映画鑑賞@テレビ

最近、2週続けて昔の洋画を見る機会があり、それが思ってたより良くて記憶って当てにならないなーと思った次第です。

一つ目は「ゴースト~ニューヨークの幻」です、

51Ds-uqqPWL__AC_UL160_.jpg


デミ・ムーアがこの映画で一躍有名になったのですが、

今回改めて見てやはり彼女の魅力がふんだんにあらわされていて、これ以上の映画を作るのは無理かなーって思わされるほど。


このあと、彼女はいろいろあってスキャンダルの女王みたいな?ゴシップ記事で有名になった記憶があります。

共演者がまた素晴らしくて・・ウーピーなんとかって発音の難しい女優さん、この人の場面だけでも何度も観たいくらい。


そしてもう一つは・・「マグノリアの花たち」です。

51YJS099E7L.jpg

出演者が凄い!!豪華なんてもんじゃなくて・・よくもまぁこんな癖のある俳優たちを揃えたなぁ・・と。


ジュリア・ロバーツ, サリー・フィールド, ドリー・パートン, シャーリー・マクレーン, ダリル・ハンナ・・

昔、観た記憶があるのにまるで違う映画を観てるような?

やはり年齢を重ねると同じ映画でも印象が変わってくるのかと・・不思議な感覚でした。

そして久しぶりに映画を観て大泣きしました、これが気持ちいいんです!!







スポンサーサイト

冬のスポーツ

自分ではスポーツと名の付くものは何もしないのだが、テレビで中継を見るのは好き。

特に冬場はジャンプとかスケート、、カーリングにアイスホッケーといつも何かしらの中継をしてる。

ただ見てるだけじゃつまらないと思うけど、その中に好きな選手とか強い選手がいるとずっと見てしまう。

ジャンプなら高梨さん、スケートならフィギュアの女子が好き、男子のはあまり見ないかも?

スピードスケートも強くなったね、今は北海道出身の高木姉妹とか断然応援したくなる。

スキーでは回転とか滑降競技がスピード満点で・・すぐに終わっちゃうけどね。(*^^*)

アイスホッケーも女子の世界大会の予選かな?やってたのを見たら意外にも強くてびっくり!!

やっぱり負けるのより勝った試合の方が見ていて楽しいし、気持ちも上がる気がする。

カーリングはこないだの試合で地元のチームが負けて・・これは本当に悔しかった・・(-_-;)

戦術的に負けたのか技術が備わってないのか・・どっちにしてもカーリングは気持ちが萎える競技です(わたしには)

思ったコースに投げるのは難しいとはわかっていてもね、失敗するとまだまだだなーと思ったり、

選手の方にもかなりのプレッシャーはあるんだろうなとは思うけどさ・・、未熟ものです。


IMG_5720.jpg 熱心に見てる?ももちゃんはルールがわかるのかな。



見ないんだけど・・

年末恒例の「紅白歌合戦」の出場メンバーが発表されたそうで・・

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6221932


最近はもっぱら演歌、歌謡曲ばかり聴いていて、

その中でもお気に入りの方が初出場ということで・・おめでたいことです。


今は若い方の楽曲しかラジオテレビでは流れないので、もっぱらBS放送の歌番組を見てます。

NHKもそれは御多聞に漏れずで・・若いアイドルがメインでちっとも見る気がしない。

もち!紅白なんかもう何年も観てないわ!!


NHK大好きな私としてはまさに断腸の思いで最近の堕落ぶりを嘆いてる・・ほんとよ!

若い俳優さんやタレントを司会に使ったり番組のホストにするのはなんでなんだろ?

局アナはたくさんいるだろうが・・と、いつも思うのですが、

その局アナも最近はニュースもスムーズに読めないような・・今は滑舌の練習とかしないのかな?

ってな感じで次々と粗さがしが始まるのでもうやめます。


絵本?


何気に回したチャンネルが映し出した映像に心奪われて、最後まで見てしまった・・

あとで調べたら再放送なんだとか?

タイトルは・・


「足元の小宇宙~絵本作家と見つける生命のドラマ」



予告動画もありましたが・・まだ見れるのかな?



以下は番組の紹介文です。

2013年に放送し、大きな反響を呼んだ、足元の生命(いのち)を見つめる特集の第2弾。
85歳の絵本作家のまなざしを通して、私たちの周りのなにげない植物が見せる驚きの営みに迫る。
85歳の甲斐信枝(かい のぶえ)さんは現役の絵本作家。雑草の美しさにひかれ草花を描き続けて60年以上。
代表作「雑草のくらし―あき地の五年間」は30年を超えるロングセラーだ。

独自の視点で、植物の生き生きした表情や躍動感あふれる瞬間を次々と発見する。甲斐さんが“綿毛の舞い舞い”と呼ぶ、ノゲシが一瞬の風に乗せてタネを飛び散らす様子。葉が吐き出す水玉が、朝日を受けて赤・黄・青と様々に変化する“虹色に輝くキャベツ畑”。空き地で繰り広げられる“雑草たちの戦い”では、のっとり、巻きつき、一発逆転と、戦国武将さながらにそれぞれの戦略で王者の座を狙う。 甲斐さんは、草をかき分け、地面に寝転がって、同じ目線になって植物と会話する・・後略。


http://www.nhk.or.jp/nature/feature/ashimoto161123/


私は畑を作ってる立場上、雑草は抜いても抜いても生えてくる憎い存在なんだが、

こんな風に雑草を表現してる人が居るんだなーと、あらためて自然の何たるかについて考えさせられた。


キャベツに朝日が当たってキラキラ光る映像は本当に綺麗だった、作りものじゃない本物の自然って気がした。


そうやって見ていると野菜作りをしてる時にも思わぬ発見があったりするなー。

ただそれを表現する手段がないから・・せいぜい写真に撮って日記にアップするくらいだから、


この方のように自然と一体になって話しかけながら何かを感じ取るなんてとても無理・・。


いやいや・・いいもん見せてもらいましたわ。



東京ってタイトルの・・

曲を集めた歌謡ショー、歌うのはあの桑田佳祐さん、

先月のWOWOWで放送してたのを何気に見てたけど、

これがなかなかのケッサク揃い、桑田さんの声がこんなに合うなんて・・

と、思った次第です。

http://ro69.jp/news/detail/147177


演歌からフォークソングまで、フルオーケストラをバックに歌い上げる桑田さん、

何でも自分の歌にしてしまうんですねー、すごい!!

やっぱり昔はやった流行歌は良い曲が多いですね、歌詞もちゃんと意味があって覚えられる、

桑田さん自身の新曲も披露されてましたが・・こっちは・・ちょっとね、(^^;


でも・・遊び心が枯れないのが凄いです。

地上波でも放送があるようですので、ぜひ一見の価値ありですよーーー!!