犬に関しての雑学

最近の漫画家さんって大変だなーと思う。
ありきたりの知識じゃ漫画も描けないようで・・
色んなことを勉強してそれなりの取材もするようで、
例えば「キャリアこぎつねきんのもり」を読むとこんなことが書いてある。

5歳児の知能と犬を比べて・・
 5歳児の場合、昨日今日明日の区別をすることが出来ると・・
 これは犬にもできるようで、例えば食べきれない骨を埋めるのは
 あとで食べようという意識があるからだそう。
 あとで=これから先の時間、未来を考えることが出来るから。


ホーッ!!そうなんだー、すごいなー!!
そして犬はなんと200語も言葉を理解できるんだそうで、
うっかり変なことも犬の前で喋れませんね。

それと・・これは別の本に載ってたこと、
チョコレートを犬が食べ過ぎると中毒症状を起こし、興奮状態となって
最悪の場合ひきつけを起こすこともあるらしい。
これを読んで何時か麦が食べたチョコがひとかけらで本当に良かったと思うのでした。
スポンサーサイト

トイレでキャー!!

それは昨日の朝のこと・・
散歩に行く前に例によってトイレタイムと何気にドアーを開けて
うわ~~~なんじゃあこりゃ・・!!

窓枠にが一杯張り付いて・・しかも羽のある蟻が飛んでるー!!

ショックで固まってしまった・・思考もストップ。
待てよ・・ここで冷静にならないと・・何が良いだろう、蟻退治には。
うちにあるもので使えそうな物って・・洗剤くらいしかない。
ペットがいるので殺虫剤の類は置いてない。
しかもスプレーできるものが良いとなると、あれしかない。

バス用のスプレー洗剤だ。
これを窓枠に向けてスプレーして蟻が出てきた出口にもかけてみた。
これでひとまず散歩に行ってきて・・あとの始末は帰ってからにしよう、
と・・おしっこが漏れそうな麦の情けない声に催促されて散歩に。

帰ってきて恐る恐るトイレを覗いたら・・どうやら蟻の侵入は止まったようで、
この作戦は成功したようだ。
その後の掃除は・・ぐえー・・だったが。

その後遺症が未だに残っていて、
ネコが一点をジッと見てると・・え、なに!?また蟻が居るの??
なんてネコの視線の先を追うのが今の仕事になった。
20060730143321.jpg
夏になるとこうして

何処からか侵入した

ハエを追いかけるネコ族



蟻よりはまだ良いけどさ・・


何だったのだ・・

昨日は記事を書くのにえらい時間がかかって・・イライラした。
ファイルのアップロードが出来なかったり、プレビュー画面がスムーズに出なくて
途中で止めようかと思ったほど。
まあ何とか記事はアップできたから良いんだけど、
ブログをやる人が増える一方で機能が追いつかないのかな?

私の技術が付いていかないってのもあるかしらん・・ん?
というわけで愚痴ってみました。クレームとも違うんだが
20060730135833.jpg     20060730140057.jpg
画像はうちの庭で咲いた桔梗と紫陽花。

近所の庭に

あちこちの家の庭先で一斉に咲き出したこの花。

aoi.jpg.jpg    siroi.jpg.jpg
いろんな色があるようで・・カラフルで散歩道を楽しませてくれます。

中でもこの赤い色がパッと目に付いて惹きつけられます。
aki.jpg.jpg
この画像より実物はもっと赤くて鮮紅色というのかな。

夏はアイスですね

アイスはいつも食べるものが決まっていて明△の超バニラアイスなのだが・・
最近はビッグ最中アイスにハマっていて、
3っつの山に分かれてるのをその日によって一山食べたり
二山食べたり・・あるいは全部食べてしまったり。

最近暑いので昼間っからアイスを食べてる。
そんな私を恨めしそうに見てる犬が約一匹居る。
麦はまだアイスの味を知らない・・
ここで教えるべきかこのまま知らせないままで居ようかと迷ったが
一人で美味しいものを食べてる後ろめたさもあって・・
というか、どんな反応をするか見たかった気持ちが強かったが
ホンの一口・・爪の先くらいのアイスを食べさせた。

麦の反応・・なにこれ??今の何?美味しかったよ!!
と言う顔でこちらをジッと見つめた。
やはり美味しいか・・って当たり前だね。
甘いものはあまりやりたくないので飼い主は甘くならないようにしよう。
20060729224855.jpg
      ・・・・・・・・・

毎日これだけ

大量の木苺が採れて・・いささか飽きてきたこの頃、
この際ジャムにでもしてみるかーと。
畑で食べながら採ってもこれだけあるんだから、
食べないでおいて採ったらもっとあることになる。
この木苺のほかに・・今はブルーベリーも摘まんでるし、
ミニトマトも穫って食べるのでいい加減お腹が一杯になる。

しかし・・こんな贅沢も今のうちだけだから思いっきり味わうのだ。
PHTO0140.jpg

バテバテ・・

この2・3日北海道にしては暑い日が続いてるので、
麦の散歩も時間を見計らって涼しい時間にと思うのだが・・
朝からピーカンのお天道様は張り切って頭上にあらせられる。

朝は最低でも二回は○んこをする麦、
それが終わらないと帰れない。
いや・・終わっても帰れない・・足が動かないのだ。
daru.jpg.jpg走るな・・と言うのに
いつもここで
ボール遊びをするものだから
その気になって走り回る。

今日はボールはナシ!!
持ってきてないよー。

というのに・・
ムキになって走ったので・・バタリ!


petari.jpg.jpg

ここのあぜ道で
二回目の○んこが出て・・

さあー、帰ろうって言うのに
こんな格好で伸びてる

やれやれ・・
仕方ない・・待ってやるか


iya.jpg.jpg
何処かの家の軒下で三度目のダウン

ホラー、
よそのうちに寝てたら
怪しまれるよー

まだ朝早いんだから・・寝てるかもよ

行くよー!!



ところが・・

気になって・・

「豚の死なない日」というタイトルが気になったので探してみた。

豚の死なない日 豚の死なない日
ロバート・ニュートン・ペック (1999/07)
白水社

この商品の詳細を見る

内容はやはり想像してたような話で・・ちょっと読むのはつらい気もする。
このストーリーに似たような話を前に別の作家の短編集で読んだ。
そこでも貧しい家族がいたわり合って暮らす素朴な生活があった。
家族同然に暮らしてた家畜が明日は食料に・・そんなことが当たり前だった暮らし。
「冬の犬」というタイトルに惹かれて読んだ本で大好きな本です。

冬の犬 冬の犬
アリステア・マクラウド (2004/01/30)
新潮社

この商品の詳細を見る

バッテリー①巻

児童文学ということでちょっと読むのに躊躇してたが・・
気になるので借りてきて読んでみた。

よくあるパターンの家族構成で何となくこれから起こるであろうことが想像できて
つまらないかなーと思うけど・・やはり読み終わったら次の②巻が気になってきた。

しがないサラリーマンの父と口うるさい母、病弱な弟とワケアリの祖父。
そして自分のことしか考えてない自分がこれからこの家族を劇的に変えて行くのだろう。
野球のこと自体はそれほど変わった設定もないけど・・
今は特に家族関係に重点を置いた作品が多い気がするし、
読者も求めてるのかも・・なんてことを思った。
バッテリー バッテリー
あさの あつこ (2003/12)
角川書店

この商品の詳細を見る


私の借りてきたのは上の角川書店のではなく、教育画劇社のハードカバーでした。
大きな文字で振り仮名もあって読みやすかった。

思い込み

文化庁の「国語に対する意識調査」
慣用句を間違って覚えて使ってる人が多いと書いてあったが・・
私は国語には自信があって、ことわざとかよく知ったかぶりして使うのだが、
なんと・・その中に間違って覚えてたのがあって大ショックでした。
怒り心頭に達する
怒り心頭に発する

私はずっと上の言い方で使ってましたが下のが正しいんだそうです。
因みに心頭とは心のあたりという意味でそれからすると発するがただしいんだそう。心頭を心の頭という意味に考えて達するにしたのではと分析してた。

あと・・あいそうを振りまく
    愛嬌を振りまく
これは両方使ってた気がするけど・・上の使い方は違うんだそうです。

知らないこととはいえ・・得意になって使ってたらとんだ事でした。

「コールドゲーム」荻原浩

中学生の頃にイジメを受けた男の子が当時の同級生に復讐し始めた。
その復讐の手口は虐められた時のシチュエーションに沿って変化を付けてるようで、初めは信じなかった他の同級生も恐怖を感じるように・・。

そしてやられるまえにやっつけようと、その男の子の住む家へ向かったが・・
最後のどんでん返しは思いもよらぬことで、そこまでやるかー??
ってほど執拗な復讐劇に怨念がこもってます。

荻原浩さん、色んなテーマで書いてますがどれも別人が書いたように思えて、頭の切り替えが早いんでしょうね。
所々ユーモアがあるのは共通してるけどね

「明日の記憶」と同じ作家とは思えないです。
次はこの作品を読んで見たいなー

噂
荻原 浩 (2006/02)
新潮社

この商品の詳細を見る

新聞の対談記事より

今朝のY新聞に載ってた作家の村山由佳さんと女優の小西真奈美さんの対談。
村山さんの『天使の卵』という本が映画化され、
そのヒロイン役で小西さんが出てるのでこの対談になったらしい。
天使の卵(エンジェルス・エッグ) 天使の卵(エンジェルス・エッグ)
村山 由佳 (1994/01)
集英社

この商品の詳細を見る


村山さんは小西さんがこの役をやると聞いて小躍りして喜んだそうで、イメージにぴったりなのだそう。
私は「天使の卵」をコミックで読んだのだがこのヒロインは精神科のお医者さんで、患者を自殺で死なせてしまってその罪に苛まれる役だ。

村山さんの小説は実は読んだことはなく・・何となく少女小説みたいで物足りないのだ。
でも彼女のエッセイは好きで、山奥で自給自足で暮らしてる様子や、犬やネコのことを書いた本は読んでいる。
晴れときどき猫背―seabreeze from kamogawa〈2〉 晴れときどき猫背―seabreeze from kamogawa〈2〉
村山 由佳 (2002/10)
集英社

この商品の詳細を見る

この対談の中で二人が読んだ本を挙げてるのだが・・
その中に私が読んだ本も何冊か入っていて嬉しくなる。

例えば・・小西さんの場合

暑い時には・・

水に浸かるのが一番ですよね。
・・というわけで麦も散歩に行くと公園の小川に入るんだけど、
ここの川は泥が底に沈殿してるので足が泥だらけになるのがイヤだ。
japon.jpg.jpg
ここでいつも草を食べる。
ここの草は役場の人が定期的に刈るので、刈り残した水辺の草を食べる
kusa.jpg.jpg
すごく幸せそうに食べるなー、
なんの匂いを嗅いでるのやら・・
uttor.jpg.jpg

花と一緒に記念撮影・・
dash.jpg.jpg
と思ったら走って行っちゃったーー

zuru.jpg.jpg
目的はこれ・・何かに体をこすり付けて喜んでる。ミミズかなー・・
あーー、足は泥だらけだし、体は草や虫がいっぱいだし・・
もう一回水に入ったほうが良いんじゃないー?麦さんや

気がつかないって・・

何時も散歩に行く公園には池があって・・
そこには蓮の花もあるのは春先に行った時に葉っぱを見て知ってたんだけど、
このあいだその花が咲いてるのに出くわして・・
しばらく行ってない間に咲いたんだーと大感激。
でも残念ながら私のへっぽこカメラではこれ位のズームでしか撮れない
(私の腕が悪いってこともあるけど・・汗)
20060724222552.jpg    20060724222631.jpg

hatena.jpg.jpgそしてアジサイに似た花が咲いてる木もあって、

色んな角度から撮ったけど・・

白い花はどうもうまく撮れない。


kinnji.jpg.jpgこれはその公園からの帰りに偶然みつけた近所のアジサイ
(だと思う)

今まで何度もここを通って気がつかないって・・
人間の意識(無意識)の不思議さよ。

ネコって・・

新聞を丸めて置くと必ずその中に入る。
その誘惑には逆らえないようだ。
20060724171757.jpg
そして必ずと言っていいほど・・次の順番を待ってるのだ。

カッチが出たら入ろうとももちゃんは待ってる。

ところがカッチが出たときに新聞は平らになってしまった。

そうするとももちゃんは・・

私は何でここに居るんだろうって顔をして
スゴスゴとその場を去っていく。  

これって・・

散歩の時にみつけた変なもの・・

20060724170204.jpg木の間に電柱がすっぽり入っていて、
送電線がかろうじて頭を出している。

どっちが先なんだろう・・木が先にあって、
それから電柱を立てたのか?

コンクリートの電柱だから
木を植えた時よりあとのもんだと思うが

思ったより木が大きくなってしまったのか

因みにこの木は桑の木だそうで・・
先日この日記で紹介した赤い実が成ってたのはこの木です。


丸が三つ

何時もはカッチは別の場所で寝てるが・・
今日は珍しく3匹が揃って同じ場所で同じ格好で眠ってる。
20060723220325.jpg
カッチの○はちょっと崩れてるが・・なんとなくユーモラスで笑える。

暑くはないんだけど・・

そんなに気温は高くないのに蒸し暑くてジメジメした日が続いてる。
麦の散歩に行くにも長袖じゃ暑いし・・かといって半袖では肌寒い気がする。
今日の気温は20度だったが、長袖で散歩に行ったら汗ばんでしまった。
あまり汗をかかない体質なのだが散歩をするようになって、
かなり体温が上昇するのがわかる。
人間でさえそうなんだから毛皮を着た犬はかなり体温が上がるだろうな。
特にまだ若い頃は体温調節がうまく出来ないらしくすぐにバテルようだ。
20060723213618.jpg
麦はとにかく元気が有り余っていて・・

走りたがるので
すぐに息がゼーゼーしてくる。

エネルギーの発散方法が
まだわからないみたいで

ゆっくり・・ゆっくり・・と言っても駄目



runrun.jpg.jpg
この顔はボールで遊ぼうと
おねだりしてる顔だ。

ねえねえー、ボールは??

早く出してよー

遊ぼうよー!!



・・としつこくおねだりされても、ここはグッと我慢して
ダメー!!

今日は暑いから今度ね・・涼しくなったら遊ぼうね、
と言い聞かして帰るのだった。
20060723214945.jpg
悔し紛れに公園の花に齧り付く麦・・

結構使える

散歩の時にはめる手袋やソックスは洗濯機で洗っても汚れが落ちない。
それで手洗いになるのだが・・そのときに使うのがこの石鹸だ。
PHTO0096.jpg
近くの郵便局に置いてあって一個100円で買える。
安くてよく落ちるので愛用してる。
食用油の廃棄品をリサイクルしたもので身体障害者の支援施設で作ってるものだ。
環境にもやさしい石鹸と言うことで、川の汚染が防げるのは良い。

因みに我が家では無洗米を食べてるが・・米のとぎ汁は以前は外に投げていた。
台所の排水口から流すと川が汚れると聞いたからだが、無洗米を使うようになってからはその心配をしなくて良くなった。

お調子もの!

普段家の中ではリードで繋がれてる麦。
リードを放すとそれは大喜びで・・なにをして遊ぼうかとウロウロ
そこにネコが居ようものなら相手になってほしくて大アピール!
見てるほうはハラハラするけど・・
麦も最近はネコを見るようになって、カッチには近づかない
もっぱら相手にしたいのはももちゃんということになる。
PHTO0088.jpg
ももちゃんも逃げてはいるけど・・嫌ではないようで・・ん??嫌なのか??

PHTO0089.jpg
もしかして麦はからかわれてるのかも・・って思うときもあって、
ももちゃんは適当な距離を置いて相手をしてるようだ。

麦があまりしつこいと飼い主に叱られ・・ハウス!!となるのを知ってるのかな?

食べごろ

トマトがやっと赤くなってきて今日早速2個とって食べた。
柔らかくてジューシーで美味しい!!
やっぱりうちで獲れたトマトは世界一美味しい!!
PHTO0100.jpg

それと共に他の木苺やブルーベリーといった果実も食べごろに。
buruberi.jpg.jpg     berry.jpg.jpg

この季節が一番嬉しい時期かも・・畑に行っては摘まんで食べるのが楽しみになる。

子猫のお披露目

ついに来ましたー!!
野良ネコの母さんが子供を引き連れて・・ゾロゾロと4匹も!!
PHTO0081.jpg    nya.jpg.jpg

ガラス窓越しに撮ったので鮮明ではないけど・・黒・黒白・茶縞・グレー縞の色違い。
全部違う色でしかも茶とグレーのはアメショーが入ってるようなマーブル模様です。
さて・・この猫達は無事に育つのでしょうか?
見た目はやはり痩せてるようで栄養が行き届いてないのがわかります。
でも・・4匹でじゃれあって走りまわって元気一杯です。

あー、見てると時間の経つのも忘れて・・仕事にならないー!!

キヨシロー、ベイベー♪

忌野清志郎さんの病状が気にかかりますが・・
こんな記事を見つけました。

「同じのどのがんでも咽頭がんは深刻ですが、喉頭がんは治りやすい。多くが声帯にでき、小さくても声のかすれがひどくなるため、早期発見しやすいのです。また、喉頭は軟骨の枠組みの中にあり、転移しづらい。声帯は内視鏡でよく見えるので、治療も難しくありません。手術はレーザーによる切除か、放射線治療でじっくり治すか。レーザーなら数時間で終わりますが、『長期治療』とのコメントから、放射線治療を選んだと考えられます」(癌研有明病院頭頚科・K・K部長)

キヨシローのシャウトする歌い方が原因か?

「かなり声帯に力が加わりますから、慢性炎症を起こしていてもおかしくない。歌い方のせいでがんになったとは言えないが、あの歌い方でのどに炎症を抱えたまま、酒好き、たばこ好きが重なると発症リスクは高まります。放射線治療なら元の声まで回復しますが、あの歌い方を続けられるかどうかは微妙です」(前出のK部長)

酒もタバコもやめて好きな自転車に乗って体には気を使ってたキヨシローさん、
なにか予感みたいなものがあったのでしょうか?
どうか病状が深刻でないことを祈ります。


 

となり町戦争 

第17回小説スバル新人賞受賞作だそうです。
そしてこれも映画化されて2007年に公開の予定です。
出演者は江口洋介、原田知世、他

となり町戦争 となり町戦争
三崎 亜記 (2004/12)
集英社

この商品の詳細を見る


今までにない変わった趣向の小説で一気に読めた。
何処の町にもある広報誌に載った「となり町との戦争の公布」で戦争が始まったのを知り、
突然その戦争の偵察業務を任命されたサラリーマンが体験する終戦までの出来事。

いつもと変わりない毎日なのに広報誌に載った戦死者の数が増えていく。
何処からか銃声が聞こえるわけでもなく戦ってる場面にも出遭わないのに
戦争が起こってるのは事実のようで・・
その辺の見えない戦争の描きかたが上手くて、イメージとして違和感が湧いてこない。
なんとなく現代人の見えない敵との戦いを暗示してるようで・・
作者にはそんな意図はないのだろうが、不思議な作品です。

吉田修一・「パレード」 幻冬舎文庫

我が家の個室(トイレ)でコツコツと読んでた本がやっと終わった。
何時からだろう・・5月頃かな?読み始めたのは。

登場人物が多いので読みながら・・あれ?これは誰だっけとページを戻ったりするので、
なかなか進まなかった。
事件らしい事件は起きないのだが、読み終わったら事件は既に起きていたようで・・
なるほどー、こういうオチかーと納得。

でもこの本(幻冬舎文庫)の解説をしてる川上弘美さんはこの本を4回も読み直したそうだ。
作家になる人ってその辺が違うのかなー?
私は同じ作品を何度も読んだことは滅多にない。
そんな暇があったら次の作品にかかりたい方だから。

吉田修一さんの作品はこれまでもたくさん読んだが、言葉とか言い回しがグッとくる箇所があって、この本で言うと・・
良介という男の父親のセリフがいちいちグッときて、このお父さんが好きになった。
「女親と違って男親が息子にしてやれることって、そのケツ蹴って外へおっぽりだすことくらいなんだよ」
・・というセリフだ。

そういえば「最後の息子」が映画化されると聞いたけど、具体的に進んでるんだろうか。
オカマの閻魔ちゃん役を誰がするのかが気になるんですが・・。

雨ばかりで

散歩に行くにもいつ雨が降ってくるかわからないので気が気じゃない。
昨日までずっとどしゃぶりの雷雨で傘を差しての散歩になったが、
やはり傘を持ちながらの散歩は○んちを拾うときに困る。

雨の日は何時もより早めに切り上げて帰ってくるが、
この頃は暑いのもあってあまり運動らしきことをしてない。

そう思って今日は半日麦を放牧して一緒に遊んだりしてた。
この頃は勝手に一人で遊ぶようになったけど、
私が座ると相手をして欲しいのかオモチャを持ってきて遊ぼうと言うように誘う。

引っ張りっこにも飽きてきたので新しい遊びを開拓しようと
麦にジャンケンショ!!といってみた。
麦はパーしか出せないからチョキを出せば私の勝ち!!
そんなアホみたいなことをして遊んでいた。
PHTO0092.jpg

そのあと二人で横になってお昼寝をした。
PHTO0093.jpg
とっても長閑な時間でした。

朝の登校時間

今朝の散歩中、学校に行く小学生らしき二人連れが歩いていたが・・
母親だろうか・・大きな声で子供達に向かって
あんたたち!!まだそんなとこにいるの?
  早く行かないと学校に遅れるよー!!


と言ってるのだが・・子供達はのん気に草かなんか摘んだり
  ねえー、これはなあにー??とか訊いてる。

母親らしき人:豆、豆だよ!いいから早く行きなさい!!
子どもたち :・・・・・

母親らしき人:遅刻するよ~!!

子どもたち :あー!ワンコだー!!

・・とまるで急ぐ気配の無い子どもたち。
なにか手に持ってるのを見ながら・・
  でーんでんむしむしかたつむり~
  おーまえのあーたまは・・アハハ!!

・・と歌いだしてしまった・・楽しそうだ

どうやらカタツムリを捕まえたらしい。
歩くスピードもカタツムリ並で・・
この二人はその後学校に間に合ったのかなー?

NHKハイビジョン

8月24日(木)23:00~26:00 
NHK-BShi
    「来日40周年記念 ビートルズ・スペシャルナイト Lサイズ」

これってこの間BSでやったやつと同じかな??
「Lサイズ」ってのが気になるんですが・・
斉藤和義ゲスト出演となってます。

今日のラジオで

J-waveでの「海の日」の特別番組で斉藤さんがパーソナリティーとして、
トークや生ライブをやってましたが・・
その様子がここで見られました。

静止画像ですが・・黒Tの斉藤さんは無精ひげが似合いますね。

あった・・あった!

「五線譜のラブレター」のサントラ盤、ありました。
違うところからアマゾンに行ってみたらありましたよ。
お値段も手ごろだし・・買おうかな