」
今まで一度も一緒に仕事をしてこなかった二人が
対談という形で初めて出す本というので注目してた矢先のことでした。

長男の死や夫の出征、独自の子育て方法など・・
当時のエピソードや長生きのコツなどを披露してるとのこと。
家族に対する愛情にあふれ、また徹子さんの母を思う気持ちが伝わる一冊になってるそうです。

95歳のいま、最後の本にしたいと言ってた著者。
もう少し長生きして欲しかったですね。
ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

映画「グエムル」

私は韓国ドラマには興味ないのだが・・
今朝の「めざましTV」で取り上げてた韓国の映画『グエムル』 は・・

面白そうです!!

今までに無い怪物映画だそうで・・
ヒーローが居ない、メイン人物が死ぬ、怪獣が最初に出てくるとか・・
そんなわけで今までのタブーを打ち破った内容が受けてるんだそうです。

弱い市民に救済の手を延べない国家や政治家に向けてのメッセージが込められてるとか。

韓国のドラマや映画が受けるのは誰もやらないことをいち早く手がける勇気と
アイディアの豊富さがあるんじゃないかな。

日本のドラマや映画は何を観ても同じに思えて・・
やたら感動をキャッチフレーズにしてるのに抵抗を感じてしまう。


ハチクロ・・その後

コミックスの「ハチミツとクローバー」第10巻が9月8日に発売されるそうです。

私が毎月買ってる月刊雑誌「コーラス」の秋号に
ハチクロ・スピンオフ・バージョンが掲載予定だそう。
スピンオフ?続編ってことか・・何年か後ってことか??

私はこのコミックス版の8巻まで買って読んでるが・・
最近読んだ8巻は色んな人物のこれからを想像できる内容だった。
一番面白かったかもしれない。

それでこの本に出てくる人物の将来の姿を私なりに予想してみた。

8巻でクローズアップされてた山田あゆみ、彼女は一途に真山に片恋してるがこの想いは強く
野宮匠の強烈なプッシュにもなびかない。
山田さんは真山への想いを一生引きずって行くのだろう。

花本修司は原田に好意以上のものを抱いてたのでは・・
この8巻の中でそう私に思わせるところがあった。
はぐとはずっとプラトニックなままの関係で終わるのでは??
いつまでも修ちゃんははぐの保護者でしかないのだ。

真山巧と原田理花の関係はやはりうまく行かないだろう。
一度は結婚するが別れてしまい・・理花は死んでしまう気がする。
真山はそのまま外国に居て消息不明になる。

森田忍はアメリカで大富豪になって金髪美人と結婚するが離婚・・何度もそんなことを繰り返す。
そして世界をあっと驚かすことをしでかして死んでしまう(良いのか

最後は私の好きな竹本祐太くん、
彼は真面目に仕事をこなして立派な修復士になる。
はぐに良く似た可愛い人と結婚してたくさん子供を作って
幸せに暮らしました・・とさ??

私は漫画は書けないけど・・ストーリーは書いてみたいと思う。
こんなストーリーじゃ採用されないかな


なんでこんなところに??

そうなんです・・まるで降ってわいたようにカーペットの上に丸い物体がコロコロと2個転がってる。
傍によってよく見るとこれは紛れも無く犬の糞、○んこ、

これまで何度かおしっこの失敗はあったが・・
こんなに堂々と真昼間から(・・は関係ないか)○んこを部屋の中で見るとは・・
一瞬固まってしまった飼い主。

それから徐に説教をしたのは言うまでもないですが・・
麦はと言えば・・まるで見に覚えのない容疑をかけられた犯人みたいな顔で
飼い主をじっと見つめるだけ。

ウムムゥゥ・・なんでここに○んこをしたのか??
その動機を探るのは至難の業ではないようだ。

uto.jpg.jpg
反省してますよー

なんで出たのかなー?○んこ

自分でもよくわからないんだ・・

記憶喪失のふりをしようかなー


あー、またご飯抜きだー


兄妹愛

ヤンチャなカッチ丸だがこれでなかなか妹思いである。
ある日のこと・・猫たちのいやがる爪きりをしてたときのこと。
ももちゃんは臆病なので爪を切ってる間もフーッと怒る。
飼い主はいつもヒヤヒヤもんであるが・・
その日も例によって汗だくになってももちゃんの爪を切ってたのだが、
あと少しで終わるってところでももちゃんはベッドの下に逃げた。
慌てて追いかける飼い主に何処からか飛んできたカッチが襲いかかる!!
すわっ!!危ない!!
飼い主はここで諦めました・・
だってカッチはももちゃんの傍に行ってペロペロ舐めてやってるんだもの。
61.jpg
  (カッチともも、6ヶ月くらいの頃)

そして今日も今日とて冷蔵庫の上で寝ていたももちゃんは
飼い主が開けた扉に足を挟まれフー!!と怒りまくりました。
そこへ飛んできたスーパーキャット、カッチ丸が現れて
ももちゃんの災難を無事救うことができましたとさ。

雲の隙間から

この頃外に出ると空を眺めて雲の様子をチェックするのが癖になった。
散歩の時もそれは怠らなくやっていて・・
この撮影も夕方4時頃に近くの公園に行ったときのもの。
PHTO0290.jpg
雲の隙間から太陽光線が差してるのがわかるかな?
PHTO0294.jpg
刻一刻と雲の様子が変わるので何枚も撮ったけど・・自分の思ったようには写ってなかった。
PHTO0295.jpg
これなんかすっごい綺麗な雲だったんだけど・・まるで吹雪の景色のようだったのだが
自分のイメージと出来上がりはまるで違ってる。
ずーっと雲を見ていたいけど・・麦が引っ張るので泣く泣く帰ったのでした。

野良ネコの母さん

4匹の子猫は順調に育ってるようだ。
いつも一緒に来るわけではないが、
連れてくる時に4匹一度に連れてくるのは大変なのか・・
2匹だけだったり、3匹だったり、あるいは1匹だけだったりして
そのグループ分けの決まりみたいのがあるのかなーと思ったりする。

今日は白黒茶斑だけよ・・グレー斑は明日だから待ってなさい。
あんたは昨日行ったでしょ? 今日は留守番しなさい。

とか言ってるのかね??

20060827134220.jpg
ちゃんと残さないで食べるんだよ

ここのオバサンは残すの嫌がるからね

どーしても要らないのなら良いけどさ・・

仕方ない・・私が食べてあげるよ

(麦の頭の中が透けて読める飼い主であった)


ストーカー麦

すっかり放牧にも慣れてやたら態度がでかいだ。
猫たちを友達だと思ってるのか・・しつこく追い掛け回して
フー!!と威嚇されてる。
ももちゃんやミューに威嚇されてもへの河童で、逃げようともしないが・・
カッチに威嚇されるとシッポを丸めて退散だ。
やはりオス猫とわかってて恐れているのか、カッチの前では神妙にしてる。
ももちゃんが好きなようでこうやって遊びに誘うが、ももちゃんは良い迷惑みたいだ。
stoke.jpg.jpg


20060825211621.jpg

友達じゃないんだからしつこくするの止めなさい・・と言っても駄目なので、
飼い主は最後の手段でストーカー行為の取締りをすることに。

言うことを聞かないのならおうちに行きなさい!!と反則切符を切る。
すごすごと仕方なく自分のスペースに帰る
犬と猫の間に友情は成立するのか・・うむー、それが問題だ。

月見草

春にタネを蒔いて・・何時になったら咲くのかなーと気をもんでた
月見草の花が昨日やっと咲いた。
うすいピンク色で花びらがやわらかくて儚げな花、
月見草は普通は夜に咲くのだが、これは新種改良された花で昼間も咲いている。
でも一日しか持たないようで、繊細な様子がわかる。
tukimi.jpg.jpg     20060825205704.jpg

そしてこちらは金魚草・・花の形が金魚に似てるから?
kinngyo.jpg.jpg
日陰に咲いてるので茎が間延びして・・風に揺れて咲いてる。
風に泳ぐ金魚ってところかな

おかえりなさい!

斉藤和義さんの公式サイトに行ったら「よもやま話」が更新されていて、
どうやら念願だった憧れのキューバに行ってきたようです。
写真もアップされてますが・・日焼けはしてないようで外出しなかったのか??

無事に帰ってこれて良かったです。
これからツアーの構想を練るのかな?
それとも・・??

柄本秀吉サイコー!!

NHKの大河ドラマ「功名が辻」・・久々に面白く見てる。
特に秀吉役の柄本明さんが好きで今までに無い秀吉だと思う。
脚本家によって歴史上の人物がこんなに変わるもんかと驚くし、
それがドラマの面白さなのかも。

今回の秀吉は念願(?)だった茶々を手に入れて得意満面、
自作の和歌を持って廊下を走るがあせったのかすっ転んでしまう。
そこにカラスの鳴き声がアホーアホーと・・絶妙のタイミングで大爆笑だった。
茶々役の永作博美も気の強い女を上手く演じて気持ちがいい。
これから秀吉の子を産んで寧々と騒動を起こしそうで
まだまだ波乱がありそうで見逃せない展開だ。

次回は柄本明さんのご子息が天皇の役で出演するそうで・・
ワンシーンだけの親子競演があるようです。

がんじがらめ

裏口に作った麦の避暑用スペースだが、この頃は野良ねこに占領されてあまり麦が使えない。
野良ちゃんの居ない留守を狙って麦を外に出すと、野良ちゃんがやってきて
自分の場所を取られたみたいにニャーゴ、ナーゴと凄んでみせる。
どっちが本当の住人かわからなくなる。

うちにも猫が居て慣れてる所為か麦は吠えもしないで・・
野良ちゃんが威嚇しながら寄ってきても黙って大人しくしてる。
そしていつの間にかある程度の距離を置いて二匹して寝てたりする。

裏口は狭いのでリードを移動式にして細長く動けるようにしてるが、
時々リードがテントの支柱に絡まってしまい、麦が動けなくなってることがある。
caution.jpg.jpg

karamar.jpg.jpg
くるっと廻りなさいと教えるのだが・・鈍い麦はわからないのか
???ってな顔で見てる。

help.jpg.jpg
さっきからなーに?

指をくるくるって・・

トンボじゃないんだから




それより早くなおしてー!

番組内容の変更

WOWOWで毎月ゲストを変えて送る「meets music」の8月分が、
ゲストの予定だった清木場俊介さんの都合で中止になり、
急遽内容を変えて放送されるようです。

題して「meets music ~Viewer's Guide」として、
これまでの放送を振り返って未公開映像や番組の魅力をたっぷり
紹介するそうです。
ということは・・前回見れなかった映像が見れるかもですねー、
斉藤和義さんの「二人でお酒を」が見たいな~~

因みに9月のゲストはスガシカオさんです。

やさしい気持ち

新聞の悩み相談のコーナーにこんなことが。

近所で飼ってる犬がいつも繋ぎっぱなしで可哀想・・
屋根も何もない庭に繋がれてるので暑い日差しを遮ることもできないし、
寒い朝など丸まって寝てるのを見ると涙が出てくる。
誰も構ってくれないようでただの番犬として置いているようだ。
もうちょっと面倒をみてやってほしいけど、それを言いに行って良いものか迷う。


・・と、こんな内容でしたが、私にもこれに似た経験があって・・
その犬はもっとひどい状態でしたが、何も出来なかった。
親しい人にでもたやすく言えることではないようで、見て見ぬふりをするしかなかった。
難しいことに決してその飼い主は虐待してるわけではないのだ。
だから罰することはできないし、意見として言うこともできない。
アメリカでは動物の飼育に関する厳しい法律があって、
きちんと散歩させているか、太らせていないか、劣悪な環境で飼ってないかなど
見回りに来る機関があるらしい。
そこまで行くにはまだまだペット後進国の日本、
日本のペットは幸せか??と言われる所以でしょう。

雲ふんわりと

これは夕方5時頃の西の空に現れた雲
PHTO0271.jpg
この雲の右側にもっとはっきりした
鳥の羽のような雲があったのですが
この写真を撮ってる間に形を変えてしまい・・
写せなかった。

雲の動きって早いのねー・・
待ってはくれません。



木苺のジャム

前回作ったときは木苺のタネがあんなにたくさんあるとは知らず、
パンに塗って食べてもタネが気になって美味しく食べられなかった。
なので2回目の今回はタネを裏ごしの器械で綺麗にとり除くことにした。
でも・・この裏ごし器の目が細かすぎたのか、なかなか作業が捗らなくて段々嫌になってきた。
根気がなくて困ったもんだ・・
でも最後まできちんとやりましたよ、意地になって

やはりタネのないジャムは食べ心地が最高によろしくて、
この綺麗な色とともに味わって食べてます。
jam.jpg.jpg
戴いた桃の甘みが足りなかったので
ヨーグルトを掛けて・・
その上にこの木苺のジャムを掛けました。

とっても美味しかったです。

映画の話

以前J-WAVEでの斉藤和義とトータス松本のトークを書いたが
その時に書き忘れてたことがあったのでそれを書きます。

トータスが映画に出るという話になって・・
『踊る大捜査線』の監督が撮る「UDON」という映画だそう。
udon.jpg.jpg
このポスターを見ると小西真奈美さんや、
鈴木京香さんも出るらしいが・・
トータスの旧友、ユースケ・サンタマリアも出る(っていうか主演?)

このポスターの似顔絵がよく出来ていて・・
ちょっとデフォルメされてるが、そっくりだと思う。
(クリックすると大きな画像になります)


失敗したー・・

ひさびさにおしっこを失敗してカーペットにしちゃった麦。
さぁー、散歩に行こう・・って用意してた時だったので、
もうちょっと待てば良いのにーと悲しくなったよ。

ご立腹の飼い主はペナルティーとして晩ご飯ぬきを命じた。
gusun.jpg.jpg
そんな哀れな顔をしても駄目!!
今夜は自分の鼻の頭でも舐めて我慢しなさい!

sippai.jpg.jpg

こうですかー?

ペロリン・・
ペロ・・ペロ・・


あんま美味しくないなー


漫画 「とりぱん」 とりのなん子著

雑誌「モーニング」連載のコミックが単行本化されたもので、
東北の某ベッドタウンに住む作者が、野鳥・ネコ・風物・方言・地元料理など
日常のすべてをネタに綴った身の丈ワイルドライフです。
(本の帯に書いてあったコメントそのままです)
とりぱん 1 (1) とりぱん 1 (1)
とりの なん子 (2006/03/23)
講談社

この商品の詳細を見る

庭に作った鳥の餌台に集まるスズメやヒヨドリ、ツグミ・青ゲラといった鳥達が
面白おかしく描かれている。
作者の母親とのやりとりも面白く、この子にしてこの親ありってかんじ。
「とりぱん」というタイトルはパンの耳やクズパンを鳥の餌に使ってるから。
他にも自然に対する作者のやさしさやおおらかさが文章に表れていて、
漫画で読むには勿体無いほど文学的でステキだ。

第2巻もぜひ読んでみたい。

戴きもの

るちあさんから戴いた連想あそびのようなバトンをやってみました。
『勝手にAnother's ANOTHERバトン』


夏→絹
旅立ち→朝
海→船
船→海
出会い→頭
夢→叶わない
現実→厳しい
奇跡→縁がない
南の島→ヤシの木
逃避→夜逃げ
秘密→仲間割れ
対立→暴力団
言葉→空しい
真実→あやふや
挫折→くじける
友情→学生
成長→大人
音楽→なくてはならないもの
愛→口には出せない
希望→諦め

かなりネガティブな連想になったなー
でも別の日にやったら違う答えが出ると思う。

ネコの丸干し

連日の猛暑ですっかりバテバテの我が家の猫たち。
この日は今年最高の33度近くになって・・こんな姿に
waya.jpg.jpg

そしてここにも一匹・・ももの姿焼きが。
gusur.jpg.jpg
まるで陸に打ち上げられたクジラかオットセイのよう。

壁やタンスの冷たい所に足をくっつけて寝てるカッチ
guta.jpg.jpg

こんな暑いのもあと何日かで終わるんだから・・
そして暑かった日々を懐かしく思う秋が来るんだね。

読書三昧

お盆休み・・といっても年中休みみたいなもんだけど、
図書館から借りた本を読んで過ごした。
最近いいのに当たらないでいたが、
私の好きな外国のミステリーを久しぶりにたっぷり堪能。
あなたに不利な証拠として あなたに不利な証拠として
ローリー・リン ドラモンド (2006/02)
早川書房

この商品の詳細を見る

実際にある都市の市警だった著者が経験したことや見てきたことを
あるがままに・・心に残した傷やむなしい事件を赤裸々にさらけだした本。
本当に読んでいて残酷で痛ましく、目をそむけたくなるような被害者の様子がリアルに描かれている。
そしてここに登場する5人の女性警官のそれぞれの物語が生々しく描かれ、お互いの物語に重なったりすれちがったりしていて、人間ドラマとしてもとても読み応えのあるストーリーだ。

メキシコ人老女の言葉が印象に残る。

「恐怖を抱えていたら、自分を赦すことも希望を持つこともできない。多くのことを知ってるつもりでも、本当は少ししか知らない。何もかもわかっている者などいないと理解するまで、幸せには生きられない。自分が強いとうぬぼれてはならない。人は自らの弱さを抱きしめるとき、強くなれる。」

そしてもう一冊は・・

雲ムクムクと・・

昨日の朝の空・・お日様が雲に隠れて撮影には良い条件かと。
なんだか恐ろしげな・・地獄の入り口みたいです。
PHTO0253.jpg

PHTO0252.jpg
地平線にはもっと綺麗な碧い雲があってそれを映したかったのに、
高いところに登らないと映らないのが残念だった。

それにしても全体に暗いのはカメラの性能が悪いんだろうな。
これじゃあまるで夜の景色みたいだ。

初公開!!?

今までタイミングが悪くて撮れなかったこの場面、
いや・・別にそんなたいそうに言うことでもないのだが、
他のサイトで見て麦のも撮ってみたいと思ってたんですよ。

それは・・これです(お食事中の方、ゴメンナサイ
unn.jpg.jpg

頑張った後は砂かけをして(最近これをするようになった)
kikk.jpg.jpg

かなり念入りにやってます。
kike.jpg.jpg

全然ブツには掛かってないんだけど、それは熱心にやってるので可笑しくなる。

桔梗

桔梗の花は白いのが前からあって今年になって青いのとピンクのを買ったのだが、
ピンク色はちょっとボケたピンクで肌色に近い感じだった。
花の大きさも白や青のより小さいのでこれから何度も咲くうちに変わるタイプなのかも。

PHTO0249.jpg

PHTO0244.jpg
この2枚は何れも白い桔梗なのだが、所々に青い筋が入ってるのがいいポイントになってる。
そしてこれがピンクの桔梗・・実際の色もこんな感じでパッとしない。
PHTO0246.jpg

雲モクモクと

最近雲の写真に興味を持ち始めたわたし。
下手なんだけど・・大体空の一部分を切り取って写真にするのは難しいよね。
でもとりあえず気になる雲が現れるとカシャッカシャッと、
とにかくシャッターを切ってみる。
klud.jpg.jpg

20060817113004.jpg

コンクリート塀から??

夕方の犬の散歩の帰りにふと見ると・・
コンクリート塀から百合の花がニョキッと飛び出てる。
えーー!!あれえーー??なにこれ!!??
liliy.jpg.jpg    yuri.jpg.jpg

近くによってよく見たら・・
hole.jpg.jpg

すごいねー、球根が穴から洩れる光に誘われて芽を出したんですね。
植物というのは思いも付かないことをするもんです。

入刀式

結婚式じゃあないですよ。
なかなか大きくならないうちのスイカに業を煮やして収穫しちゃいました。
その大きさと言ったら・・トマトと比べてもこんなもんよ!
20060815223926.jpg

そしていよいよスイカ入刀です・・チャラ~ン
cut.jpg.jpg
おおおおぉぉーー!!
スイカの中からスイカ姫が・・なんちゃら

これがちゃんと熟してるじゃあありませんか!!感動の嵐!
そして食べたら旨いっ!!何処のより旨いったら・・サクサクのシャリシャリです。
というわけで、これはやはり小玉スイカという結論に達しました。
いや~~しかし・・あと3個畑に成ってるので食べるのが楽しみになってきました。

劇的さよなら勝利!!

残念ながら私はその瞬間を見てなかった・・
高校野球の話ですが・・今朝の第一試合、駒大苫小牧と青森山田の試合で、5回くらいで6点も入れられて・・こりゃあとても見てられんと、外に行ってしょんぼり草むしりをしてた。
草むしりというのはやりだすと止まらないので、うっかり時間も忘れて夢中でやってた。
家に入るともう11時に・・もう試合は終わってるなと思いTVを付けると、なにやら感動のシーンが映っていて、あれれ・・??もしかしてと思ったらもしかしてた。
どうやら9回の裏に劇的さよならシーンがあったらしい・・あー、見たかったなー、失敗したなー

お昼のニュースでやるかなーと思ったが、今日は朝から小泉首相の靖国参拝で大騒ぎでそんな時間はないようだ。

私には変なジンクスがあって・・私が見てると応援してるチームは負ける・・なので見ないようにしてるのだが、今回もその通りになって・・なんだかなー

今回の高校野球は接戦が多くて久しぶりに私も見る気になってるが、見てると色んなことがわかる。 例えば・・選手の名前に似たようなのがあって、啓太・浩太・翔太・雄太・・と、○○太が多かった。
私はスポーツ選手が眉を剃ったり細く整えたりするのが大嫌いなのだが、今回もそういう選手が多かった。
その中で鹿児島の選手は顔が濃い所為もあるけど、
キリリとした太い眉で男らしいなーと思った。
眉を剃ったって実力があって勝てば良いのかもしれないが・・。








ケンカじゃないよ

散歩に行った帰り道で麦がどうしても行きたいと引っ張るので、
ノア(姉妹犬)ちゃんの家に向かったら・・
外に繋がれてノアちゃんが居た。(いつも家の中で留守番してる)

早速じゃれあう二匹の姉妹わんこ
jare.jpg.jpg

simai.jpg.jpg
ガウガウーーとまるでケンカをしてるように聞こえるが、
きっと嬉しくて興奮してる声なのだろう。

興奮が治まったところでハイ、チーズ!!と言ったら・・
ノアちゃんがワン!!と吠えて・・
あ・・そっか、チーズは君たちのお母さんだものね。
20060814132513.jpg

ノアちゃんはお利口さんでお母さんの言うことはちゃんと聞く。
お母さんが「伏せ!」というと、ちゃんとすぐに伏せをした。
麦は誰かの前だとオダッテしまいすぐにはやってくれないので、
飼い主はいつも恥ずかしい思いをする。

オヤツがあるとすぐに出来るんだよねー、麦さん。